コラム

 公開日: 2015-01-26 

【新刊発売のお知らせ】FPMAG Vol.008|Amazon キンドル・ストア

ファイナンシャルプランナーの明石久美です。
私もたまに執筆しているファイナンシャル・プランナー・マガジン(FPMAG)の Vol.008(2015年冬号) が発売されました。

Kindle版の電子書籍ですが、無料キャンペーン(1月27日(火)17:00 ~了1月30日(金)17:00) も行っておりますので、ご案内いたします。
FPMAG008

----------

こんにちは、FPマガジン編集部です。
日頃より、ご愛読いただき、誠にありがとうございます。

さて、本日、ファイナンシャル・プランナー・マガジンVol.008(2015年冬号) を、発売いたしましたので、ご案内申し上げます。

【Amazon販売ページ】
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/B00SPT3KUK/

※お得な無料ダウンロード情報は、最後にあります。お見逃しなく!

【内容紹介】
~目次~
【Voiceof Publisher】 ようこそ、ファイナンシャル・プランナー・マガジンへ!(編集発行人:八鍬 兼二)
【金融資産】最近の住宅ローン破綻の実例その1~共働き家庭の破綻(執筆:山本 秀利)
【FP実務】 今年中に理解しておこう「マイナンバー制度」(執筆:石原敬子)
【ファイナンス】 “夢の実現とファイナンシャル・リテラシー” その関係性を考える Vol.2“夢とお金のライフプラン”(執筆:安田晶子)
【連載(ショートコラム】 Vol.1 書くときの5つのこだわり(その1)~口が商売道具の証券レディから“書けるFP”へ(執筆:石原敬子)

~内容について~
ファイナンシャル・プランナー・マガジン(以下、FPマガジン)
Vol.008(2015年冬号)では、FPが行っている実際の業務の中から、
【金融資産】、【FP実務】、【ファイナンス】に関して考察します。

【金融資産】からは、「住宅ローンの破綻」について。
長期金利の低下が進み、住宅ローン金利も過去最低水準となっています。
借りやすくなる一方で、住宅ローン破綻も着実に増えています。
今回は実例に基づき、その原因と結果、および対策について解説します。
決して他人ごとではない、住宅ローンの問題点を明らかにして行きます。

【FP実務】からは、来年から導入される「マイナンバー制度」について。
FPとして、全国民に関わる制度がスタートする訳ですから、
制度への理解を深めるとともに、適切なアドバイスができるよう準備する必要があります。
今後のFP活動にお役立ていただけるよう、まとめてみました。

【ファイナンス】からは、前号に引続き、
「夢の実現とファイナンシャル・リテラシー」に関する考察について。
ファイナンシャル・リテラシーを身につけることで、
私たちの生活に得られることを、日々の生活に即して解説して行きます。

最後に【連載】では、多くのFPが直面する、
「FPとして、どういう風に文書を書いたらいいのだろう?」
について、そのヒントをショートコラムの形でお届けします。

あなたも、今号で取り上げているそれぞれのテーマを参考にして、ライフプランについて考えてみてください。

それでは早速、FPマガジンで、お金の知識を学んで参りましょう。
・Amazon販売ページは、こちらから
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/B00SPT3KUK/

【最新号発売記念!無料ダウンロード・キャンペーンについて】

このページをご覧いただいている、あなたに、お得な情報をお伝え致します!

発売を記念して、出版記念無料キャンペーンを下記日程で実施いたします。期間中は、新刊を無料ダウンロード頂けますので、ぜひお見逃しなく!

・日時:開始1月27日(火)17:00~ 終了1月30日(金)17:00
(Amazonの都合により、開始まで最大3時間程度の遅れがあります。ダウンロードの際は必ず価格0円をご確認下さい。)

・Amazonダウンロードページは、こちらから
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/B00SPT3KUK/

【FPMAG既刊のご案内】
・発売中のFPMAGの既刊一覧は、こちらから
⇒ http://goo.gl/oYTRmM

【編集部からのお願い】
愛読者の皆様、ダウンロード後は、ぜひAmazonへ本誌レビューを! お待ちしております。

今後とも、FPマガジンをよろしくお願い致します。


ファイナンシャルプランナー 明石久美
雑誌・新聞等メディア掲載実績、出版、執筆はこちら

セミナー講演の様子はこちら
アンケート結果・主催者・受講者の感想はこちら

セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら  
シニア向けセミナー、営業社員等への研修会なども行っております。
 ・老後準備や相続対策など老い支度セミナー
 ・エンディングノート作成セミナー
 ・遺言書セミナー
 ・成年後見セミナー
 ・相続・保険セミナー
 ・葬儀・お墓など終活セミナー
セミナー、講演、講座、研修会などの講師依頼はこちら

★講演地域:全国
北海道、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、静岡県、長野県、愛知県、三重県、和歌山県、大阪府、奈良県、兵庫県、広島県、島根県、香川県、高知県、愛媛県、鹿児島県など全国で行っております

◆明石シニアコンサルティング ホームページ「 終活・葬儀・老い支度相談所
◆理事長を行っている相続専門家チーム「 これから相続コンサルネット
◆代表理事を行っている一般社団法人しあわせらいふ協会

この記事を書いたプロ

明石シニアコンサルティング [[[ホームページ http://www.senior-consul.jp/ 終活・相続・老い支度相談所]]]

ファイナンシャルプランナー 明石久美

千葉県松戸市松戸新田575-25 ネクスト内 [地図]
TEL:047-703-7869

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演等テーマ・概要

■【分類】 老い支度、終活、エンディングノート、成年後見、遺言書、葬儀、墓、相続対策、相続手続き、悪質商法■【料金】 要相談 (なるべく添えるよう要相談にして...

相談等料金(税別)

■ 相談やサポートなど各種相談、遺言書作成、成年後見、死後事務委任、葬儀・お墓準備、相続手続き・死後整理(お墓・散骨・遺品整理・仏壇処分など)、ライフプラン作...

 
このプロの紹介記事
老後、葬儀、相続・死後整理を窓口1つでサポートするファイナンシャルプランナー 明石久美さん

窓口1つで老後対策、葬儀準備、相続手続を無駄なく、分かりやすくサポート(1/3)

 「終活」という言葉が生まれ、人生のエンディングや葬儀に関する話がタブーではなくなってきた今、生前の老い支度から、分かりにくい葬儀や死後の相続のことまで専門家に相談したいというニーズが高まっています。そこで、ファイナンシャルプランナー(FP...

明石久美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

老い支度・終活・相続対策など幅広い知識でのセミナーやコンサル

会社名 : 明石シニアコンサルティング
住所 : 千葉県松戸市松戸新田575-25 ネクスト内 [地図]
TEL : 047-703-7869

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-703-7869

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

明石久美(あかしひさみ)

明石シニアコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
朝日新聞の朝刊『なるほどマネー』の「葬儀とお墓を知る」執筆コラム掲載中
イメージ

2016年6月27日(月)より、朝日新聞の朝刊、なるほどマネーのコーナーで、「葬儀とお墓を知る」について執筆させて...

[ 書籍出版・執筆・掲載記事など ]

【一覧】セミナー・研修のテーマや概要
イメージ

 対応地域・テーマ分類など ■【分類】 老い支度、終活、成年後見、遺言書、エンディングノート、葬儀、お墓、...

[ セミナー・研修のテーマと概要 ]

76,000部売り上げ 『配偶者が亡くなったときにやるべきこと』
配偶者が亡くなったときにやるべきこと

ファイナンシャルプランナーの明石久美です。『配偶者が亡くなったときにやるべきこと 』(PHP研究所)が26回の...

[ 書籍出版・執筆・掲載記事など ]

3冊目増刷されました:家族が亡くなる前にやっておくべきこと(PHP研究所)
イメージ

2016年4月22日に、3冊目の書籍「家族が亡くなる前にやっておくべきこと」が出版され、3カ月程度で3刷り、10,300部...

[ 書籍出版・執筆・掲載記事など ]

講師を行ってきた毎日新聞社主催の終活・シニアライフセミナーの様子がUPされました
イメージ

2016年7月23日(土)に、毎日新聞社デジタルメディア局主催で、「終活・シニアライフセミナー」が行われました。午...

[ セミナー・研修の様子(老い支度・終活) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ