コラム

 公開日: 2016-02-23 

交通事故において示談が不成立になった場合の解決方法の選択肢とは

交通事故の示談交渉では、被害者・加害者の意見が食い違うことも多く、合意に至らないケースがあります。
示談がまとまらなければ、調停もしくは裁判へ持ち込まれますが、それ以外にも「審査」と呼ばれる解決方法もあります。
状況によって利用可能な「審査」の詳細を知っておきましょう。

交通事故の示談がまとまらなければ、まずは調停の場に持ち込まれる

交通事故における示談とは、被害者・加害者の間で起こる紛争に際して、「これ以上は争わない」ということを妥結することです。

この交渉で最も重要視されるのが、慰謝料や損害賠償を含んだ示談金の支払いについてです。重要視されるということは、被害者・加害者間で意見の相違があれば揉めてしまう主因となり、事実「示談がまとまらない」ということは、ほぼ「示談金が合意できていない」と同義であると考えられます。

このように、示談がまとまらないケースは往々にして見られることです。示談の次の紛争解決手段として考えられるのは、裁判所を介した(民事)調停です。

被害者もしくは加害者のどちらかが簡易裁判所に申し立てることで、調停委員同席の下で和解に向けて催される話し合いの場のことを指します。

調停委員は双方の意見から調停案を提示し、双方が合意すれば成立という運びになります。

もっとも、双方の合意が必要ですので、双方の主張に隔たりが大きい場合等、双方の合意が得られる見込みが少ない場合は、調停をせずに、裁判をすることの方が早期解決になる場合もあります。

裁判にまでもつれ込む前に、「審査」という選択肢を知っておく

調停でも話がまとまらない場合は、最終的な手段として(民事)裁判に持ち込まれることになります。基本的に裁判官は和解をすすめる傾向にあり、早期解決も考慮して、和解に至るケースも多々あります。
そして、和解に至らなかった場合は、裁判所が判決を言い渡します。
この判決に対しては、控訴・上告が可能ですので、高等裁判所・最高裁判所まで争うこともできますが、一般の交通事故で上級審まで持ち込まれるケースは多くありません。

このように、交通事故の紛争解決の選択肢には、本人同士(もしくは保険会社を介した)示談交渉、裁判所が介入する調停・裁判がありますが、ケースによっては他の解決方法を選択することもできます。

それが「審査」と呼ばれるものです。

審査は、加害者が共済のいずれかに加入していた場合であって、被害者からの申し出、もしくは被共済者(事故の場合は加害者)からの申し出に被害者が同意したときに、利用が可能となります。

審査委員会が共済の協力の元、被害者救済の道を探る

審査へと移行できる共済は、
全労災の「マイカー共済」、教職員共済の「自動車共済」、JA共済連の「自動車共済」、自治協会・町村生協の「自動車共済」、都市共済の「自動車共済」、市有物件共済会の「自動車共済」、自治労共済生協の「自動車共済」、交協連(全国トラック交通共済協同組合連合会)の「自動車共済」、全自共(全国自動車共済協同組合連合会)の「自動車共済」の9つです。

審査委員会と呼ばれるものが専門家によって構成され、評決を下します。被害者側が評決に納得すれば、示談という形になります。

評決の内容に納得しなければ、調停・裁判(訴訟)へと持ち越すことができます。一方、加害者側に立つ共済は、評決によって導き出された金額を尊重しなければいけません。

各共済の協力により、被害者救済の立場に立った紛争解決への選択肢が広がっていると言えます。

この記事を書いたプロ

ときわ綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 吉田要介

千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL:047-367-5544

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決事例

●傷害罪で現行犯逮捕され,勾留直後に私選弁護人に選任された事案勾留決定当日,被害者の方が処罰を望んでいなかったので,被害者の方から事情を聴取し,上申書を作...

弁護士費用について

下記に記載のないものにつきましては,ときわ綜合法律事務所報酬基準によります。また,民事事件・家事事件については,法テラスの利用刑事事件については,刑事被...

 
このプロの紹介記事
千葉の弁護士  吉田要介さん

一人ひとりの「困った」に答える、もっとも身近な法律家を目指して(1/3)

 松戸駅から徒歩1分。交通至便な場所にある、ときわ綜合法律事務所で精力的に弁護活動を行っている吉田要介さん。 「常に、地域の人々と共にある町弁(まちべん)でありたいですね」。そうおっしゃる吉田さんの元には、離婚や相続の家事事件から交通事...

吉田要介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

複数の専門的見地から、ベストの解決へと導きます

事務所名 : ときわ綜合法律事務所
住所 : 千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL : 047-367-5544

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-367-5544

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田要介(よしだようすけ)

ときわ綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
弁護士ドットコムから取材を受け,取材記事がヤフーニュースに掲載されました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,弁護士ドットコムから『「同人しくじり先生」売り子に交通...

[ メディア ]

編集委員として携わった「子どものいじめ問題ハンドブック」が出版されました。
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。私は,現在,日弁連の子どもの権利委員会の幹事を務めていて同委...

[ メディア ]

千葉テレビ放送『ビジネスフラッシュ~企業が輝くとき~』に出演しました
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。千葉テレビの人気経済ドキュメンタリー番組『ビジネスフラッシュ~...

[ 法律事務所 ]

解決事例を追加しました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。今まで私が扱った事件について,一部ですが解決事例としてご紹介する...

[ 解決事例 ]

同日に申し立てた2件の準抗告が共に認容され,勾留が取り消され,被疑者が釈放されました!

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,当番弁護を担当した際に2件の被疑者の弁護(器物損壊被疑事件...

[ 刑事弁護 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ