堀籠芳明

ほりごめよしあき

完全オーダーメイド指導 宮本塾

[ 船橋市 ]

職種

コラム

 公開日: 2016-01-14  最終更新日: 2016-01-18

試験での心得~試験場に着いてから問題用紙が配られるまで~

センター試験がいよいよ今週末に迫りました。
センター試験の日は毎年雪が降るイメージがあります。
「雪でも降って電車止まんねーかな。そしたらセンター試験も中止になるのにー!」
という全国の受験生の怨念が影響しているのでしょうか(笑)
しかし本当に中止になることが稀なのは、センター試験で頑張りたいという受験生の想いもあるからでしょう。
その相反する思いがひしめき合って、きっと毎年「中止にならない程度の雪」が降るのでしょう(笑)
冗談はさておき(わたしは意外とこれはウソではないと思っていますが…)、今日は試験での心得として「試験場に着いてから問題用紙が配られるまで」の時間でなにをすべきなのかということについてちょっと書きたいと思います。

試験場を「自分の城」にしろ!

試験場に着くとまず大勢のライバル受験生がいます。実際のライバルとなる受験生は少ないのですが…。
それはさておき、異様な雰囲気で混雑する会場の入り口。教室案内の看板を見つけ、手元の受験票の番号に該当する教室を探し、そこへ向かいます。廊下の壁と立て看板に示された矢印通りに進んでいくと、これから自分が受験する教室に到着します。この教室のドアや黒板にも座席表が貼り付けてあり、自分の受験番号と照らし合わせ、だいたいの位置を把握し、その席へ向かいます。この辺かと思うところで、机に貼り付けてある番号と自分の番号をもう一度確認し、「大丈夫、合ってる」と言って、コートやかばんを脇に置き、席に着席します。みなさんも模試などで経験しているでしょうからこれは容易に想像できることでしょう。

ここまでは99%の受験生が同じ手順を踏むはずです。というか私はこのように席に着く方法しかわかりません。もしかしたら私が知らないだけで、これではない画期的な席の座り方があるかもしれないので99%と表現しましたが、もし知っている方がいたら是非教えてください(笑)

さて、このように受験会場の席に座るまではみんな一緒ですが、ここからがそれぞれ異なります。
だいたいの人は試験開始直前に行くということはないでしょうから、着席してから「筆記用具をしまってください」と言われるまでにいくらか時間があります。あなたはこの時間でなにをしますか?

「トイレに行く!」
当たり前です。試験中にトイレに行くほどもったいないものはありません。開始前に済ませておきましょう。
トイレの後の話です。私の経験から言って9割くらいの人は何かしらの勉強をしているかと思います。
英語の試験前だったら単語・熟語帳を見たり、文法の確認をしている人が多いと思います。
私も性格はまじめな方ですから(笑)、同じように試験開始直前の時間は勉強していました。今でも資格試験や検定試験を受験することがありますが、これは変わりません。

では残りの1割の人はなにをしているのでしょうか。その1割に含まれる人が近くにいたので聞いてみました。
一緒に宮本塾を運営する中野先生です。中野先生は試験直前、「周りの受験生が勉強しているのを楽しんで見ていた」と言います。性格悪いですね(笑)
しかしなぜそんなことをしていたのかと聞くと、「そっちの方が落ち着けたから」と答えてくれました。

そうです。ここです。この「落ち着く」というのがミソなのです。
私も試験直前に勉強してもいまさらなにか変わるわけでもないと心のどこかでは思っていても、単語帳を広げてしまうのは「落ち着く」ためだったのだと今になるとわかります。
中野先生のような天才肌の人はさておき、多くの受験生はその直前の時間まで勉強したことによる自信だったり、やり遂げたという感覚を得ることにより試験に集中できるのだと思います。
また、試験直前で勉強することにより、普段の勉強姿勢に入ることができ、自分本来の力を発揮しようと無意識に行動しているのかもしれません。
言ってみればこれは「ルーティン」ですね。いま流行の五郎丸選手と同じです。彼があのポーズを取るのは本来の自分の力を発揮するためです。彼にとってのそれがあのポーズで、私にとってのそれが単語帳で、中野先生にとってのそれが周りを見て楽しむということだったのです。どのルーティンが正しいかなんてありません。問題が配られるまで知っている人と話したり、音楽を聴いたり、五郎丸ポーズをしてたっていいわけです。心を落ち着かせ、自分本来の力が発揮できるようにスムーズに試験に入れるのなら何をしたって構わないのです。トイレに行くのだって結局はこのためですよ?

どんな方法でも構いませんので、試験場に着いたらそこを自分が落ちつける空間へと変えてください。合否は意外と試験が始まる前に決まっているのかもしれません。試験が開始するそのときには、「自分がこの会場を支配している」つもりになってください。あなたが試験会場という城の殿様です。その大きな気持ちがきっとあなたを楽にしてくれるでしょう。頑張ってくださいね。

ちなみに試験場で五郎丸ポーズをとっている人を見かけたらこのコラムを読んだ仲間だと思って暖かい目で見てあげてください(笑)よろしくお願いします。

この記事を書いたプロ

完全オーダーメイド指導 宮本塾 [ホームページ]

塾講師 堀籠芳明

千葉県船橋市宮本1-9-4 [地図]
TEL:090-1055-3819

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
堀籠芳明 ほりごめよしあき

成績アップの喜び、勉強の楽しさを実感!成績アップで志望校合格への最短経路を進みましょう!(1/3)

 「勉強は楽しい?」と問われ「楽しい!」と答えられる中学生は多くはありません。そんな子ども達に共通するのは「成績が上がれば楽しいだろうけど、どうしたらいいかわからない」という歯痒い思い…。そんな思いに応えるのが、船橋市宮本にある「宮本塾」。...

堀籠芳明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「成績アップサイクル」に導き、勉強を楽しいものに!

屋号 : 完全オーダーメイド指導 宮本塾
住所 : 千葉県船橋市宮本1-9-4 [地図]
TEL : 090-1055-3819

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1055-3819

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

堀籠芳明(ほりごめよしあき)

完全オーダーメイド指導 宮本塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
定期テストで高得点取る人はみんな早く解き終わる?
イメージ

問題を解くとき、正答率を重視する人は多いと思いますが、「問題を解くスピード」を重視する人は少ないように思い...

[ 高校1・2年生、中学生 ]

入試直前にやるべきこと
イメージ

千葉県公立高校前期選抜がいよいよ明後日に迫りました。昨日、今日が入試前最後の連休となりましたが、受験生の...

[ 大学受験生・高校受験生 ]

平成28年度 千葉県公立高校前期選抜試験の時間割
イメージ

千葉県の前期選抜まで1週間をきりましたね。今日は、当日(前期選抜1日目)時間割の最終確認とそれに合わせた“最...

[ 高校受験生 ]

中1・2年生は3年生の受験シーズンになにをするのか

3年生が必死になっている1月、1・2年生はなにをすべきなのでしょうか。「大変そうだなー」で終わらせては...

[ 中1・2年生 ]

受験英語のリスニング

「リスニングでいつも点数を落としちゃう…リスニングはやっぱりセンスがないとダメなのかな。毎日英語聞かなきゃー...

[ 大学受験生・高校受験生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ