コラム

 公開日: 2016-04-26 

円満に解決する場合もある、家庭裁判所による離婚調停とは

夫婦のどちらか、もしくは双方が離婚を考えても、当事者間では話がまとまらないことがあります。
家庭裁判所での調停(=夫婦関係調整調停)を利用すれば、第三者の参画のもとで冷静な話し合いができる上、関係改善による円満解決に至る可能性もあるのです。

家庭裁判所への申立てによって利用できる、離婚調停という制度

夫婦関係に深刻なトラブルが生じたり、お互いの信用を失うような事態に陥ったときには、双方の頭の中には離婚の二文字が浮かぶことでしょう。

夫婦間の話し合いで関係修復に至ることもあれば、離婚という結論に至ることもあります。このように、当事者同士のみの話し合いで離婚に至ることを協議離婚と呼び、日本の離婚の9割を占めるとされています。

しかし、当事者のみで話し合っていると、感情的になってしまったり、双方の主張の食い違いによって話し合いがまとまらないケースがあります。

また、どちらかが話し合いに応じないといったことも考えられます。このような場合には、家庭裁判所に申し立てることによって、調停手続きを利用することができます。

一般的に「離婚調停」と呼ばれるもので、正式には「夫婦関係調整調停」という名称の制度です。

離婚調停はどのような手続きが必要で、何が話し合われるのか

夫婦関係調整調停は、夫または妻が、相手方の住所地の家庭裁判所に申立てることによって始まります。

申立てに必要なのは、収入印紙(1200円分)、連絡用の郵便切手、申立書とその写し、夫婦双方の戸籍謄本です。申立書は、各裁判所のサイトなどで入手することができます。

この他、年金に関する通知書などの追加書類が必要となる場合もあります。なお、上記の収入印紙・切手代以外の費用はかかりません。

実際の調停の場では、調停委員が双方の主張を個別に聞き取り、離婚問題そのもののほか、付随する種々の問題(子どもの親権、養育費、慰謝料、財産分与など)の調整を図ります。

調停が合意に至れば、市区町村役場への離婚届提出(受理)をもって、離婚成立となります。合意に至らなかったり、一方が出席しないなどの場合には、離婚訴訟を起こすこともできます(調停を経ずに訴訟を起こすことはできません)。

夫婦の関係修復を前提とする、円満解決に向けた調停もある

「離婚調停」と呼ばれる夫婦関係調整調停ですが、一方で夫婦関係を円満に修復したい際にも利用することができます。

「夫婦関係調整調停(円満)」として申立て時に区分され、問題点を精査し、夫婦関係を改善していくための解決案などが提起されます。申立ての費用・流れなどは、前述した離婚調停と同様のものです。

話し合いが合意すれば、裁判所から「調停調書」が発行されます。そこには、夫婦関係改善に向けた合意内容が記載されており、不履行があった場合には再度の調停を申し立てることができます。また、調停途中に申立てを取り下げることもできますし、円満調停から離婚調停、逆に離婚調停から円満調停に移行することも可能です。

この調停は、離婚するべきかどうかを迷った際にも利用することができ、第三者同席のもとで冷静な話し合いができるという意味合いがあります。

この記事を書いたプロ

ときわ綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 吉田要介

千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL:047-367-5544

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決事例

●傷害罪で現行犯逮捕され,勾留直後に私選弁護人に選任された事案勾留決定当日,被害者の方が処罰を望んでいなかったので,被害者の方から事情を聴取し,上申書を作...

弁護士費用について

下記に記載のないものにつきましては,ときわ綜合法律事務所報酬基準によります。また,民事事件・家事事件については,法テラスの利用刑事事件については,刑事被...

 
このプロの紹介記事
千葉の弁護士  吉田要介さん

一人ひとりの「困った」に答える、もっとも身近な法律家を目指して(1/3)

 松戸駅から徒歩1分。交通至便な場所にある、ときわ綜合法律事務所で精力的に弁護活動を行っている吉田要介さん。 「常に、地域の人々と共にある町弁(まちべん)でありたいですね」。そうおっしゃる吉田さんの元には、離婚や相続の家事事件から交通事...

吉田要介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

複数の専門的見地から、ベストの解決へと導きます

事務所名 : ときわ綜合法律事務所
住所 : 千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL : 047-367-5544

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-367-5544

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田要介(よしだようすけ)

ときわ綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
弁護士ドットコムから取材を受け,取材記事がヤフーニュースに掲載されました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,弁護士ドットコムから『「同人しくじり先生」売り子に交通...

[ メディア ]

編集委員として携わった「子どものいじめ問題ハンドブック」が出版されました。
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。私は,現在,日弁連の子どもの権利委員会の幹事を務めていて同委...

[ メディア ]

千葉テレビ放送『ビジネスフラッシュ~企業が輝くとき~』に出演しました
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。千葉テレビの人気経済ドキュメンタリー番組『ビジネスフラッシュ~...

[ 法律事務所 ]

解決事例を追加しました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。今まで私が扱った事件について,一部ですが解決事例としてご紹介する...

[ 解決事例 ]

同日に申し立てた2件の準抗告が共に認容され,勾留が取り消され,被疑者が釈放されました!

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,当番弁護を担当した際に2件の被疑者の弁護(器物損壊被疑事件...

[ 刑事弁護 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ