解決事例

【刑事弁護】暴行・傷害事件

●傷害罪で現行犯逮捕され,勾留直後に私選弁護人に選任された事案

勾留決定当日,被害者の方が処罰を望んでいなかったので,
被害者の方から事情を聴取し,上申書を作成し
同日夜本人と接見し,釈放されても罪証隠滅や逃亡を行わない旨の誓約書を取得し
勾留決定に対する準抗告申立を同日深夜に行いました。
翌日朝,裁判官に面会を申し入れ,同日昼に面会し改めて,準抗告認容を求めたところ
夕方まで判断を引き延ばされ,裁判官の判断前に,検察官により釈放されました。


※ 裁判官の判断前に検察官が釈放するのは,
 裁判官に準抗告が認められることを防ぐためであると考えられますので
 事実上,準抗告が認められたものであるといえます。



●傷害罪で通常逮捕され,勾留後に国選弁護人に選任された事案

本人が罪を認めていたため,被害者との示談を最優先に考え
被害者の方と交渉をし,示談を成立させると共に嘆願書を取得しました。
その上で,裁判官に対し勾留取消請求申立を行ったところ,
それに対して裁判官が判断する前に,検察官により釈放されました。


※ 裁判官の判断前に検察官が釈放するのは,
 裁判官に勾留取消請求を認められることを防ぐためであると考えられますので
 事実上,勾留取消請求申立が認められたものであるといえます。


● 傷害罪で現行犯逮捕され,勾留後に国選弁護人に選任された事案

本人は罪を認めていたものの,被害者と示談する意向がなかったため
勾留の要件が認められないとして,徹底抗戦することにしました。
そこで,釈放されても罪証隠滅や逃亡を行わない旨の誓約書を本人から
本人が罪証隠滅や逃亡を行わないように監督する旨の誓約書を妻から取得した後,
勾留決定に対して準抗告を行いましたが棄却されました。
また,改めて勾留取消請求申立を行いましたが却下されました。
さらに,同却下決定に対して準抗告行いましたが棄却されました。
それでもあきらめずに,再度の勾留取消請求(2回目)を行ったところ,
裁判官の判断前に検察官により釈放(満期前)されました。


※本件も,裁判官の判断前に検察官が釈放していますので,
 事実上,勾留取消請求申立が認められたものであるといえます。

この記事のURL

【刑事弁護】強制わいせつ・迷惑防止条例(痴漢)違反事件

● 電車内で痴漢と間違えられ,迷惑防止条例違反の罪で現行犯逮捕され,勾留前に私選で選任された事案。

選任後すぐに,検察庁で接見し,徹底的に争う方針を確認しました。
同日の夜,警察署で,接見し,誓約書(逃走しない,被害者と同じ電車に乗らない)を
本人から取得し,翌日朝,裁判官に勾留しないことを求める意見書を提出した上で,
裁判官と面接し,改めて,釈放を求めたところ
勾留請求は却下され,釈放されました。

後日,在宅で捜査は継続しましたが,最終的には処分保留で終了しました(事実上の無罪)。


● 強制わいせつ事件で,現行犯逮捕され,勾留後に国選弁護人に選任された事案

接見したところ,逮捕時に暴行を受けていたことが判明したため,検察官に対して,その暴行についての捜査及び傷害の治療について申入れをし,かつ,釈放されても罪証隠滅や逃亡を行わない旨の誓約書を本人から取得し,身元引受書を両親から取得して提出し,治療のための早期釈放を申し入れたところ,満期前に処分保留で釈放されました。

この記事のURL

【刑事弁護】窃盗事件

● 万引きで現行犯逮捕され,勾留後に国選弁護人に選任された事案

本人が罪を認めていたため,被害弁償を最優先に考え
被害店舗と交渉し,被害弁償を行いました。
その上で,釈放されても罪証隠滅や逃亡を行わない旨の誓約書を本人から
継続雇用の約束と本人が罪証隠滅や逃亡を行わないように監督する旨の電話聴取書を職場の上司から取得し,勾留取消請求の申立てを行いましたが,裁判所に却下されました。

そこで,あきらめずに,同却下決定に対して準抗告をしたところ,
準抗告が認容され,釈放されました。

この記事のURL

【刑事弁護】道路交通法違反(酒気帯び運転)事件

● 軽微な物損事件を起こしたために,酒気帯び運転が発覚し現行犯逮捕され,勾留後に当番弁護士として接見し,被疑者援助制度を利用して受任した事案

接見したところ,罪を認めており,定職もあり,逃亡することは考えられないので
勾留決定に対して準抗告を行ったところ,準抗告が認容され,即日釈放されました。


※ 釈放されなければ,10日ないし20日間勾留が継続し,さらに起訴後,保釈がなされなければ,1ヶ月以上勾留が継続していたと考えられます。そうなると,職を失う可能性もあったといえ,早期釈放が認められてよかったです。

なお,道路交通法違反(酒気帯び運転)の場合,罪証隠滅のおそれを勾留理由にしている事案については,全件準抗告を行うようにしています。酒気帯び運転について,罪証隠滅をすることは事実上不可能だからです。

この記事のURL

【刑事弁護】公務執行妨害事件

● 酔っ払って喧嘩をしたところ,仲裁に入った警察官に暴行を働き,公務執行妨害で現行犯逮捕され,勾留後に当番弁護士として接見し,被疑者援助制度を利用して受任した事案

 接見したところ,罪を認めており,定職もあり,逃亡することは考えられないので
勾留決定に対して準抗告を行いましたが,棄却されてしまいました。
その後,10日間の勾留延長がなされたので,同決定に対して準抗告したところ
一部認容されて,勾留が5日短くなり,その後,同日釈放されました(略式罰金)。


なお,警察官に対する公務執行妨害事件の場合,罪証隠滅のおそれを勾留理由にしている事案については,全件準抗告を行うようにしています。警察官に対して,罪証隠滅をすることは事実上不可能だからです。

この記事のURL

【刑事弁護】器物損壊事件

● 交通トラブルで車に傷をつけたとして,事件からしばらくして通常逮捕され,勾留前に当番弁護士として接見し,被疑者援助制度を利用して受任した事案

本人は罪を認めていたので,被害弁償について両親に確認をとると既に
被害弁償がされていたことが判明しました。
そこで,検察官に対して勾留請求をしないことを求める意見書を提出しましたが
検察官は勾留請求を行い,裁判官は勾留決定をしました。

そのため,勾留決定に対して準抗告を行ったところ,準抗告が認容され,即日釈放されました。


● 酔っ払って,車に石を投げ,傷をつけたとして,現行犯逮捕され,勾留後に当番弁護士として接見し,被疑者援助制度を利用して受任した事案

接見したところ,罪を認めており,定職もあり,逃亡することは考えられないので
勾留決定に対して準抗告を行ったところ,準抗告が認容され,即日釈放されました。


● 酔っ払って飲食店の備品を壊したとして,現行犯逮捕され,勾留後に当番弁護士として接見し,被疑者援助制度を利用して受任した事案

接見したところ,罪を認めており,定職もあり,逃亡することは考えられないので
勾留決定に対し準抗告を行いましたが棄却されました。
そこで,勾留を徹底的に争いながらも,同時並行で示談交渉を行うことにしました。
まず,準抗告の棄却決定に対して,最高裁に特別抗告をしましたが,後に棄却されました。
また,勾留取消請求も行いましたが,却下され,同決定に対しても準抗告をしましたが棄却されました。
その間,被害店舗と交渉を進め,示談書を取得したことにより,釈放されました(満期前)。

この記事のURL

【刑事弁護】その他の事件

● 現住建造物等放火未遂(裁判員対象事件)事件で,現行犯逮捕され,勾留後に国選弁護人に選任された事案。

本人が罪を認めていたため,被害者との示談を最優先に考え
被害者の方と交渉をし,示談を成立させました。
そのため,勾留満期に処分保留で釈放されました(裁判員裁判を回避)。

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
解決事例

●傷害罪で現行犯逮捕され,勾留直後に私選弁護人に選任された事案勾留決定当日,被害者の方が処罰を望んでいなかったので,被害者の方から事情を聴取し,上申書を作...

弁護士費用について

下記に記載のないものにつきましては,ときわ綜合法律事務所報酬基準によります。また,民事事件・家事事件については,法テラスの利用刑事事件については,刑事被...

 
このプロの紹介記事
千葉の弁護士  吉田要介さん

一人ひとりの「困った」に答える、もっとも身近な法律家を目指して(1/3)

 松戸駅から徒歩1分。交通至便な場所にある、ときわ綜合法律事務所で精力的に弁護活動を行っている吉田要介さん。 「常に、地域の人々と共にある町弁(まちべん)でありたいですね」。そうおっしゃる吉田さんの元には、離婚や相続の家事事件から交通事...

吉田要介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

複数の専門的見地から、ベストの解決へと導きます

事務所名 : ときわ綜合法律事務所
住所 : 千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL : 047-367-5544

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-367-5544

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田要介(よしだようすけ)

ときわ綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
弁護士ドットコムから取材を受け,取材記事がヤフーニュースに掲載されました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,弁護士ドットコムから『「同人しくじり先生」売り子に交通...

[ メディア ]

編集委員として携わった「子どものいじめ問題ハンドブック」が出版されました。
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。私は,現在,日弁連の子どもの権利委員会の幹事を務めていて同委...

[ メディア ]

千葉テレビ放送『ビジネスフラッシュ~企業が輝くとき~』に出演しました
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。千葉テレビの人気経済ドキュメンタリー番組『ビジネスフラッシュ~...

[ 法律事務所 ]

解決事例を追加しました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。今まで私が扱った事件について,一部ですが解決事例としてご紹介する...

[ 解決事例 ]

同日に申し立てた2件の準抗告が共に認容され,勾留が取り消され,被疑者が釈放されました!

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,当番弁護を担当した際に2件の被疑者の弁護(器物損壊被疑事件...

[ 刑事弁護 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ