コラム

 公開日: 2015-03-26 

2-1 自分らしく暮らすために60代から始めるマネー・ライフプラン講師を終えて|明治大学

明治大学で、自分らしく暮らすために60代から始めるマネー・ライフプランセミナーを行ってきました(2014年12月8日)。
141215明治大学
全5回講座の4回目と5回目が私の担当。主に人生の終盤、エンディングについてのお話が私が担当するメインです。

生涯学習のため、受講者は一般の方々が約60名ほど。テキストはFP協会が発行している「自分らしく暮らすために60代から始めるマネー・ライフプラン」。今回のテーマと同じです。

4回目の今回は、将来の住宅や介護、成年後見についてのお話。

持ち家の方は、今の家に住み続けることが前提でしょうが、夫婦ともに自宅で過ごせるかどうか分かりません。ひとりになったときに寂しい思いや不安を抱えながら過ごさなければならないかもしれません。

賃貸の人は、今後の家賃やずっとそこに済み続けられるかなどについて考えていかなければなりません。

今の家に住むのではなく、田舎に暮したい人もいれば、二世帯住宅にして子供と暮したい、狭くても駅から近い便利な場所に移りたい・・・人それぞれどうしたいのか違います。

考えること自体も大変ですが、それを実行するとなるともっと大変なものです。

しかし実行するかどうかは別として、今後どうして行きたいのかを考えておくことは必要です。

施 設などに入らなければならない状況になってしまったり、今後は何が起こるかわかりませんが、子供にどこまで頼るのか、頼らないのか、誰とどこでどのように 過ごしたいのか、それができる環境なのかなど、先々のことを考えておき、自分や夫婦なりのプランを考え共有しておくことは必要ではないでしょうか。

そして介護施設もさまざまあります。
お金があれば入れる施設はたくさんあります。しかし金銭に余裕のある人ばかりではありません。

今後必要になるかもしれないお金を確保しつつ、施設入居を考えるとなると、多くの選択肢があるようでそれほどないのが現状かもしれません。

ご自身の身体的・精神的状態によって入居できない場所もあったり、探すだけでも大変なことです。

しかし、どのような施設があって、どの程度のサービスが受けられて、どのくらい費用がかかるのかなど、事前に知っておかなければ今後の見通しもつかないものです。

元気なままぽっくり・・・つまり、ピンピンコロリを皆さん望んでいるようですが、要望どおりに行くとは限りません。

自分自身が困らないように、家族に迷惑をかけないようにするためには、施設の情報収集をしたり見学に行ったり、元気なときからどうするのか考えておくことも必要なものです。


そして成年後見制度。
誰しも認知症になるつもりはないでしょう。しかしこればかりは分かりません。

もしも認知症になってしまったときに、誰かに自分の代理を行ってもらわなければならないかもしれません。

そのときに誰に行ってもらう予定なのか、身内がいない場合誰に頼るのかなど考えておかなければなりません。


成年後見制度はいい部分ばかりではありません。場合によっては本人や身内が嫌な思いをすることだってあります。

制度をよく理解せずに利用した結果のトラブルだってあります。もちろん、成年後見制度を利用して助かっている人だっています。

「なんだかそんな制度があるようだから、イザというときには誰かが行ってくれるだろう・・・」。そんな風に思っているとしたら要注意です。きっとあなたの周りの人は迷惑するでしょうし困るはずです。


年を重ねるということは、今まで出来てたことができなくなってきたり、思うように行かなくなったり、不安も多くなったり、若いときとは違う問題が発生してきます。

気持ちは若いままでも現実を見つめると、考えたくないことが多くあります。

しかし誰だって年は取るもの。平等です。

そうであるならば、今から先のことを考え、不安を少しでも取り除いたり、誰か頼れる先を探しておいたりしておくことも大切です。

まだまだ若いからと言えるときだからこそ考えられる、そう前に向きに捉えて今後のことを考えていただきたいと思います。


ファイナンシャルプランナー 明石久美

雑誌・新聞等メディア掲載実績、出版、執筆はこちら
セミナー講演の様子はこちら

アンケート結果・主催者・受講者の感想はこちら

セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら  
シニア向けセミナー、営業社員等への研修会なども行っております。
 ・老後準備や相続対策など老い支度セミナー
 ・エンディングノート作成セミナー
 ・遺言書セミナー
 ・成年後見セミナー
 ・相続・保険セミナー
 ・葬儀・お墓など終活セミナー

セミナー、講演、講座、研修会などの講師依頼はこちら

★講演地域:全国
北海道、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、静岡県、長野県、愛知県、三重県、和歌山県、大阪府、奈良県、兵庫県、広島県、島根県、香川県、高知県、愛媛県、鹿児島県など全国で行っております

◆明石シニアコンサルティング ホームページ「 終活・葬儀・老い支度相談所

◆理事長を行っている相続専門家チーム「 これから相続コンサルネット

◆代表理事を行っている一般社団法人しあわせらいふ協会
 

この記事を書いたプロ

明石シニアコンサルティング [[[ホームページ http://www.senior-consul.jp/ 終活・相続・老い支度相談所]]]

ファイナンシャルプランナー 明石久美

千葉県松戸市松戸新田575-25 ネクスト内 [地図]
TEL:047-703-7869

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演等テーマ・概要

■【分類】 老い支度、終活、エンディングノート、成年後見、遺言書、葬儀、墓、相続対策、相続手続き、悪質商法■【料金】 要相談 (なるべく添えるよう要相談にして...

相談等料金(税別)

■ 相談やサポートなど各種相談、遺言書作成、成年後見、死後事務委任、葬儀・お墓準備、相続手続き・死後整理(お墓・散骨・遺品整理・仏壇処分など)、ライフプラン作...

 
このプロの紹介記事
老後、葬儀、相続・死後整理を窓口1つでサポートするファイナンシャルプランナー 明石久美さん

窓口1つで老後対策、葬儀準備、相続手続を無駄なく、分かりやすくサポート(1/3)

 「終活」という言葉が生まれ、人生のエンディングや葬儀に関する話がタブーではなくなってきた今、生前の老い支度から、分かりにくい葬儀や死後の相続のことまで専門家に相談したいというニーズが高まっています。そこで、ファイナンシャルプランナー(FP...

明石久美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

老い支度・終活・相続対策など幅広い知識でのセミナーやコンサル

会社名 : 明石シニアコンサルティング
住所 : 千葉県松戸市松戸新田575-25 ネクスト内 [地図]
TEL : 047-703-7869

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-703-7869

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

明石久美(あかしひさみ)

明石シニアコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
朝日新聞の朝刊『なるほどマネー』の「葬儀とお墓を知る」執筆コラム掲載中
イメージ

2016年6月27日(月)より、朝日新聞の朝刊、なるほどマネーのコーナーで、「葬儀とお墓を知る」について執筆させて...

[ 書籍出版・執筆・掲載記事など ]

【一覧】セミナー・研修のテーマや概要
イメージ

 対応地域・テーマ分類など ■【分類】 老い支度、終活、成年後見、遺言書、エンディングノート、葬儀、お墓、...

[ セミナー・研修のテーマと概要 ]

76,000部売り上げ 『配偶者が亡くなったときにやるべきこと』
配偶者が亡くなったときにやるべきこと

ファイナンシャルプランナーの明石久美です。『配偶者が亡くなったときにやるべきこと 』(PHP研究所)が26回の...

[ 書籍出版・執筆・掲載記事など ]

3冊目増刷されました:家族が亡くなる前にやっておくべきこと(PHP研究所)
イメージ

2016年4月22日に、3冊目の書籍「家族が亡くなる前にやっておくべきこと」が出版され、3カ月程度で3刷り、10,300部...

[ 書籍出版・執筆・掲載記事など ]

講師を行ってきた毎日新聞社主催の終活・シニアライフセミナーの様子がUPされました
イメージ

2016年7月23日(土)に、毎日新聞社デジタルメディア局主催で、「終活・シニアライフセミナー」が行われました。午...

[ セミナー・研修の様子(老い支度・終活) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ