コラム

 公開日: 2012-10-31 

「模試についての注意点!」

「模試についての注意点!」

みなさんが必ずどこかで受ける模試について、今回はお伝えします。

この内容は、Professional-Teacher会員生に配っている「大学受験の重要鉄則」から今回は
お伝えします。

受験での落とし穴にもなりやすい点ですので、しっかりと押さえておきましょう。

さて、模試についてですが、あなたはもしかして、「あぁ~今回は、偏差値●●だった。下がったなぁー。」とか
「今、偏差値50だけど、このままでどうするんだよ。」なんて一喜一憂していませんか?

駄目ですよ?

模試というのは、どの模試でもそうですが、その目的は、決して合格ラインに達しているか
どうか?ではありません。
よくみなさんは、合格ラインに達した、達してないという、結果だけを気にします。
もし、模試で「あなたは、A判定。合格するでしょう。」といわれたら、本当に合格する
と思えるのですか???
それでも、こう思うでしょ?
「模試だからなぁ。本番だったらいいんだけど。大丈夫かな。不安」
やっぱり不安になる。
そしてまた、偏差値●●しか気にしない人もいます。
「今回は上がった下がった。」
「偏差値●●だから、このくらいの大学かな・・。」なんて。

そもそも、今現在の偏差値であり、今現在の成績での結果です。
そして、その模試は、やっぱり大学学部の傾向とまったく同じなのでしょうか?
そういう模試は、実は一つもありません。模試は模試。あくまで参考にすぎません。
ましてや、それが高校2年であれば、当然高校2年生の範囲からしか出てないわけで、
受験当日の実力では全くありません。だから、合格可能性も偏差値も、まったく合格という
意味からいうのであれば、意味がないんです。
また、そのテストがたとえば、夏に受けた大学受験模試だったとする。
それでC判定だ・・と落ち込むのも、やはり大間違い。

もし、今、大学受験レベル模試がA判定出ている人ならば、勉強することは残り半年、何もない
はずですよね。Professional-Teacherは、そういう人で落ちている人を何人も知っています。
そして、さらに、その人が高校生であるならば、時間がないのは当然ですから、模試でA判
定なんて、そうそうとれるわけがありません。
(もちろん、レベルがそれほどない大学であれば別ですが・・)
つまり重要な事は何か?というと、「当日、その時に、合格ラインに達していればいいので
あって、模試の段階で達している必要はまったくない」ということ。
模試はあくまでその傾向や解答の仕方(マークや記述)が異なる以上、合否は計れないという
事なんです。
そして、もし、模試の結果に一喜一憂していれば、当然、一貫した勉強ができるわけがありま
せん。

一回ごとに、勉強の方針は変わり、合格がおぼつかないのは当たり前。
「あ、今回数学悪かったから、数学やろう。」「あ、今回は、英語だ」「今回は・・」なんて、
最悪です。
きちんとした、受験までのプランに基づいて計画を実行することが重要なんです。
「計画の立て方」でお話しましたよね。戦略を長期計画で作り、そこから、日々何をやるかを
考えていくのだと・・。
大丈夫でしょうか?
それでは、模試は、どのように活用したらいいのか?? それをきちんと、おさえましょう。

模試=自分の勉強の内容について、あくまでその一部分の達成度を見るために使う
ということができます。

つまり、もちろん、長期計画から考えることが大切ですが、今回の模試では、英語の文法が
取れるかどうか?をチェックしよう、とか、日本史の鎌倉時代については、全部満点をとれる
かどうか?を見よう。というように、自分の計画の中で、やった部分のの達成度を見るのです。
もちろん、模試にもいろいろあります。

たとえば、大学別模試。
早稲田大学模試や東大模試など、大学の傾向や内容にあわせて出てくる模試がありますよね。
これに関しては、できれば、総合的に合格点に行ったかどうか?にこだわってもいいと
思います。回数も1~2回と少ないですから、時間配分などを考えたり、自分の得意科目と
不得意科目のバランスの中で合格判定をとれるか?など、大きな目的でかまいません。
しかし、それ以外の模試に関しては、あくまで自分の中での部分達成度が
どのくらいか?を見るというやり方をしてください。
決して、一喜一憂しないように。

マーク模試は、あくまで「センター用」ですから、私大の人はまったく傾向が違うので参考に
はできませんね。模試にもいろいろあるので、しっかりと選んでくださいよ。
最後に、「今回、自分がココはとる」と思って望んだにも関わらず、取れなかった場合は、
大いに反省してください。自分の中では、勉強が終わっているにも関わらず、取れてないん
ですからね。それは大問題ですよ。
たとえば、鎌倉時代に関しては、必ずとる。
といっておきながら、鎌倉時代もぼろぼろ・・では、駄目です。
いつまでたっても、ゴールには届きません。その点、しっかりとしてみてください。

あくまで、分野別に見ることが限界です。

同じマークだから、私大の合否判定に使う・・なんて、まったくありえません!!
きちんと傾向を捉えていかないと、いくらマーク模試の成績がよくても、合格はないですからね。

模試の傾向、大学別の傾向。
それに合わせて勉強していく毎日になるよう、しっかりと日々歩んでいきましょう。
             
        
                 ~Professional-Teacher会員用鉄則「大学受験の鉄則」より抜粋~



Professional-Teacherでは、「自分が今の段階から、どうしたら合格できるのか?」と言う点を重視しています。

それは、志望大学の分析から入り、今のあなたの状況から何が足りないか?を特定し、どう攻略していくのか?という
Planを作ります。その上で毎日のサポートをうけながら、合格までの毎日を一直線に歩んでいく。

・大学受験で重要なこと(「大学受験の鉄則」など)
・自分の目指す大学・学部の傾向と分析(「大学分析」など)
・自分がどうやったら合格できるのか?(「年別合格Plan」と「Plan解説書」)
・各科目、どう勉強していったら効率が良いのか?(「科目別鉄則」など)

・今月は何をするのか?(「月Plan」など)
・今月のアドバイス(「今月のポイント・手紙」)
・毎日の質問や相談(「質問サポート・相談サポート」)
・今月の進度チェック(「定期診断」など)

毎日をサポートしていくという新しい形でもあり、予備校のように「授業を受ける場所」というのとは違います。
でも、プロ家庭教師として10年以上の経験から、一番重要だと思うものはすべて含めたシステムです。

「己を知り、相手を知れば百戦危うからず」

Pro-Tの座右の銘にもなっているのですが、相手をしっかりととらえ、自分の位置からスタートする受験勉強を
進めてみてください。

合格は、決して偶然ではありえなく、また、努力は必ず結果に結びつきます。
1歩1歩、自分を信じて頑張っていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「合格への道」は、Professional-Teacherが作る。

 君は、合格を目指し、諦めずに走る事。それが唯一の約束。

 最後の最後まで一緒に頑張っていこう!!

                      Professional-Teacher

                 http://www.professional-teacher.com/
                  professional-T@e-mail.jp
                  0120-925-393(一般電話)
                 050ー5822ー5743(一般電話・携帯電話)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を書いたプロ

Professional-Teacher大学受験突破塾 [ホームページ]

塾講師 熊谷修平

千葉県船橋市本町6-2-10-806 [地図]
TEL:050-5822-5743

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格する方法とは?

「学校だけで、本当に大丈夫?」「成績が上がりたい!」「点数が出ないので、何とかしたい!」「予備校に行っていればあがるの?」「大学受験はこれからだけれど、...

プロ指導コース概要

概要:・プロが、「現状のあなた」と「志望大学の傾向」から「個別指導Plan」を作成。    ・「大学受験の重要知識」や「科目別勉強方法」のレクチャー。    ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
個別指導で無駄なく志望大学へ導くProfessional-Teacher大学受験突破塾代表・熊谷修平。

やる気はあるけど方法が分からない大学受験生を、志望校へ一直線に導く(1/3)

 「大学全入時代と言っても、価値のある大学とそうでない大学の二極化が進み、難関大学の倍率はむしろ高くなっています」と、Professional-Teacher大学受験突破塾代表の熊谷修平さん。熊谷さんはプロ家庭教師を10年以上続けて多くの実...

熊谷修平プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

一人一人の合格プランを作り、個別フォローで無駄なく志望大学へ

屋号 : Professional-Teacher大学受験突破塾
住所 : 千葉県船橋市本町6-2-10-806 [地図]
TEL : 050-5822-5743

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-5822-5743

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

熊谷修平(くまがいしゅうへい)

Professional-Teacher大学受験突破塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

Pro-Tさんのおかげで、迷うことなく一直線に!!

<志望大学合格Planについて> 毎月、自分にあったPlanを送...

M.K
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
余裕で受ける人がいるだろうという勘違い。

こんにちは。Professional-Teacherです。2月に入りましたね。受験シーズン到来です。受験生のみなさん。最後...

[ 大学受験で大切なこと ]

最後の最後、勝負に勝つために大切なこと。

=ご挨拶=こんにちは。Professional-Teacherです。センター試験が終了しました。でも、戦いはまだ終わって...

[ 大学受験で大切なこと ]

センター試験で重要なこと!

こんにちは。Professional-Teacherです。本格的に、寒くなってきましたね。今週末は、雪も降った所も多いとの...

[ 大学受験で大切なこと ]

モチベーションの管理

=ご挨拶=こんにちは。Professional-Teacherです。受験へ向けて、受験生は日々頑張っている事と思います。...

[ 大学受験で大切なこと ]

今からで間に合うの?という疑問

こんにちは。Professional-Teacherです。受験生は、今の時期、誰もが不安と戦いながらも必死に頑張っている時期...

[ 大学受験で大切なこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ