コラム

 公開日: 2016-08-18  最終更新日: 2016-12-07

頭痛によるしびれの原因


しびれを起こす原因はさまざまです。ビリビリするもの、ジンジンするもの、感覚がないもの、いろいろなしびれがありますが、日常生活に支障がない程度のしびれは、つい我慢してしまうものです。

しかし、しびれというのは神経からの注意信号で、深刻な病気が関わっている可能性もあります。たかがしびれと放置しておかずに、その原因を正しく理解することが必要です。

肩こり、頸(くび)こりが原因の場合

片頭痛や群発頭痛は血管の拡張によって起こりますが、緊張型頭痛は肩こり、頸(くび)こりに由来します。

頭から肩にかけての筋肉、側頭筋、後頚筋、僧帽筋などのこりが原因です。多くは長時間同じ姿勢をとることで生じます。特にうつむく姿勢は要注意です。

緊張した筋肉が、痛みを感じる神経を刺激して頭痛を起こし、その状態のまま放っておくと、手にしびれが発生します。予防のためには正しい姿勢を意識することが大切で、基本は、胸を張って顎を引くことです。

頚椎の異常が原因の頭痛・しびれ

頚椎椎間板ヘルニアは、肩周りのこりや痛みのほか神経に害が及ぶと手や足にしびれが現れます。

頸部変形性頸椎症は、椎間板がクッションの役割を果たさなくなると、それを補おうとして、椎間板の周りに骨棘という出っ張りができ、神経を刺激することでしびれが現れます。

このように、加齢による骨の変形によって神経根症状、脊髄症状としてしびれが起こり、その周辺の筋肉が緊張することによって頭痛を併発することがあります。

自律神経や心因性のしびれ

しびれの中には自律神経やストレスが原因とされるものもあります。

人は、リラックスしている時は毛穴が開き、血管が広がり、血流がよくなることで、脳や全身に酸素が行き渡ります。

ストレスや自律神経の乱れによって、このような機能が正常に働かなくなり、頭痛やしびれを起こすことがあります。

命に関わる疾患が原因の場合

気をつけなければいけないのは、しびれと同時に「手足のもつれ」や「ろれつが回らない」といった症状が出た時です。この場合は脳卒中の恐れがあります。

また後頭部片側に激痛とともにしびれや吐き気が出たときも、脳梗塞が疑われます。

さらに激しい頭痛とともに、右半身、左半身がしびれるような場合も危険信号ですので、速やかに医療機関を受診するようにしましょう。

検査をして異常が見当たらなかった場合、まずは命にかかわる疾患がなかったということでひと安心ですが、これから長い付き合いになるかもしれないしびれ、頭痛と向き合い、生活改善や適度な運動を行うなど、適切な対処を行いましょう。

頭痛は、ひどい肩こりが原因かも?
頸(くび)の痛み・こりによる、頭痛や吐き気の原因
頚(くび)の痛み・こりによる頭痛やめまいの原因
頚(くび)の痛み、こりによる、頭痛や微熱、発熱の原因

この記事を書いたプロ

さくら治療院 [ホームページ]

はり師 櫻井正一

千葉県船橋市三咲1-8-8 [地図]
TEL:047-447-5657

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
櫻井正一 さくらいしょういち

患者の声に耳を傾ける。洋の東西の垣根を越え全方向から症状にアプローチ(1/3)

 地域密着、地元の人に愛されて20年以上の治療院をご紹介します。さくら治療院の院長、櫻井正一さんは、鍼灸師、あん摩・マッサージ・指圧師として活躍していますが、取り入れている治療方法は洋の東西を問いません。その背景には、来院する患者の症状の問...

櫻井正一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

細かい触診・洞察力・熟練の施術・東西の医学知識で患者を健康に

医院名 : さくら治療院
住所 : 千葉県船橋市三咲1-8-8 [地図]
TEL : 047-447-5657

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-447-5657

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

櫻井正一(さくらいしょういち)

さくら治療院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
無理なダイエットは腰痛の原因
イメージ

世の中はいろいろなダイエット方法がありますが、中には効果のないものや健康に悪影響を与える間違ったダイエッ...

[ 腰痛 ]

腰痛が原因で、下痢や便秘になることも
イメージ

慢性の腰痛は生活習慣と深い関わりがあります。便秘や下痢もまた、生活習慣の影響が大きい症状です。腰痛と...

[ 腰痛 ]

腰痛と腹痛の併発に注意
イメージ

腰痛の原因として考えられるものの多くは、関節や骨の異常ですが、早期治療が必要な内臓疾患が原因で、腹痛とと...

[ 腰痛 ]

腰痛で寝るときなど楽な姿勢の紹介
イメージ

立ち方や座り方で腰への負担が変わってくるように、寝る時の姿勢もまた腰痛と深い関わりがあります。適度な硬さ...

[ 腰痛 ]

腰痛は肝臓や腎臓などの内臓疾患が原因かも知れない
イメージ

腰痛で苦しんでいる人はどのくらいいるでしょうか。厚生労働省の調査では「腰痛持ちは全国で2800万人」と推...

[ 腰痛 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ