コラム

 公開日: 2012-09-30  最終更新日: 2012-11-01

大学受験でまずやるべき第一歩!とは?

こんにちは。
Professional-Teacherです。

今回は、第一回目として、大学受験をスタートしていく上で「必ずやらなければならない」点を
書きたいと思います。

これが出来ていない人は、回り道を必ずするという内容。
まず、高校1年生であっても、受験生であっても、受験では遠回りしていては、合格は出来ません。
(この事は、大前提ですが、みんな意外に忘れがちですね)

なぜなら、受験は「時間が限られている試験」だからです。

もし、時間に制限がなければ、何度でも挑戦すればいいし、そのうちにわかってくることもある。
でも、残念ながら、受験は時間が限られている試験です。

その時間内で、どれだけのレベルにいけたのか?で合否・志望大学、そして将来が決まります。
「時間が限られている試験」であれば、当然、「回り道をしている事」=「不合格」です。

今回の話題は、そんな回り道をしないためにはどうすればいいのか?
それをお伝えします。


さて、
「こういうやり方、どうなのかな?やっぱり単語かな?俺は。」
「この参考書、どう?」
「まずいなぁ、成績があがらねぇ」
「受験どうしよう・・」

毎年、大学受験に焦る生徒から聞かれる決まり文句です。
こんな会話をしているとすれば、それは、まだ何も受験勉強は始めていないに等しいという事になります。

さて、合格へ1つの条件として出来ていなければならない事を言います。

それは、自分の目指す「大学までの道のりがはっきりと決まっていること」です。

1)合格するためには、どういう分野の、どういう内容が出来なくては
  ならいのか?(自分の目指す大学・学部の傾向把握)

2)自分が今出来ているのは、何で、何が出来てないのか?
  (自分の位置を把握する)

3)そのギャップを埋めるために必要な方法はどういう方法が最適か?
  (最適な方法をしっかりと見定める)

まずは3つ。

最低3つです。

あなたは、出来ていますか?

ちなみに、予備校はやってくれません。
当たり前ですが、個別に1人1人見れるのであれば、あれほど生徒を抱えられるはずが
ないのです。
そして、予備校は、あくまで「わかりやすい授業をしてくれる場所」であるだけで、
決して行ったら合格できる場所でもありません。

さて、話を元に戻して、この3つ。
もちろん、1つ1つが、不十分であればあるほど、合格は遠のきます。

あくまでこれが出来てない状況では、何をやっても合格はしません。

当然だと思いませんか?
だって、時間が限られている中、GOALまでの道のり、その行き方がわかっていないのに、闇雲に
やってGOALに辿りつけたなら、それは奇跡です!

10年以上指導してきているプロが、保証します。(笑)

例を挙げれば簡単な事。考えてみてください。

例)あなたが、東京の都庁に行こうとしましょう。

みなさんは、都庁行ったことありますか?

では、行ったことがない人は、どうしますか?
いきなり、こっちかな・・・と歩き始めるでしょうか?

無ければ、当然、どこにあるのか?

1)地図できちんと確かめなければならないはずです。
  都庁の位置は?

そして、

2)今、自分がいる所はどこなのか?

それもきちんと把握するはずです。
家なのか、駅なのか・・・?までしっかりと。

更に!

3)行き方をきちんと調べてなければ行けません。

電車で、「○○駅」で降りればいいんだな?
こういう方法で行くと遠回りなんだな。

この3つをきちんと出来て、都庁にたどり着くことができるんですよね。
もし、それを曖昧なまま、とにかく東京に行けばなんとかなる??
とりあえず東だ!!
なんて・・・・なってしまったら。

迷ってて、遠回りして・・・ハイ、時間切れです。

少なくても、しっかりと特定出来ている人と比べて、時間がかかるのは言うまでもない。

もう一度いいますが。「受験」は、当然、受験の日までの期間は限られている戦いです。
その時間内にたどり着くことができなければ、もちろん不合格。

回り道をしている暇なんて、ありません。

いや、もし、いい加減にやりたいなら、いいんです。
不合格になりたいなら、それでOKです。

でも、合格したいなら?

みなさん、出来ていますか?

これ、ほんとに重要ですよ。

Pro-Tでは、最初に、しっかりとその「合格への道のり」(=Plan)を必ず個別に作成していきます。
目指す志望大学の傾向とあなたの今の現状から出来る「合格Plan」です。
これがあるからこそ、途中迷わず、時間内にGOALすることが出来る。
大学受験の第一歩なんです。

無駄なく、きちんと合格するために。
自分の未来を開くために。

今、自分が進む道。再度検証してみてください。

「あなたの道。しっかりと合格へとつながっていますか?」

勝負は、もう始まっています。

頑張っていきましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「合格への道」は、Professional-Teacherが作る。
君は、合格を目指し、諦めずに走る事。それが唯一の約束。
最後の最後まで一緒に頑張っていこう!!

Professional-Teacher
http://www.professional-teacher.com/
professional-T@e-mail.jp
0120-925-393(一般電話) 
050ー5822ー5743(一般電話・携帯電話)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を書いたプロ

Professional-Teacher大学受験突破塾 [ホームページ]

塾講師 熊谷修平

千葉県船橋市本町6-2-10-806 [地図]
TEL:050-5822-5743

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格する方法とは?

「学校だけで、本当に大丈夫?」「成績が上がりたい!」「点数が出ないので、何とかしたい!」「予備校に行っていればあがるの?」「大学受験はこれからだけれど、...

プロ指導コース概要

概要:・プロが、「現状のあなた」と「志望大学の傾向」から「個別指導Plan」を作成。    ・「大学受験の重要知識」や「科目別勉強方法」のレクチャー。    ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
個別指導で無駄なく志望大学へ導くProfessional-Teacher大学受験突破塾代表・熊谷修平。

やる気はあるけど方法が分からない大学受験生を、志望校へ一直線に導く(1/3)

 「大学全入時代と言っても、価値のある大学とそうでない大学の二極化が進み、難関大学の倍率はむしろ高くなっています」と、Professional-Teacher大学受験突破塾代表の熊谷修平さん。熊谷さんはプロ家庭教師を10年以上続けて多くの実...

熊谷修平プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

一人一人の合格プランを作り、個別フォローで無駄なく志望大学へ

屋号 : Professional-Teacher大学受験突破塾
住所 : 千葉県船橋市本町6-2-10-806 [地図]
TEL : 050-5822-5743

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-5822-5743

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

熊谷修平(くまがいしゅうへい)

Professional-Teacher大学受験突破塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

受験を通じて、強くなった自分がいます。

<合格Planについて> 「1年の、いつ、どのくらいの期間で、...

S.I
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
余裕で受ける人がいるだろうという勘違い。

こんにちは。Professional-Teacherです。2月に入りましたね。受験シーズン到来です。受験生のみなさん。最後...

[ 大学受験で大切なこと ]

最後の最後、勝負に勝つために大切なこと。

=ご挨拶=こんにちは。Professional-Teacherです。センター試験が終了しました。でも、戦いはまだ終わって...

[ 大学受験で大切なこと ]

センター試験で重要なこと!

こんにちは。Professional-Teacherです。本格的に、寒くなってきましたね。今週末は、雪も降った所も多いとの...

[ 大学受験で大切なこと ]

モチベーションの管理

=ご挨拶=こんにちは。Professional-Teacherです。受験へ向けて、受験生は日々頑張っている事と思います。...

[ 大学受験で大切なこと ]

今からで間に合うの?という疑問

こんにちは。Professional-Teacherです。受験生は、今の時期、誰もが不安と戦いながらも必死に頑張っている時期...

[ 大学受験で大切なこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ