コラム

 公開日: 2013-11-05  最終更新日: 2014-06-08

【刑事弁護】暴行・傷害事件の弁護活動について

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。

今回から,解決事例を前提に,各事件の弁護活動について書きたいと思います。

第1回目は,【刑事】暴行・傷害事件についてです。

暴行・傷害事件で,事実関係に間違いがない場合

暴行・傷害事件で,事実関係に間違いがない場合,
一番のポイントは,被害者との示談です。

傷害結果が重傷でない限り,被害者との示談が成立したり,被害者から嘆願書を取得できれば,処分保留で釈放される可能性が高いです。
特に,暴行事件では,示談が成立すれば,釈放される可能性はより高くなります。

そのため,暴行・傷害事件について,罪を認めていて,示談に必要な金銭が用意できる場合は,
被害者との示談が弁護活動の中心になります。

ただ,検察官によっては,示談成立後も勾留満期まで釈放をしてくれない場合もありますので
その場合は、勾留決定に対する準抗告や勾留取消請求の申立てを行うことにより,
検察官に圧力をかけたり,裁判官の判断を仰ぐとことで,早期の釈放を求めることになります。

解決事例は,示談成立や嘆願書取得した上で,勾留決定に対する準抗告や勾留取消請求の申立てを行ったことで
検察官により,勾留満期前に釈放されたことを示す一例です。

罰金や悪くても執行猶予が見込める場合

また,暴行や傷害で傷害結果が軽微で,罰金や悪くても執行猶予が見込める場合については
罪証隠滅のおそれや逃亡のおそれは少ないと思いますので
示談と平行して,勾留決定に対する準抗告や勾留取消請求を行います。
その際には,罪証隠滅のおそれや逃亡のおそれがないことを
裁判官に理解してもらう必要がありますので
罪証隠滅や逃亡を行わない旨の本人の誓約書や
それらの行為を本人に行わせない家族の身元引受書など
できる限りの証拠を収集することになります。

勾留決定に対する準抗告と勾留取消請求の違い

ちなみに,勾留決定に対する準抗告は,勾留決定がされた時点での勾留の要件を問題にするのに対し
勾留取消請求の申立ては,申立て時の勾留の要件を問題にします。
したがって,勾留決定後の事情について(示談の成立など)は,
原則として,勾留決定に対する準抗告では考慮されません。
もっとも,勾留決定に対する準抗告は,一度しかできないのに対し
勾留取消請求の申立ては,何度でも可能です(事情が変わらなければ,同じ結果になるとは思いますが)。
また,勾留取消請求の申立てがあった場合,
裁判官は,検察官に対して意見を求め,その意見を踏まえて判断することになります。
そのため,裁判官から意見を求められて検察官が
裁判官に勾留取消請求を認められることを防ぐために
意見を返さずに,被疑者を釈放することがあります。

解決事例は,勾留取消請求の申立てに対して
裁判官から意見を求められた検察官が
裁判官に勾留取消請求を認められることを防ぐために
意見を返さずに,被疑者を釈放された一例です。

私選弁護の依頼時の注意点

上記の活動は,国選弁護人でも当然行うべき活動だと思います。
傷害罪で資力基準を満たしている場合は,希望すれば国選弁護人が選任されますので
私選弁護を頼む場合は,国選弁護人に上記のような弁護活動を行うか,
行わないとすればどのような理由があるのか,確認してから
私選弁護を頼んでもいいかもしれません。
もっとも,勾留前だったり,勾留後国選弁護人選任後連絡がない場合などは
私選弁護を検討べきかもしれません。

他方で,暴行罪については,被疑者国選の対象外ですので
上記の活動は,私選弁護を頼む必要があります。

もっとも,資力によっては,
被疑者援助制度が使用できる場合がありますので
併せて検討すべきだと思います。

ご不明点等あれば,お気軽にお問い合わせ下さい。


【刑事弁護】【刑事】強制わいせつ・迷惑防止条例(痴漢)違反事件の弁護活動について
【刑事弁護】窃盗事件の弁護活動についての弁護活動についてもご覧下さい。



私の所属する
ときわ綜合法律事務所
松戸での実績が19年間と長く、在籍している弁護士の数も東葛地域最大の
綜合法律事務所です。

※東葛地域(松戸市,柏市,流山市,我孫子市,鎌ケ谷市,野田市)

弁護士10名、事務局8名が所属しており、
弁護士の年齢層も30~60代で、女性弁護士も在籍しています。

さまざまなご相談にワンストップで対応でき、対応スピードが速いのも特徴です。

秘密厳守,迅速対応,実績多数。

初回相談無料。当日相談,日曜相談枠あり。

松戸駅徒歩1分のアクセス。

詳細は,事務所のホームページをご覧下さい。

http://www.tokiwa-lawoffice.com/


******************************************************************
〒271-0091
千葉県松戸市本町18−4 NBF松戸ビル5階
ときわ綜合法律事務所
弁護士 吉  田  要 介
電話:047-367-5544 FAX:047-367-5592
*****************************************************************

この記事を書いたプロ

ときわ綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 吉田要介

千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL:047-367-5544

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決事例

●傷害罪で現行犯逮捕され,勾留直後に私選弁護人に選任された事案勾留決定当日,被害者の方が処罰を望んでいなかったので,被害者の方から事情を聴取し,上申書を作...

弁護士費用について

下記に記載のないものにつきましては,ときわ綜合法律事務所報酬基準によります。また,民事事件・家事事件については,法テラスの利用刑事事件については,刑事被...

 
このプロの紹介記事
千葉の弁護士  吉田要介さん

一人ひとりの「困った」に答える、もっとも身近な法律家を目指して(1/3)

 松戸駅から徒歩1分。交通至便な場所にある、ときわ綜合法律事務所で精力的に弁護活動を行っている吉田要介さん。 「常に、地域の人々と共にある町弁(まちべん)でありたいですね」。そうおっしゃる吉田さんの元には、離婚や相続の家事事件から交通事...

吉田要介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

複数の専門的見地から、ベストの解決へと導きます

事務所名 : ときわ綜合法律事務所
住所 : 千葉県松戸市本町18-4 NBF松戸ビル5F [地図]
TEL : 047-367-5544

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-367-5544

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田要介(よしだようすけ)

ときわ綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
弁護士ドットコムから取材を受け,取材記事がヤフーニュースに掲載されました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,弁護士ドットコムから『「同人しくじり先生」売り子に交通...

[ メディア ]

編集委員として携わった「子どものいじめ問題ハンドブック」が出版されました。
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。私は,現在,日弁連の子どもの権利委員会の幹事を務めていて同委...

[ メディア ]

千葉テレビ放送『ビジネスフラッシュ~企業が輝くとき~』に出演しました
イメージ

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。千葉テレビの人気経済ドキュメンタリー番組『ビジネスフラッシュ~...

[ 法律事務所 ]

解決事例を追加しました。

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。今まで私が扱った事件について,一部ですが解決事例としてご紹介する...

[ 解決事例 ]

同日に申し立てた2件の準抗告が共に認容され,勾留が取り消され,被疑者が釈放されました!

ときわ綜合法律事務所の弁護士の吉田です。先日,当番弁護を担当した際に2件の被疑者の弁護(器物損壊被疑事件...

[ 刑事弁護 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ