コラム

 公開日: 2014-06-25  最終更新日: 2016-10-16

理科実験 韓国船はなぜ沈んだか~その1~

若い子供達が大勢乗った船が沈没するという本当に痛ましい事故が起こった。
この事故の真相を知れば知るほど、あまりにも科学的に「無謀」と思われることの連鎖が原因であるとわかってくる。では、ということで、最近ポラリスは特別授業「韓国船はなぜ沈んだか」というのをやりましたのでアップします。
たくさんの方々が亡くなったこの事故を授業の題材にするのは不謹慎、という意見もあるだろうけど、私は逆だと思う。こうした事故の原因を理解する、ということは、子供たちに万一の危機に際しての回避の可能性を与えることになる。また、深い科学的理解を通じて、こうした悲惨な事故を起こさない社会を作る力強い社会人にきっとなってくれる、と思うからだ。そしてそれらのことこそが、亡くなった方々への最大の供養だと僕は信じている。
今回の事故は船長が我先に逃げ出したことや、船員たちの不適切なアナウンス等、人災と言われてもしかたながない。しかし、今回は純粋に科学的側面にスポットライトを当てて実験授業をしていきます。

さて、船にとって大事なことはなんだと思う?それは波や風などで傾いてもすぐに元の状態に戻れることだ。この元に戻ろうとする力を「復元力(ふくげんりょく)」というよ。傾いて、万一船に水が入ってしまうと、浮力が無くなってすぐに沈没ということになりかねないからね。では、ここでおきあがりこぼしを使った実験を見てみよう。これは僕がガムテープの芯とか、磁石を使って作ったものだ。 物体の重さの中心を「重心(じゅうしん)」というけど、実験を見ての通り、「重心が低いほど、復元力が強くおきあがりこぼしは安定し、重心が高いほど復元力が低下し、おきあがりこぼしは不安定になる。」ことわかるだろう。そして、このおきあがりこぼしは海上に浮いている船とまったく原理は同じなんだ。つまり船の安定にも「低い重心」が求められるんだ。



まず船の構造を見てみよう。おおざっぱだけど、こんな感じになっているよ。最下層にはバラスト水という水が大量に入っている。この水がおきあがりこぼしの「重り」と同じ役目をはたしている。その上が荷室で、積荷が入るところだ。

船の構造


では事故までどのような経緯をたどったか説明をして行こう。実はこの韓国船セウォル号、20年ほど前には日本で就航していた船だったんだ。それが、韓国に中古船として売られて改造された。この時、客室が増設されて、重心が50センチ以上上がってしまった事がわかっている。復元力は大幅に低下してしまったんだ。

事故の経緯①

そして、事故の時、このセウォル号は積荷を規定の3.6倍も積んでいた。これは明らかに違法なのだけど、いかんせん、このままでは積荷の重さだけで沈んでしまうので彼らは何をしたと思う?なんとバラスト水をほとんど抜いてしまったんだ。積荷の重さの変化をバラスト水で調節することはよくあることだ。だが、ほとんど抜いてしまうとどうなるのか。もう、重心は思いっきりあがり、復元力がとんでもなく低下してしまうのはわかるだろう。

事故の経緯②

そして、通常、燃料タンクは荷室の下、バラスト水の中にある。船は港を出て12時間たっており、燃料は相当に消費していたはずだ。するとますます船の重心は上がってしまい、復元力は極限まで低下していたと思う。事故直前には、船はうどうにもならないくらい不安定になっていったんだね。

事故の経緯③
続く

                             柏の理数系なら天文台までついている学習塾ポラリス

この記事を書いたプロ

学習塾ポラリス [ホームページ]

塾講師 北川実

千葉県柏市常盤台5-16 常盤台ハイム1階 [地図]
TEL:04-7105-7875

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
生徒様・ご父兄様の声

☆ 小学1年生の時からずっとポラリスに通わせていただきました。小学生のうちは学習する内容も易しいものでしたが、中学生になって急に難しくなりびっくりしました。し...

塾長のひとりごと

ある晩、夜も10時も回ったころ、塾では試験期間という事もあり、まだ二人、居残って勉強していた。そこへ、懐かしい顔の来訪者が・・・・・・「先生、お久しぶ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
北川実 きたがわみのる

集団的個別指導と理数の体験学習で、子どもが持つ力を最大限に伸ばす(1/3)

 各最寄駅から徒歩約20分。決して恵まれているとは言えない立地ながら、近隣のみならず、市内遠方や長期休暇には県外の生徒までがわざわざ通学を希望する個人塾が柏市にあります。その名は学習塾ポラリス。指導対象は小学1年生から中学3年生としています...

北川実プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

生徒の能力を最大限に伸ばす柔軟な指導力と体験型学習

屋号 : 学習塾ポラリス
住所 : 千葉県柏市常盤台5-16 常盤台ハイム1階 [地図]
TEL : 04-7105-7875

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

04-7105-7875

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北川実(きたがわみのる)

学習塾ポラリス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

2014年春、合格者・ご父兄様の声 ~その2~

☆ 自分の公立受験はとても絶望的で模擬試験でもD評価がやっと...

BB
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
理科実験 竜巻発生装置 Go !
イメージ

今から4年前、僕はちょうど筑波に居た。そこで、生まれてはじめて、「竜巻」に遭遇したのだった。これ、みんな私...

[ 理科関連 ]

理科実験 進め!ポンポン船
イメージ

今日は、ポンポン船の制作。まず、近くの日曜大工のお店で3mm径の細いアルミパイプを買ってくる。ちょっと曲...

[ 理科関連 ]

理科講義 「生命大躍進展」に行ってきました。
イメージ

上野の国立科学博物館で「生命大躍進展」が開催されていましたので、行ってきました。生命誕生から我々に通じる...

[ 理科関連 ]

理科講義 「はやぶさ2」が解明する生命の起源 ~僕たちは、どこからきたのか~

「はやぶさ2」が12月3日に打ち上げらました。「初代はやぶさ」は実験機でしたが、「2」は実用機であり、さ...

[ 理科関連 ]

理科実験 空き缶を使った大気圧の可視化

生徒たちが、またまた「実験して~」とかしましい。う~ん、今度は何をしようと教室を見渡すと・・・・なぜだ...

[ 理科関連 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ