コラム

 公開日: 2016-03-11 

相続トラブルを避けるために知っておくべき相続手続きの知識と注意点

財産を相続するためには、大きく3つの方法が選択できます。
相続人間でのトラブルなどを避けるためには、どのようにして、そしていつまでにこれらの方法を採用することを決めなければならないのでしょうか。

全ての遺産をそのまま受け取るという、最も基本的な相続のあらまし

人が死亡すると同時に、現金や不動産、預貯金、有価証券などは相続人へ相続が開始することになります。遺産の状況などによっては、法定相続人(配偶者や子ども)はすべてを受け取るという相続方法だけでなく、3つの方法を選択することができるので、ここでご説明いたします。

第一の選択肢が、すべての遺産を相続する「単純承認」と呼ばれるもので、最も一般的な相続方法です。

しかし、遺産とは必ずしもプラスの財産のみであるとは限りません。つまり、被相続人である故人が借金などのマイナスの遺産を遺した場合、これも相続して返済しなければならないということになります。プラスよりもマイナスの財産が多いことを後から知ったとしても、相続開始から3カ月以内に何もしなければ単純承認として見なされてしまいます。

なお、この「相続開始から3カ月以内」という期限は、後述する中でも常にポイントとなります。

相続開始から3カ月以内であれば、相続を放棄するという選択もできる

被相続人が「莫大な借金を遺したまま」などの場合だと、相続人が債務をそのまま負うこととなります。これを回避するための第二の方法が、「相続放棄」です。

プラスもマイナスも含めて相続そのものを全て放棄することで、最初から相続人ではなかったという扱いになります。明らかにマイナスの遺産の方が多い場合などは、この選択肢が有効であると考えられます。

相続開始から3カ月以内に家庭裁判所に申し出て、相続放棄は認められます。
この選択肢は、後々にプラスの遺産が多いとわかったとしても、原則的に撤回することはできません。

従って「3カ月以内」という期限はありながらも、慎重に事を運ぶ必要があるのです。ただし、脅迫や詐欺によって相続放棄を行うなど、相続人の意思に反する場合はこの限りではなく、特別な事情として撤回が認められることもあります。

便利な限定承認だが、相続人全員の申述など煩雑な手続きが必要

財産がプラスであるかマイナスであるか確定は時間がかかってしまうものの、相続方法を選ぶための期限は(原則的に)3カ月しかありません。

そのための第三の選択肢が、「限定承認」という方法です。これは、マイナスの財産を返済した上で残った財産を相続する、もしくはプラスの財産の範囲内で債務を返済する、という方法です。

限定承認は相続人全員で行う必要があるなど、手続きが非常に煩雑になるため、弁護士や司法書士に相談をして進めていく方が良いでしょう。

いずれの方法でもポイントとなる「3カ月以内」という期限ですが、これは「資産や負債の相続人になることを知った時」からの経過時間を指します。詐欺的な被害に遭い、後から負債が判明した場合などには、「3カ月を経過していない」と判断されて期限を延長できることもありますので、弁護士に相談してみましょう。

この記事を書いたプロ

ときわ綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 吉田要介

千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL:047-367-5544

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決事例

●傷害罪で現行犯逮捕され,勾留直後に私選弁護人に選任された事案勾留決定当日,被害者の方が処罰を望んでいなかったので,被害者の方から事情を聴取し,上申書を作...

弁護士費用について

下記に記載のないものにつきましては,ときわ綜合法律事務所報酬基準によります。また,民事事件・家事事件については,法テラスの利用刑事事件については,刑事被...

 
このプロの紹介記事
千葉の弁護士  吉田要介さん

一人ひとりの「困った」に答える、もっとも身近な法律家を目指して(1/3)

 松戸駅から徒歩1分。交通至便な場所にある、ときわ綜合法律事務所で精力的に弁護活動を行っている吉田要介さん。 「常に、地域の人々と共にある町弁(まちべん)でありたいですね」。そうおっしゃる吉田さんの元には、離婚や相続の家事事件から交通事...

吉田要介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

複数の専門的見地から、ベストの解決へと導きます

事務所名 : ときわ綜合法律事務所
住所 : 千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL : 047-367-5544

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-367-5544

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田要介(よしだようすけ)

ときわ綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
弁護士ドットコムから取材を受け,取材記事がヤフーニュースに掲載されました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,弁護士ドットコムから『「同人しくじり先生」売り子に交通...

[ メディア ]

編集委員として携わった「子どものいじめ問題ハンドブック」が出版されました。
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。私は,現在,日弁連の子どもの権利委員会の幹事を務めていて同委...

[ メディア ]

千葉テレビ放送『ビジネスフラッシュ~企業が輝くとき~』に出演しました
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。千葉テレビの人気経済ドキュメンタリー番組『ビジネスフラッシュ~...

[ 法律事務所 ]

解決事例を追加しました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。今まで私が扱った事件について,一部ですが解決事例としてご紹介する...

[ 解決事例 ]

同日に申し立てた2件の準抗告が共に認容され,勾留が取り消され,被疑者が釈放されました!

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,当番弁護を担当した際に2件の被疑者の弁護(器物損壊被疑事件...

[ 刑事弁護 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ