コラム

 公開日: 2016-05-09 

どのような場合に離婚できるのか 離婚に必要な理由について

離婚を決めるには、その夫婦ごとにさまざまな理由が挙げられることでしょう。
しかし裁判などで離婚が認められるためには、民法に定められた離婚理由に該当していることが必要となります。
ここでは、その各要件を個別の事例とともに紹介していきます。

裁判などの第三者が介入する離婚では、明確な理由が必要

夫婦間の話し合いのみによって離婚に至ることを協議離婚と呼び、日本における離婚件数の大多数を占めています。この場合、両者が合意の元で離婚届を提出する訳ですから、理由の如何を問わず離婚は成立することとなります。

しかし、夫婦のどちらか一方が離婚を望んでいるのに、もう片方がそれに応じないというケースもあります。

協議による離婚がまとまらなければ、調停(家庭裁判所での話し合いの仲裁)・審判(家庭裁判所での離婚の審議)、そこでも離婚合意に至らなければ裁判に訴えることになります。調停・審判・裁判という第三者介入の段階においては、離婚という結論に至った理由が、民法の定めによる離婚理由に該当するか否かが問題となります。そこに該当しない場合、離婚という結論に至るのは難しいと考えられます。

正常な夫婦関係の妨げとなる「不貞行為」と「悪意の遺棄」

では民法が定める離婚理由とは、どのようなものがあるのでしょうか。具体的には、以下に挙げる要件が該当します。

まず挙げられるのが、配偶者以外の異性と性的関係を結ぶという、「不貞行為」です。一般的に浮気や不倫と呼ばれる行為であり、その期間が長いほど離婚の理由として強固なものになります。

次に挙げられるのが、「悪意の遺棄」と呼ばれる行為です。これは、夫婦生活を営む上での同居義務・協力義務・扶助義務に違反することであり、意図的に働かない、収入があるにも関わらず生活費を出さない、明確な理由なく同居を拒否するなどの行為が該当します。

ただし、夫婦双方が合意した上での別居(単身赴任など、やむを得ない場合を含む)であったり、既に夫婦関係が破綻した後の別居の場合は、悪意の遺棄は認められません。

配偶者の状況によって離婚が認められることもある

3年以上に渡って配偶者の生死が不明な場合も、民法の定める離婚理由に該当します。ここでは「生死を確認できないこと」が重要であり、たとえ所在が不明であっても生きていることがわかっている(何らかの形で連絡があるなど)場合は、この事由には該当しません。

配偶者が回復の見込みのない重度の精神疾患にある場合も、離婚理由として認められることがあります。この場合は、献身的な介護を施した上で、なお夫婦生活への協力義務が果たせるまでに回復する見込みのないことが重要です。

また、精神疾患にある配偶者が、離婚後に継続して看護・療養が受けられるであろうという保証も、離婚が認められる前提条件となります。

このほか、配偶者による暴力・虐待行為、親族との不和、多額の借金、長期のセックスレスなどは、「婚姻を継続し難い重大な事由」として、個別の事情を鑑みて離婚理由に認められることがあります。

この記事を書いたプロ

ときわ綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 吉田要介

千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL:047-367-5544

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決事例

●傷害罪で現行犯逮捕され,勾留直後に私選弁護人に選任された事案勾留決定当日,被害者の方が処罰を望んでいなかったので,被害者の方から事情を聴取し,上申書を作...

弁護士費用について

下記に記載のないものにつきましては,ときわ綜合法律事務所報酬基準によります。また,民事事件・家事事件については,法テラスの利用刑事事件については,刑事被...

 
このプロの紹介記事
千葉の弁護士  吉田要介さん

一人ひとりの「困った」に答える、もっとも身近な法律家を目指して(1/3)

 松戸駅から徒歩1分。交通至便な場所にある、ときわ綜合法律事務所で精力的に弁護活動を行っている吉田要介さん。 「常に、地域の人々と共にある町弁(まちべん)でありたいですね」。そうおっしゃる吉田さんの元には、離婚や相続の家事事件から交通事...

吉田要介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

複数の専門的見地から、ベストの解決へと導きます

事務所名 : ときわ綜合法律事務所
住所 : 千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL : 047-367-5544

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-367-5544

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田要介(よしだようすけ)

ときわ綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
弁護士ドットコムから取材を受け,取材記事がヤフーニュースに掲載されました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,弁護士ドットコムから『「同人しくじり先生」売り子に交通...

[ メディア ]

編集委員として携わった「子どものいじめ問題ハンドブック」が出版されました。
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。私は,現在,日弁連の子どもの権利委員会の幹事を務めていて同委...

[ メディア ]

千葉テレビ放送『ビジネスフラッシュ~企業が輝くとき~』に出演しました
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。千葉テレビの人気経済ドキュメンタリー番組『ビジネスフラッシュ~...

[ 法律事務所 ]

解決事例を追加しました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。今まで私が扱った事件について,一部ですが解決事例としてご紹介する...

[ 解決事例 ]

同日に申し立てた2件の準抗告が共に認容され,勾留が取り消され,被疑者が釈放されました!

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,当番弁護を担当した際に2件の被疑者の弁護(器物損壊被疑事件...

[ 刑事弁護 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ