コラム

 公開日: 2016-08-30 

妊娠中に腰痛やぎっくり腰にならないための対策

腰痛と無縁だった人も、妊娠中に腰痛に悩まされることがあります。お腹が大きくなることで腰に負担がかかり腰痛が起こるのです。

また、体重が増加すると動くのが億劫になりがちで、姿勢が固まってこりや痛みが悪化してしまいます。それだけではなく、女性特有の体のメカニズムにより、骨盤周りが不安定になります。ぎっくり腰を起こさないためには、普段からのケアが大切です。

体型の変化とホルモンの影響で腰痛が起こる

妊娠初期の腰痛は、ホルモンのバランスから来るもので、生理痛のようなものです。

しかし妊娠5カ月から9カ月目に入ると、お腹が大きくなって前にせりだしてきます。大きくなったお腹で普段通りの生活をしなければならないので、腰への負担が大きくなります。

それに加えて、女性ホルモンの働きで、赤ちゃんが通りやすいように骨盤周りの筋肉や靭帯がゆるみます。これにより骨盤周りが不安定になり、腰に負担がかかります。その影響で、腰痛になったり足に痺れが出たりします。

ぎっくり腰に要注意

妊娠中に気を付けなければいけないのが、ぎっくり腰です。ぎっくり腰は靭帯や筋肉が損傷することによって起こります。

日常のちょっとした動作が引き金となり、物を持つときや、くしゃみが出た時など、なにかの拍子で起こってしまいます。腰への負担が大きくなる妊娠中に、ぎっくり腰になってしまう人は少なくありません。

症状は人それぞれで、その場で動けなくなる人もいれば、だんだん痛みが増してくる人もいます。ぎっくり腰が起こったら、まずは安静にして患部を冷やすことが重要です。

腰痛の予防と対策

腰痛やぎっくり腰を起こさないためには、背中や腰になるべく負担をかけないことを心がけると良いでしょう。

「重いものは持たない」「椅子には深く腰をかける」「掃除機の柄を長くして中腰になるのを避ける」など、日常生活の場面で気を付けるべきことはたくさんあります。

かといって、動かなくなると症状が悪化する可能性がありますので、散歩など適度な運動は必要です。

次に正しい姿勢をとることです。お腹の重みで重心が前に移動するため、上体はバランスをとろうと、腰を反り返らせてしまいます。

あごを引いてまっすぐ前を向き、腰を反り返らせないように気をつけましょう。立つ時は足をやや広めに開くと安定しますし、骨盤を支えるベルトやさらしを巻くのも有効です。

長時間、同じ姿勢をとることは避けましょう。一日の終わりにはゆっくりお風呂に入って、マッサージやストレッチをする習慣をつけるのも良いでしょう。

妊娠中は不快な症状をできるかぎり取り除き、肉体的にも精神的にも落ち着いた生活を送ってくださいね。

この記事を書いたプロ

さくら治療院 [ホームページ]

はり師 櫻井正一

千葉県船橋市三咲1-8-8 [地図]
TEL:047-447-5657

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
櫻井正一 さくらいしょういち

患者の声に耳を傾ける。洋の東西の垣根を越え全方向から症状にアプローチ(1/3)

 地域密着、地元の人に愛されて20年以上の治療院をご紹介します。さくら治療院の院長、櫻井正一さんは、鍼灸師、あん摩・マッサージ・指圧師として活躍していますが、取り入れている治療方法は洋の東西を問いません。その背景には、来院する患者の症状の問...

櫻井正一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

細かい触診・洞察力・熟練の施術・東西の医学知識で患者を健康に

医院名 : さくら治療院
住所 : 千葉県船橋市三咲1-8-8 [地図]
TEL : 047-447-5657

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-447-5657

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

櫻井正一(さくらいしょういち)

さくら治療院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
無理なダイエットは腰痛の原因

世の中はいろいろなダイエット方法がありますが、中には効果のないものや健康に悪影響を与える間違ったダイエット...

[ 腰痛 ]

腰痛が原因で、下痢や便秘になることも

慢性の腰痛は生活習慣と深い関わりがあります。便秘や下痢もまた、生活習慣の影響が大きい症状です。腰痛と下...

[ 腰痛 ]

腰痛と腹痛の併発に注意

腰痛の原因として考えられるものの多くは、関節や骨の異常ですが、早期治療が必要な内臓疾患が原因で、腹痛ととも...

[ 腰痛 ]

腰痛で寝るときなど楽な姿勢の紹介

立ち方や座り方で腰への負担が変わってくるように、寝る時の姿勢もまた腰痛と深い関わりがあります。適度な硬さの...

[ 腰痛 ]

腰痛は肝臓や腎臓などの内臓疾患が原因かも知れない

腰痛で苦しんでいる人はどのくらいいるでしょうか。厚生労働省の調査では「腰痛持ちは全国で2800万人」と推定...

[ 腰痛 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ