コラム

 公開日: 2016-08-14 

目の疲れによる頭痛と肩こり

人は、情報の約8割を目から受け取るというのが定説です。しかし、体の健康に気を配る人はいても、目の健康については忘れがちではないでしょうか。

今の世の中は、子どもからお年寄りまで、目を酷使する環境にさらされています。

時間を忘れて細かい作業に没頭することはありませんか?
一所懸命目を凝らして仕事や家事をこなしていると、そのあと目が疲れたと感じることがあると思います。

しかし、目の疲れは放置しておいても朝起きれば落ち着いてくるので、特にケアすることもなく日々を過ごしている方もいらっしゃるでしょう。しかし、目の疲れがたまると、目だけではなく、全身の健康に影響が出るものです。
ケアを怠らず、普段から目をいたわっていれば、肩こりや頭痛改善にもつながります。

眼精疲労の原因

パソコンやスマートフォンの普及に伴い、現代人の多くが眼精疲労に陥っています。

近くのものを見続けたり、まばたきの回数が減ったりすることで、目の周りの筋肉が疲労します。症状としては、目が乾いてチカチカしたり、ピントが合いにくくなったり、目の中に異物が入っているような感じがしたりします。

その状態が慢性化すると、目の周りの筋肉が常に硬直し、血管が圧迫され、目の健康を維持するために必要な栄養素が供給されにくくなります。そして、目だけにとどまらず、頭痛や肩こり、頸(くび)の痛み、倦怠感なども出てきます。

目の疲れの予防と対策

まず、毎日目を使う環境を見直してみましょう。

デスクワークや読書をする場合、明るさは十分でしょうか?また、良い姿勢がとれているでしょうか?
長時間パソコンと向き合っていると、光と色の刺激によって目の疲労につながります。

したがって、こまめに休憩をとって目を休めたり、体のこりをほぐしたりするようにしましょう。また、室内が乾燥しているのも、ドライアイの原因となるので注意しましょう。

睡眠不足やストレスも眼精疲労の原因のひとつと考えられますので、十分な睡眠をとり、ストレス解消に努めましょう。

以上のように、目を健康な状態に保つためには、目だけではなく心身すべての健康を考えることが大切です。

目の病気が隠れている場合もある

中には、なんらかの病気が原因で眼精疲労に陥るケースもあります。

結膜炎、白内障、緑内障などの目の疾患だけでなく、糖尿病、高血圧、動脈硬化、心臓病、生活習慣病からも眼精疲労を起こすことがあります。このような場合は、原因となる病気を治療することで目の疲れの解消を目指すことができます。

この記事を書いたプロ

さくら治療院 [ホームページ]

はり師 櫻井正一

千葉県船橋市三咲1-8-8 [地図]
TEL:047-447-5657

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
櫻井正一 さくらいしょういち

患者の声に耳を傾ける。洋の東西の垣根を越え全方向から症状にアプローチ(1/3)

 地域密着、地元の人に愛されて20年以上の治療院をご紹介します。さくら治療院の院長、櫻井正一さんは、鍼灸師、あん摩・マッサージ・指圧師として活躍していますが、取り入れている治療方法は洋の東西を問いません。その背景には、来院する患者の症状の問...

櫻井正一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

細かい触診・洞察力・熟練の施術・東西の医学知識で患者を健康に

医院名 : さくら治療院
住所 : 千葉県船橋市三咲1-8-8 [地図]
TEL : 047-447-5657

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-447-5657

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

櫻井正一(さくらいしょういち)

さくら治療院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
無理なダイエットは腰痛の原因

世の中はいろいろなダイエット方法がありますが、中には効果のないものや健康に悪影響を与える間違ったダイエット...

[ 腰痛 ]

腰痛が原因で、下痢や便秘になることも

慢性の腰痛は生活習慣と深い関わりがあります。便秘や下痢もまた、生活習慣の影響が大きい症状です。腰痛と下...

[ 腰痛 ]

腰痛と腹痛の併発に注意

腰痛の原因として考えられるものの多くは、関節や骨の異常ですが、早期治療が必要な内臓疾患が原因で、腹痛ととも...

[ 腰痛 ]

腰痛で寝るときなど楽な姿勢の紹介

立ち方や座り方で腰への負担が変わってくるように、寝る時の姿勢もまた腰痛と深い関わりがあります。適度な硬さの...

[ 腰痛 ]

腰痛は肝臓や腎臓などの内臓疾患が原因かも知れない

腰痛で苦しんでいる人はどのくらいいるでしょうか。厚生労働省の調査では「腰痛持ちは全国で2800万人」と推定...

[ 腰痛 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ