コラム

 公開日: 2013-03-12 

日本EMDR学会  人道支援プログラム

日本EMDR学会の「人道支援プログラム」のご紹介をさせて頂きます。

設立の経緯
2011年3月11日に発生した東日本大震災を受け、震災そして福島原子力発電所の事故で被災された方々の苦しみを少しでも軽減し、明日を生き抜くための直接的・間接的な支援を行うことを目標として同年5月13日に東京で設立されました。
EMDR人道支援プログラム(EMDR-HAP)、イスラエルEMDR学会人道支援プログラム(ISRAEL-HAP)、メキシコEMDR学会人道支援プログラム(Mexico-HAP)の協力を得て、設立翌日から250人の日本人セラピストが緊急時の被災者への対応訓練を受けその活動を開始しました。

JEMDRA-HAPへようこそ
【NEWS】2013/3/4
JEMDRA-HAPは企業、団体、各基金からのご支援・ご寄付を広く募集しております。
このたび、久光製薬株式会社様「久光ほっとハート倶楽部」より、活動支援としてご寄付を頂きました。JEMDRA-HAPの活動にご理解・ご支援を賜りましたことを、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

Japan EMDR Association- Humanitarian Assistance Program (JEMDRA-HAP)とは
日本EMDR学会内の人道支援プログラムを担当する委員会です。アメリカ合衆国に本部を置く、EMDR 人道支援プログラム(EMDR-HAP)を始め、EMDR有資格者により各国で組織されたHAP(EMDR人道支援プログラム)と呼応・連携し、世界中で 起こる自然災害、戦災、テロ攻撃等の被災者への救援活動を展開しています。

EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing:眼球運動による脱感作と再処理)とは
1989年に米国でFrancine Shapiroという臨床心理学者が発表し、開発してきた、PTSD(Post TraumaticStress Disorder:外傷後ストレス障害)に対しての有効性が確認されている優れた治療方法です。PTSDばかりでなく苦痛な記憶を原因とする他の様々な症状に対して使うことができます。(EMDRの詳細はこちらをご参照下さい→日本EMDR学会)

世界中で多くの人がHAPのトレーニングミッションを通じEMDRというトラウマの効果的な治療方法を学んで来ました。HAPの対外活動 (Out-reach) は直接研修を受けたセラピストに留らず、セラピストの関わりのなかで回復した被災者やトラウマを持つ人々に広がって行きます。そしてトラウマが癒された人々と関わる全ての人々が、未来の『悲しみ・苦しみ・憎しみ』という負の連鎖による犠牲を免れ、暴力や苦しみから自由になり、心の平和が世界の平和につながっていきます。

短期的な目標
東日本大震災被災地域の精神保健の専門家たちにEMDRの研修を廉価で提供し、継続的な訓練とコンサルテーションを行います。地元の精神保健従事者が心理的な援助を必要とする東北地域の方々にEMDRを活用し支援を行っていけるよう人材を育成します。

中期的な目標
今後起こり得る自然災害や人災に際し、心理的支援が希薄な地域においてEMDR療法を活用できる人材を育成し、その地域に住む精神保健の専門家が地元の精神的支援の必要性に応えていく体制作りに取組んでいきます。

最終的な目標
地震、津波、台風、竜巻などの自然災害、そして戦争やテロ、対立や迫害など人間が巻き起こす人災のいずれにおいても、悲しみは更なる悲しみを産み、暴力は 更なる暴力に繋がっていきます。こうした負のサイクルとその世代間の連鎖を断ち切り、憎しみ、悲しみ、苦しみに変わり『希望』をもって生きることのできる ような世界が実現することが、JEMDRA-HAPの夢であり、目標です。

現在世界に広がるEMDR療法を通じての人道支援プログラムの先駆となったEMDR-HAP:EMDR人道支援プログラムは、1995年4月19日にアメ リカで起こったオクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件をきっかけに創設されました。その後バルカン半島における戦闘、北アイルランドにおける宗教戦争、ル ワンダ、ケニアにおける紛争、トルコ地震、ノースダコタ洪水、東南アジアにおける大地震と津波等に人道支援プログラムを通じてEMDR療法を行える精神・ 心理療法の専門家を派遣してきました。被害を受けた地域の方々の苦しみの軽減に貢献し、悲しみ-苦しみ-そして憎しみといった負の連鎖を断ち切る努力を続 けています。EMDRIA-HAPの活動とその意義は世界各地へと波及し、ヨーロッパ、南アメリカのEMDR療法に関わる専門家たちがそれぞれの国で HAPを立ち上げ、その活動が広がって来ました。日本EMDR学会人道支援プログラムが今後日本そしてアジア地域で、どういった活動を行うか、その真価が 問われています。

この記事を書いたプロ

松戸こころの相談室 [ホームページ]

心理カウンセラー シェシャドゥリ(福田)育子

千葉県松戸市新作 [地図]
TEL:047-701-7668

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セラピー

PCAGIP・・・Iがないのに愛がある事例検討法PCAGIPは①批判しない②記録を取らないというグランドルールのもと、守られた空間が事例提供者を温かく支え、気づきや成...

ご相談の流れ

ご相談は 予約して頂くことになります。1.メール又は電話で ご予約頂きます。    メールの場合は 1週間以内にご連絡させて頂きます。    電話...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
トラウマケアと心づくりセミナーを実践する心理セラピスト 福田育子さん

勇気づけセミナーとEMDR治療で、不登校・うつ症状・トラウマなどを改善へと導く(1/3)

 ストレスの多い現代。いつ誰に起きてもおかしくない心の問題をあたたかくサポートをしているのが、福田育子さんです。小学校教師、家庭教師などを経て、本場アメリカのアドラー心理大学院で心理学を修得。心理セラピスト・心理カウンセラーとして、カナダと...

シェシャドゥリ(福田)育子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

EMDR心理療法と勇気づけセミナー

屋号 : 松戸こころの相談室
住所 : 千葉県松戸市新作 [地図]
TEL : 047-701-7668

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-701-7668

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

シェシャドゥリ(福田)育子(しぇしゃどぅり ふくたいくこ)

松戸こころの相談室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

勇気づけの親子関係実践セミナーに参加して

これまで 家族旅行等を決める場合、いつも私が間に入り、娘...

Y
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
来春新入学のお子さんをお持ちのママさん

 個人面談 「このままだと学校へ行ったら本人が困りますよ!!!って個人面談で言われたんです。なんだか落...

[ 学校 ]

担任の先生にお願いしました

 勇気づけ実践歴4年目のママ 現在小3のなおき君のママは なおき君が幼稚園年長の頃から勇気づけを実践されて...

[ 勇気づけ ]

ブレインスポッティング

 ブレインスポッティング 2003年に開発されたブレインスポッティングという心理療法があります。ブレイン...

[ ブレインスポッティング ]

諦めなければ、必ず幸せな道は切り開かれる

 クライエントさんからのメール こんばんは。ご無沙汰しておりますm(_ _)mお元気ですか!?実は私、先...

[ EMDR ]

死にたいほどわかっている!

 気づき 橋本さんからメールを頂きました。トンネルを抜け出しましたのメールの方です。息子さんは その...

[ 勇気づけ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ