堀籠芳明

ほりごめよしあき

完全オーダーメイド指導 宮本塾

[ 船橋市 ]

職種

コラム

 公開日: 2017-06-19  最終更新日: 2017-06-20

記述問題が苦手な人へ

塾生にも多いですが、「それは何か、答えなさい」という一問一答のような問題ではなく、「それはなぜか、簡単に説明しなさい」といういわゆる記述問題を苦手とする生徒はかなり多いように思います。前者のような問題には答えられる生徒が記述問題になるといきなり拒絶反応を示し、何を書いたら良いのかわからないという声を聞きます。中には、テストにおいても全く書かず、白紙のまま提出する子もいます。今日はみなさんが苦手とする記述問題の解き方だったり書き方についてお話ししたいと思います。





記述採点の裏側


記述問題について、皆さんはどのようにお考えでしょうか。完璧できれいで相手を納得させるような説明を書かなければならないと思っているかもしれませんね。もちろんそれも間違いではありませんが、皆さんは評論家でもプレゼンテータではありません。ただただその問題で点数を取ることだけを考えればいいのです。ですので、採点者の立場になって記述問題を考えてみることにしましょう。私も職業柄、試験問題の採点をしばしばするのですが、そこには記述問題の採点も含まれています。塾内で作成した試験問題に含まれる記述問題の採点方法は私個人の裁量で得点をつけることになりますが、そのやり方は昔ある大きな組織の中で学んだ採点方法を踏襲していると言えます。つまり、どこの塾や教育機関でも同じだと思いますが、記述問題の採点は、採点者の独断と偏見でなされているわけではなく、ある一定のルールがあるということです。一人の採点者がすべての記述問題の答案を採点するならまだしも、入試などの膨大な量の採点をしなければならない場合、ある基準を設けていないと不公平さが生じてしまうのはすぐにお分かりになるのではないでしょうか。ではその採点の基準とは何でしょうか。


記述も結局は一問一答


入試などの非常に大切な答案用紙の採点を経験したことは私にはありませんので、推測にはなりますが、数多くいる採点者には記述問題の採点の際、予め得点に必要な「キーワード」が伝えられていると思われます。「この言葉が書いてあれば2点、これもあればさらに2点」といった具合に。実際私が昔大きな塾で採点業務をしていたときも記述の模範解答の記述にキーワードとなる言葉に下線が引かれ、さらにその下には点数が付されていました。どこもそのように記述問題を採点していて、実際に私もそのように記述問題を採点しています。というより、そうするしか方法がないのです。これ以外の方法をとってしまうと不公平だとか客観性に欠けると言われる恐れがあるのです。その点キーワードによる記述の採点方法であれば「この言葉がなかったから2点減点だよ」というように点数の妥当性を説明できるので、クレームを回避することができるのです。ここまで書いてくればお分かりになる方もいるかと思いますが、極論を言ってしまえば記述問題では「キーワードとなる言葉さえ書いていれば得点できる」ということにもなってしまうのです。例えば「日比谷焼き討ち事件がなぜ起こったか簡単に説明しなさい」という問題のとき、模範解答としては「戦費として重税に耐えたにもかかわらず、ポーツマス条約で賠償金をもらえなかったことに国民が憤慨したから」というものが考えられます。ここでのキーワードとなる言葉は「重税」や「賠償金」ということになるでしょう。説明しなさいと言われている以上、さすがに「賠償金」とか単語だけを書いては得点の望みは薄いですが、文章になっていてキーワードを盛り込んであれば必ずと言っていいほど点数はもらえます。つまりきれいな日本語で書こうなんて思わなくいいのです。極端な話、おかしな日本語で書いている自分でも意味がわからなかったとしてもキーワードを入れて文章にすれば点数は拾えるのです。お気付きになりましたよね。キーワードというのは冒頭に示した一問一答に他なりません。つまり、記述問題の正体は単なる一問一答の形を変えたものにすぎなかったのです。そう考えれば今まで記述問題を恐れていた人もだいぶ気持ちが楽になるのではないでしょうか。

最後に白紙で解答を出すのは絶対にいけません。たとえキーワードとなる言葉も全くわからず何を書いたらいいかわからなかったとしてもなにか書いてください。最悪問題文を書き写すでも構いません。もしかしたらその問題文の中にキーワードが含まれてる可能性だって0ではないのです。このようながむしゃらな姿勢で1点1点を積み重ねていくこと、積み重ねていこうとする意志が必ず土壇場で大きな力を発揮するでしょう。

《プロのコラム一覧はこちら》

 コラム一覧へ


《おすすめコラム》

 受験ノウハウ-一流の受験生の質問- 
 受験生必見!学校や塾の先生への意外な質問方法を紹介しています!明日から実践できる質問方法です!ぜひご覧ください!

《宮本塾ホームページ》

宮本塾の紹介動画も公開中!!
ぜひご覧ください!
 宮本塾ホームページへ

この記事を書いたプロ

完全オーダーメイド指導 宮本塾 [ホームページ]

塾講師 堀籠芳明

千葉県船橋市宮本1-9-4 [地図]
TEL:090-1055-3819

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
堀籠芳明 ほりごめよしあき

成績アップの喜び、勉強の楽しさを実感!成績アップで志望校合格への最短経路を進みましょう!(1/3)

 「勉強は楽しい?」と問われ「楽しい!」と答えられる中学生は多くはありません。そんな子ども達に共通するのは「成績が上がれば楽しいだろうけど、どうしたらいいかわからない」という歯痒い思い…。そんな思いに応えるのが、船橋市宮本にある「宮本塾」。...

堀籠芳明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「成績アップサイクル」に導き、勉強を楽しいものに!

屋号 : 完全オーダーメイド指導 宮本塾
住所 : 千葉県船橋市宮本1-9-4 [地図]
TEL : 090-1055-3819

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1055-3819

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

堀籠芳明(ほりごめよしあき)

完全オーダーメイド指導 宮本塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
RPG勉強法
イメージ

私は「ドラゴンクエストV―天空の花嫁―」というゲームが大好きです。幼少期から主人公のストーリーが始まり、...

[ 中学生・高校生 ]

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会の抽選
イメージ

いよいよ明日6月21日は夏の高校野球千葉県大会の抽選日ですね!私が高校三年生のときの第88回からもう11年が経...

[ 中学生・高校生 ]

受験ノウハウ―一流の受験生の質問―
イメージ

入試や学校のテストで何が出題するか知りたくないという人はいないと思います。何が出るか予めわかっていればその...

[ 大学受験生・高校受験生 ]

目標を達成するには
イメージ

だれにでも目標とするものはあると思います。受験生にとってそれは志望校への合格として凝縮されます。受験生、さ...

[ 大学受験生・高校受験生 ]

0で割ること
イメージ

私は宮本塾で数学を中心に教えております。中野と申します。「あんた誰だ?」と思われる方も多いと思いますが、...

[ 数学コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ