コラム

 公開日: 2016-02-17 

過失がない交通事故における交渉は誰がする?弁護士特約とは

交通事故における過失の割合は、裁判になれば裁判所が決めますが,裁判になる以前の段階では,保険会社の主張を前提にすることが多いです。
被害者側にまったく過失のない交通事故を、俗に「もらい事故」などと言います。
もらい事故で示談交渉を弁護士に依頼する場合、弁護士特約が役立ちます。

交通事故の過失割合は、警察ではなく保険会社が決める

年間50万件を超える数が発生している交通事故には、必ず加害者と被害者が存在します。一方的に加害者がすべての責任を負うこともありますが、必ずしも加害者が100%の責任を追うケースばかりとは限りません。実際のところは、被害者にも何らかの落ち度があったと認められることも一般的です。

交通事故の損害賠償において、その事故が起きた責任をどちらがどの程度負うのかを示すのが、過失割合と呼ばれるものです。交通事故の示談交渉においては、この過失割合でもめてしまうことが多々あります。

では、交通事故における過失割合を決めるのは誰なのでしょうか。実況見分を行って事故証明を作る警察かと思いがちですが、そうではありません。実は保険会社が、過去の事例に照らし合わせながら過失割合を提示してくるのです。もっとも,弁護士に依頼して,弁護士が保険会社と交渉することで過失割合が変更されることもありますし,裁判になれば裁判所が決めることになります。

「もらい事故」だと、被害者側の保険会社は示談交渉ができない

車同士の交通事故の場合、多くは被害者側も保険に加入しており、過失割合を含む示談交渉は、加害者・被害者双方の保険会社同士で行われます。

しかし、加害者の車が赤信号を無視して交差点に侵入して被害者の車に衝突したような、明らかに加害者側に100%の過失がある場合には、被害者側の保険会社は示談交渉を行うことができません。これは、被害者側に過失がない「もらい事故」である場合、被害者側の保険会社が事故の当事者という立場ではなくなり、示談交渉の代行が禁じられてしまうためです。

もらい事故の交渉においては、被害者側は自身が納得できる示談条件を加害者側の保険会社から引き出すことが重要です。しかし近年の傾向として、加害者が加入している保険会社は、できる限り示談金額を下げるように交渉してきます。

保険加入時には、必ず「弁護士特約」の項目を確認しておく

示談交渉は、後の後遺症なども考えると、最終的な損害賠償の金額に大きく影響してきます。被害者側は決して妥協せず、自分が納得できるように話を進めなければなりません。

このようなケースにおいて、被害者は自分自身で加害者側の保険会社と示談交渉を行うこともできますが、自身の代理として交渉事の専門家である弁護士に示談交渉を依頼することもできます。

近年の自動車保険には、こうしたケースに備えて「弁護士(費用)特約」を設定していることが増えています。これは、保険会社が示談交渉を行うことができないかわりに、その弁護士費用を保険会社が負担するという特約です。

保険会社や契約プランによって、この特約は自動付帯されていることもありますが、別途で設定を必要とするケースもあります。保険加入時にはあらゆるケースを想定して契約内容を吟味しておく必要があります。

この記事を書いたプロ

ときわ綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 吉田要介

千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL:047-367-5544

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決事例

●傷害罪で現行犯逮捕され,勾留直後に私選弁護人に選任された事案勾留決定当日,被害者の方が処罰を望んでいなかったので,被害者の方から事情を聴取し,上申書を作...

弁護士費用について

下記に記載のないものにつきましては,ときわ綜合法律事務所報酬基準によります。また,民事事件・家事事件については,法テラスの利用刑事事件については,刑事被...

 
このプロの紹介記事
千葉の弁護士  吉田要介さん

一人ひとりの「困った」に答える、もっとも身近な法律家を目指して(1/3)

 松戸駅から徒歩1分。交通至便な場所にある、ときわ綜合法律事務所で精力的に弁護活動を行っている吉田要介さん。 「常に、地域の人々と共にある町弁(まちべん)でありたいですね」。そうおっしゃる吉田さんの元には、離婚や相続の家事事件から交通事...

吉田要介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

複数の専門的見地から、ベストの解決へと導きます

事務所名 : ときわ綜合法律事務所
住所 : 千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL : 047-367-5544

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-367-5544

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田要介(よしだようすけ)

ときわ綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
弁護士ドットコムから取材を受け,取材記事がヤフーニュースに掲載されました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,弁護士ドットコムから『「同人しくじり先生」売り子に交通...

[ メディア ]

編集委員として携わった「子どものいじめ問題ハンドブック」が出版されました。
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。私は,現在,日弁連の子どもの権利委員会の幹事を務めていて同委...

[ メディア ]

千葉テレビ放送『ビジネスフラッシュ~企業が輝くとき~』に出演しました
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。千葉テレビの人気経済ドキュメンタリー番組『ビジネスフラッシュ~...

[ 法律事務所 ]

解決事例を追加しました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。今まで私が扱った事件について,一部ですが解決事例としてご紹介する...

[ 解決事例 ]

同日に申し立てた2件の準抗告が共に認容され,勾留が取り消され,被疑者が釈放されました!

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,当番弁護を担当した際に2件の被疑者の弁護(器物損壊被疑事件...

[ 刑事弁護 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ