コラム

 公開日: 2016-10-12 

屋根塗装の寿命は?塗料の種類別、耐用年数の目安

屋根塗装には、美観回復に加え屋根材を保護することで、屋根の劣化を遅らせ、雨漏り被害を防止する目的があります。

屋根用塗料には、成分・機能に応じ、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料、無機塗料、遮熱塗料の別があります。

屋根材には、素材に応じ、スレート、金属、日本瓦、セメント瓦の別があります。

光沢がなくなり、色がくすんできたら、屋根の塗り替えタイミングです。外壁塗り替えの必要性も確認して、同時に施工するとお得です。

屋根塗装の目的

日本瓦を除く大半の住宅屋根材には塗装が施されていますが、屋根塗装の目的はなにかご存知でしょうか?

もちろん美観(色・光沢)回復の目的が一つにありますが、もう一つの重要な目的は、屋根材の保護にあります。

屋根材は、外部構造の中でもっとも紫外線や雨にさらされている箇所です。そのため、屋根材がむき出しのままですと、かなり早く劣化していきます。

やがて、屋根直下に敷かれた防水シート(ルーフィング)が外部環境の影響を受けてしまい、ここも早期劣化します。最後は、防水シートの破れから雨漏りを起こしてしまう結果となります。

屋根塗装の劣化が、即雨漏りにつながるわけではありませんが、手遅れにならないよう、しっかりとメンテナンスをしておきましょう。

屋根用塗料の種類

屋根用塗料は、何種類かに分類できます。
●ウレタン塗料
ウレタン樹脂を主成分とする合成樹脂塗料です。

古くからあった耐久性の低いアクリル塗料に代わるものとして、一時はもてはやされました。しかし、もって10年という寿命の短さもあり、より性能の高い後発塗料に押されつつあります。

●シリコン塗料
シリコン樹脂を主成分とする合成樹脂塗料です。紫外線への耐久性が強く、防藻・防カビ機能も付いています。

最近建てられた住宅の多くは、この塗料を用いているケースが多いでしょう。10年を少し過ぎると、塗り替え時期を迎えます。

●フッ素塗料
フッ素樹脂を主成分とする合成樹脂塗料です。

高耐候性がウリで、シリコン塗料よりも長い寿命(15~20年)を誇ります。高層ビルや大型公共建築物にも多用されているのは、そのためです。

●無機塗料
有機系の合成樹脂塗料とは異なり、無機成分を主体とした塗料です。

最近は、有機物の含有をアピールした無機・有機ハイブリッド塗料というのも登場しています。

●遮熱塗料(高反射塗料)
厳密にはセラミックを有効成分とした無機・有機ハイブリッド塗料の一種ですが、別カテゴリーとして扱われることが多いです。

太陽光を反射することで、屋根ひいては室内の温度上昇を抑制する働きがセールスポイントです。

屋根材の種類

ところで、施主様の屋根材は何でしょうか?屋根材によって、どのような塗り替えが必要になるか変わってきますので、屋根材の種類について見てみましょう。

●スレート
繊維を混入した薄いセメントの板を敷き詰めたもので、日本の住宅で数多く使われている屋根材です。
メーカーで塗装済みのものは、化粧スレートと呼びます。

カラーベストとかコロニアルといった別名で呼ばれることがありますが、これらは商標です。

●金属
なつかしいトタンを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、今はガルバリウム鋼板など、さまざまな高性能金属屋根材が出ています。

金属でありながら、断熱性を持たせたものもあります。

●日本瓦
粘土を焼いて成型した、昔ながらの日本住宅向け屋根材です。釉薬が含まれているため、相当期間塗装は不要と言われていますが永久ではありません。日本瓦専用の塗料も販売されています。

●セメント瓦
セメントと砂を材料とした瓦で、日本瓦よりも軽量で地震に強いとされています。日本瓦よりも劣化は早いので注意が必要です。

屋根塗装の塗り替えタイミング

屋根用塗料は、防汚、防藻、防カビの機能を持っていますが、それでも屋根が汚れているなら、それは塗装が寿命を迎えつつあることを意味します。

屋根は、のぼって状態を確かめるということがなかなかできないものですが、離れた所から見ても、光沢がなくなり、色もくすんできているようであれば、専門家に相談しましょう。おそらく、塗り替えタイミングにかかっていると思います。

また、屋根の塗り替え時は、外壁の塗装状態もチェックして、必要であれば屋根・外壁同時に塗り替えを行った方が、長い目で見れば安くつきます。

どういうことかと言いますと、屋根・外壁塗装では、足場を組む必要があります。足場の架設費用は15万円前後とそれなりにかかります。「今年は屋根を塗り替えて、外壁はまた来年にしよう」と考えると、その都度足場費用がかかってしまうので、同時に行うと効率的です。

この記事を書いたプロ

株式会社トラストワーク [ホームページ]

職人 長友達夫

千葉県流山市江戸川台東4-216 [地図]
TEL:0120-773-977

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社トラストワークの長友達夫さん

塗装技術の高さ・マナーの徹底・自社スタッフによる施工で顧客の家を守ります!(1/3)

株式会社トラストワークは千葉県流山市と柏市を中心に、千葉県、埼玉県・茨城県・東京都の一部にある戸建て住宅、マンション、工場などの塗装を行なう業者です。代表取締役の長友達夫さんは次のように語ります。「当社のお客様は昔からの長い付き合いの人...

長友達夫プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

信頼と技術に絶対的な自信!別会社に依頼せず直接施工を実施

会社名 : 株式会社トラストワーク
住所 : 千葉県流山市江戸川台東4-216 [地図]
TEL : 0120-773-977

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-773-977

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長友達夫(ながともたつお)

株式会社トラストワーク

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
サイディング外壁でクリア塗装ができる条件

サイディングは、外壁自体の寿命の前に塗膜の耐久期限が来てしまいますので、1回は塗り替えが必要です。サイデ...

[ クリア塗装 ]

クリア塗装のメリットと塗料の種類

クリア塗料とは、表面の透明感や光沢を出すことを目的とした無色塗料で、外壁用には紫外線保護をうたった商品も出...

[ クリア塗装 ]

モルタル下地の外壁を塗装する場合の注意点

モルタル外壁の塗り替えの際は、クラック(ひび割れ)の「動き」に追従できる弾性塗料を使います。これには、単層...

[ モルタル外壁の塗装 ]

コンクリートとモルタルの違い。それぞれの特徴と用途

セメントは、コンクリートとモルタルに共通して使用される原料で、建築材としてはセメント単独で用いられることは...

[ モルタル外壁の塗装 ]

モルタル外壁とサイディング外壁の比較

住宅用外壁材には、サイディング、モルタル、ALCパネルなどがありますが、サイディングの普及率が最も高く、新築の...

[ モルタル外壁の塗装 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ