コラム

 公開日: 2016-05-03 

離婚調停において相手が離婚に合意しない場合はどうすべきか

夫婦間での話し合いで離婚がまとまらない場合、家庭裁判所の離婚調停(夫婦関係調整調停)制度を利用することができます。
しかし、調停の成立には,あくまで両当事者の合意が必要ですので,成立しない(不調)ことも考えられます。
ここでは、最終的な解決手段である裁判に訴える前に、調停で対処しておく意義について紹介します。

冷静な判断で結論を出す、離婚調停という話し合いの場

夫婦のいずれかが離婚を思い立ったとき、まずは当事者同士の話し合によって結論にまで至ることを目指すと思います。日本においては、このような夫婦間の協議によって決まる離婚(協議離婚)が大多数を占めています。

夫婦間の話し合いで離婚がまとまらない場合は、家庭裁判所への申立てによって離婚調停(夫婦関係調整調停)という制度を利用することができます。これは、調停委員の仲立ちによって双方の言い分を聞き、子どもの親権や養育費、慰謝料の支払い、財産分与などの条件面を含めて話し合いをまとめる制度です。

調停を利用した離婚は調停離婚とも呼ばれ、調停内容を記載した調書とともに離婚届を提出することで成立します。離婚調停では、第三者の立ち会い・アドバイスの元で話し合うこととなり、双方が冷静な判断を下すことが期待できます。

両当事者の合意が必要な離婚調停、これを拒まれた場合の対処方法

しかし、この調停の制度を利用しても、相手方が何らかの理由によって離婚を拒否するというケースが考えられます。離婚調停は、両当事者の合意が必要で、合意しなければいけないという義務はありません。これは、離婚調停があくまでも話し合いの場であるという認識によるものです。

ここで考えなければいけないのは、離婚調停を拒否する理由です。相手方は、離婚すること自体を望んでいないのか、それとも条件面で納得していないのかを見極める必要があります。

離婚自体を望んでいない場合には、離婚を思い立った状況証拠を積み重ね、時間をかけて調停での話し合いを繰り返し行う(調停は1〜2ヶ月の間隔で、数回行われるのが平均的)ことが、離婚を決意させる方法となります。離婚に際する条件面が折り合わないのであれば、幾分かは譲歩することが必要な場合もあります。

日本の法制度ではハードルが高い、離婚裁判の現実

調停での離婚に合意しない場合や、相手方が調停に出席しないなどの場合、裁判に訴えることができます。話し合いである調停とは違い、裁判の判決は強い法的拘束力を持ちます。しかし、その判決までには平均的に1年程度の時間を要することを承知しておかなければなりません。

また、裁判によって離婚が認められるには、配偶者の不貞行為・悪意の遺棄(夫婦の協力義務に反する行為)・生死の不明(3年以上)・その他婚姻を継続しがたい重大な事由という、いずれかの理由が必要です。この理由に当てはまらなければ、裁判で離婚が認められることはありません。

このように、離婚裁判はハードルの高いものです。また離婚裁判は、調停を経てからでないと訴え出ることができません。まずは調停において双方が納得できる条件を出し合い、でき得る限り調停の場で結論を出すことが望ましいと言えます。もっとも、裁判で離婚が認められる理由がある場合であるにもかかわらず、調停において、相手が離婚に応じなかったり、不当な離婚条件を出してきて、その意向が変わらないと見込める場合は、早い段階で調停を不成立(不調)にして、裁判に訴える方が、早く解決できる場合もありますので、その見極めも大切です。

この記事を書いたプロ

ときわ綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 吉田要介

千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL:047-367-5544

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決事例

●傷害罪で現行犯逮捕され,勾留直後に私選弁護人に選任された事案勾留決定当日,被害者の方が処罰を望んでいなかったので,被害者の方から事情を聴取し,上申書を作...

弁護士費用について

下記に記載のないものにつきましては,ときわ綜合法律事務所報酬基準によります。また,民事事件・家事事件については,法テラスの利用刑事事件については,刑事被...

 
このプロの紹介記事
千葉の弁護士  吉田要介さん

一人ひとりの「困った」に答える、もっとも身近な法律家を目指して(1/3)

 松戸駅から徒歩1分。交通至便な場所にある、ときわ綜合法律事務所で精力的に弁護活動を行っている吉田要介さん。 「常に、地域の人々と共にある町弁(まちべん)でありたいですね」。そうおっしゃる吉田さんの元には、離婚や相続の家事事件から交通事...

吉田要介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

複数の専門的見地から、ベストの解決へと導きます

事務所名 : ときわ綜合法律事務所
住所 : 千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL : 047-367-5544

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-367-5544

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田要介(よしだようすけ)

ときわ綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
弁護士ドットコムから取材を受け,取材記事がヤフーニュースに掲載されました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,弁護士ドットコムから『「同人しくじり先生」売り子に交通...

[ メディア ]

編集委員として携わった「子どものいじめ問題ハンドブック」が出版されました。
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。私は,現在,日弁連の子どもの権利委員会の幹事を務めていて同委...

[ メディア ]

千葉テレビ放送『ビジネスフラッシュ~企業が輝くとき~』に出演しました
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。千葉テレビの人気経済ドキュメンタリー番組『ビジネスフラッシュ~...

[ 法律事務所 ]

解決事例を追加しました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。今まで私が扱った事件について,一部ですが解決事例としてご紹介する...

[ 解決事例 ]

同日に申し立てた2件の準抗告が共に認容され,勾留が取り消され,被疑者が釈放されました!

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,当番弁護を担当した際に2件の被疑者の弁護(器物損壊被疑事件...

[ 刑事弁護 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ