コラム

 公開日: 2016-04-16 

離婚を検討する際に知っておくべき知識 離婚の種類と手続き

夫婦間で離婚を検討したとときに、夫婦間で結論が出るのか、それとも第三者の介入を必要とするのか、その状況によって離婚の形態は大きく異なります。
ここでは、調停や裁判による離婚も含めて、それぞれの特性を紹介していきます。

夫婦間の話し合いで決まる「協議離婚」は、日本の離婚の90%を占める

一口に離婚をするといっても、それぞれの夫婦によってトラブルに関する話し合いや金銭面など状況は大きく異なり、取るべき手続きやそこに至るまでの流れ・結論も異なってきます。

日本における離婚の90%を占めるのが、「協議離婚」と呼ばれるものです。

これは、第三者が介入せず、夫婦間のみで離婚が合意に至る離婚のことで、離婚届を市町村役場に提出すれば成立することになります。非常に簡潔な手続きではありますが、後々のトラブルの火種ともなり得る財産分与や、(必要な場合は)慰謝料の支払いに関して、お互いの話し合いによってクリアにしておかなければなりません。

また未成年の子どもがいる場合は、どちらが親権を持つのか決まっていないと、離婚届は受理されませんし、どの程度の養育費を支払うのかも決めておく必要があります。

協議でまとまらなければ、第三者介入の「調停離婚」「審判離婚」へ

夫婦間で話し合いがまとまらなかった場合、家庭裁判所へ離婚に関する調停(話し合いの仲裁)を申し立てることになります。

ここで双方が金銭面などの条件に合意すれば、「調停離婚」という形になります。裁判所での手続きですが、あくまでも裁判ではありません。調停委員が間に入って協議を行う、というイメージとなります。

合意に至った場合、条件面が記載された調停調書が作成され、離婚届とともに提出することになります。

調停が不調に終わったり、どちらか一方(もしくは両方)が出席しないなどの場合において、家庭裁判所によって離婚の審判が下されることがあります。これが「審判離婚」と呼ばれるものです。ただし、審判の告知から2週間以内に夫婦のどちらかが異議申し立てを行えば、この効力は失われることになります。

「裁判離婚」の持つ強制力と、上級審への申立て

ここまでの手続きを経てもなお離婚が成立しない場合、調停の不成立を前提として、夫婦いずれか一方の申立てによって離婚の訴訟を行うことができます。

ここで成立する離婚は、「裁判離婚」と呼ばれます。裁判での原告側の勝訴判決、もしくは被告側の認諾(原告側の離婚請求を肯定すること)によって、離婚が成立する流れとなります。また審理中に裁判官によって和解が勧告され、これに双方が合意することでも離婚は成立します。

いずれも裁判所の判断によるために、法的な強制力を持つこととなる一方で、裁判所によって離婚が適当でないと判断されれば、離婚することはできなくなります。

この裁判による離婚不成立、もしくは離婚内容(慰謝料など)に不満がある場合、控訴・上告によって上級審に訴えることもできます。

この記事を書いたプロ

ときわ綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 吉田要介

千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL:047-367-5544

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決事例

●傷害罪で現行犯逮捕され,勾留直後に私選弁護人に選任された事案勾留決定当日,被害者の方が処罰を望んでいなかったので,被害者の方から事情を聴取し,上申書を作...

弁護士費用について

下記に記載のないものにつきましては,ときわ綜合法律事務所報酬基準によります。また,民事事件・家事事件については,法テラスの利用刑事事件については,刑事被...

 
このプロの紹介記事
千葉の弁護士  吉田要介さん

一人ひとりの「困った」に答える、もっとも身近な法律家を目指して(1/3)

 松戸駅から徒歩1分。交通至便な場所にある、ときわ綜合法律事務所で精力的に弁護活動を行っている吉田要介さん。 「常に、地域の人々と共にある町弁(まちべん)でありたいですね」。そうおっしゃる吉田さんの元には、離婚や相続の家事事件から交通事...

吉田要介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

複数の専門的見地から、ベストの解決へと導きます

事務所名 : ときわ綜合法律事務所
住所 : 千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL : 047-367-5544

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-367-5544

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田要介(よしだようすけ)

ときわ綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
弁護士ドットコムから取材を受け,取材記事がヤフーニュースに掲載されました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,弁護士ドットコムから『「同人しくじり先生」売り子に交通...

[ メディア ]

編集委員として携わった「子どものいじめ問題ハンドブック」が出版されました。
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。私は,現在,日弁連の子どもの権利委員会の幹事を務めていて同委...

[ メディア ]

千葉テレビ放送『ビジネスフラッシュ~企業が輝くとき~』に出演しました
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。千葉テレビの人気経済ドキュメンタリー番組『ビジネスフラッシュ~...

[ 法律事務所 ]

解決事例を追加しました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。今まで私が扱った事件について,一部ですが解決事例としてご紹介する...

[ 解決事例 ]

同日に申し立てた2件の準抗告が共に認容され,勾留が取り消され,被疑者が釈放されました!

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,当番弁護を担当した際に2件の被疑者の弁護(器物損壊被疑事件...

[ 刑事弁護 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ