堀籠芳明

ほりごめよしあき

完全オーダーメイド指導 宮本塾

[ 船橋市 ]

職種

コラム

 公開日: 2016-01-18 

「日本史」と「世界史」、どちらを選択するべきか

全国の受験生、センター試験お疲れさまでした。1日目には歴史の試験がありましたね。日本史も世界史も問題構成などで特に変わりなく、例年通りといった印象を持ちました。ただ、日本史ではオリンピックを絡めた問題が出題されるなど、時事の知識を有する設問が年々多くなってきたように思います。また、入試ではあまり見かけない戦国時代が今回出題されましたので、同じく今まで出題されていない幕末あたりは来年要注意です。

今回は高校1・2年生や中学生に向け、来るべきセンター試験で日本史と世界史のどちらを選択した方がよいのかということについて書きたいと思います。

避けては通れぬ歴史の選択

高校生はご存知の方も多いと思いますが、文系の生徒は地理歴史から必ず1科目は受験しなければなりません。理系の生徒でも国立志望であればセンター試験ではいずれかを選択しなければならないこともあります。
ですので、多くの受験生にとっては「地理」「日本史」「世界史」のどれを選択するかは避けては通れない問題です。

「地理」を選択する人も多いです。
平成27年度のデータを見ると、受験者数は、日本史、地理、世界史の順になっています。ですので受験生はまず地理なのか、歴史なのかという選択をし、もし歴史を選択した場合は、その中でも日本史なのか世界史なのかという選択をしなければならないということになります。
今回はこの2つ目の選択、「日本史?世界史?」について書くものです。なぜ2つ目かといえば、私が歴史を専門としてきたということもありますし、実際に私自身も経験した悩ましい岐路だからです。(1つ目の岐路も経験しているはずですが、あまりよく覚えておりません。きっと当時から歴史が好きだったため、地理という選択肢は私の中で全くなかったのでしょう。)

中学を振り返って決めるべし

日本史を選ぶか世界史を選ぶかでどっちの方が正しいなんてことはありません。そんなものがあれば全受験生はどちらかに流れ、もう一方は廃止されてしまいます。
ですので、結論から言えば「どっちでもいい」です(笑)
しかしこれで終わらせてしまうと怒られてしまいますので、悩んでいる方に向け、ひとつの指標を示したいと思います。

その指標とは「中学時代のあなた」です。
中学校の社会は大きく分けて3分野ありますよね。地理、歴史、公民。中学を思い返し、この中で歴史が一番好きだった、または点数が良かった人は大学受験では「日本史」を選択してください。そもそも社会が嫌いだけど、地理よりはマシだという人は「世界史」を選択してください。

なぜこんなことを言うのかといいますと、理由は大きく2つあります。
①中学生の歴史の内容はほとんどが「日本史」
②世界史の方が内容が薄く、簡単

あくまで私の独断と偏見ですがお聞きください。
もし中学の歴史が好きだったのであれば、それがグレードアップしただけの日本史を選択するべきです。好きだったり得意だったならそれを活かすべきです。
中学の歴史はほとんどが大学受験でいう日本史の内容なのです。
具体的に言えば、中学の世界史の内容といえば、思いつくのは古代の四大文明、中世のルネサンス、近世の革命くらいです。その他はすべて日本史絡みの内容です。
ですので、中学の歴史が好きだったという人は、日本史も好きになる可能性が高いですし、スムーズに学習に入ることができます。興味がある教科は吸収されやすいですし、集中して勉強できるものです。なので私はこういう人たちには日本史選択をおすすめいたします。

ただ一点注意してほしいのは、日本史の方が世界史よりも内容が濃いというか深いというか、つまり難しいのです。これは考えてみれば当たり前のことで、「中学の歴史はほとんどが日本史の内容なんだから、大学受験ではもっと細かいことまで聞くよ?」ということです。
これを踏まえ、先ほどの「地理よりはマシだ」という人には世界史を選択することをおすすめするのです。
世界史は、中学では習わなかった内容がほとんどですからその分内容も薄い。高校になって初めて習うのはみんな一緒なので、スタートラインが新しく設けられ、全員「ふりだしにもどれ」状態になります。だから中学で歴史が苦手であった場合でも関係ありません。挽回ではありませんよ。みんなゼロですから。世界史との相性や頑張り様によっては一気に得意科目になる可能性まであります。ですので、中学の歴史が嫌いだったり苦手だった人には、歴史とはいえ、まだ見ぬ新天地へ気持ちを新たに頑張ってもらいたいと思い、世界史選択をおすすめするわけです。

このように、中学のときの自分を思い返すことで日本史か世界史かを決めるのが最も効果的で確実で失敗が少ないと思いますので、これを読んだ高1・2年生は参考にしてもらいたいですし、中学生も今のうちから自分はどっちになりそうかということをある程度把握しておくと先のことも見通しやすくなるので是非。

最後に。
どっちを選択したことにより、得か損かということはありません。自分と向き合い、自分に合う方を選んでください。
大事なのは、「どちらが自分の受験での武器になるか」ということ。
どちらを選択しても構いませんが、必ずその選択したものがあなたの足を引っ張るものでなく、あなたを高みにまで運んでくれるものでなければなりません。ここだけは忘れず、選択を誤りませんように。

この記事を書いたプロ

完全オーダーメイド指導 宮本塾 [ホームページ]

塾講師 堀籠芳明

千葉県船橋市宮本1-9-4 [地図]
TEL:090-1055-3819

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
堀籠芳明 ほりごめよしあき

成績アップの喜び、勉強の楽しさを実感!成績アップで志望校合格への最短経路を進みましょう!(1/3)

 「勉強は楽しい?」と問われ「楽しい!」と答えられる中学生は多くはありません。そんな子ども達に共通するのは「成績が上がれば楽しいだろうけど、どうしたらいいかわからない」という歯痒い思い…。そんな思いに応えるのが、船橋市宮本にある「宮本塾」。...

堀籠芳明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「成績アップサイクル」に導き、勉強を楽しいものに!

屋号 : 完全オーダーメイド指導 宮本塾
住所 : 千葉県船橋市宮本1-9-4 [地図]
TEL : 090-1055-3819

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1055-3819

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

堀籠芳明(ほりごめよしあき)

完全オーダーメイド指導 宮本塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
定期テストで高得点取る人はみんな早く解き終わる?
イメージ

問題を解くとき、正答率を重視する人は多いと思いますが、「問題を解くスピード」を重視する人は少ないように思い...

[ 高校1・2年生、中学生 ]

入試直前にやるべきこと
イメージ

千葉県公立高校前期選抜がいよいよ明後日に迫りました。昨日、今日が入試前最後の連休となりましたが、受験生の...

[ 大学受験生・高校受験生 ]

平成28年度 千葉県公立高校前期選抜試験の時間割
イメージ

千葉県の前期選抜まで1週間をきりましたね。今日は、当日(前期選抜1日目)時間割の最終確認とそれに合わせた“最...

[ 高校受験生 ]

中1・2年生は3年生の受験シーズンになにをするのか

3年生が必死になっている1月、1・2年生はなにをすべきなのでしょうか。「大変そうだなー」で終わらせては...

[ 中1・2年生 ]

受験英語のリスニング

「リスニングでいつも点数を落としちゃう…リスニングはやっぱりセンスがないとダメなのかな。毎日英語聞かなきゃー...

[ 大学受験生・高校受験生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ