コラム

 公開日: 2018-01-31 

ADHD? 敏感な子なのです!

合格しました!

「中学から始めた武道の推薦枠で 高校に合格しました!」
というご連絡を S君のおばあちゃんから頂きました。
英語が好きで 他の教科も十分な点数を取れていたそうです。

S君とは 3年前、小6の2月まで 
週に1度、4年8ヵ月間 一緒に過ごしました。

保育園では「手のかかる子」の扱いで 園長先生の机の脇の特別席。

小学校1年生は ベテランの女性教師。
指導に耐えられないS君は教室を抜け出し、
運動場をウロウロ。
小学校の体育館の高い所に上って
「死んでやる」
と言ったことも。
「学校へ行かない」
と 不登校気味のこともあったそうです。

小2では 学校から連絡が。
「近くにおじいちゃん、おばあちゃんがおられるのなら 毎日学校に来て
付き添ってください!」
また、
「病院で発達しょう害の検査を受けてください。」
  ↓
「ADHDでしょう。薬を処方します。」

勇気づけの実践

私がお孫さんを心配されるおばあちゃんに
家庭教師を頼まれたのは
彼が小2の時でした。

「読み 書き 計算」
の基礎を中心に。
対応は ひたすら
「勇気づけ」の実践をしました。

S君の帰宅後 世話をされるおばあちゃんにも
「勇気づけ」を実践して頂きました。
※S君のご両親は共働きのためです。

S君が週に1回 支援学級へ通い始めたのは 小3からだったと思います。
小5の時には
「もう来なくても良いんだよ。」
と言われたそうですが S君の希望で
小学校を卒業するまで通っていました。

敏感な子

1対1で敏感なS君と同じ時間を過ごすことで
学んだことがたくさんありました。

敏感だから 
「騒がしい教室、先生の大声は 辛い!!!」
のですね。

私は 熱が入ると 声が大きくなってしまう傾向があります。
ある時
「だから・・・」
と声が大きくなった時に S君の身体が ビクッと動きました。
「ごめん!ごめん!
そうだったよね、びっくりしたよね!」
と あやまりました。
1対1でも 予想外に大きな声の場合 
驚きで身体が反応するのです。

・視覚、味覚、嗅覚、触覚、音に瞬時に反応する

・低学年の時には 音に対する敏感さのため
 教室の騒音、女性教師の高い声が苦手
 年齢が高くなるにつれ 適応していけるようになることも

・知的に高い。

・表現する時には 自分の感覚に合う 的確な表現を試みるため 時間を要することも 

・帰宅後、気分が落ち着かない、あるいは嫌なことがあると 自室にこもる
 一定の時間がたって落ち着くと 何事もなかったかのように安定する

・目の前の大人が 敵か味方か 試す力を持っている

大人を試す!

 小2の6月、家庭教師を始めた時、2回目までは 
 優等生の態度でした。

 提案した内容を スラスラとこなすのです。
 
 ところが 3回目からは「悪ガキ」に変身しました。
 
 何を聞いても 返事は
 「ウンコ!」
 
 これはしばらく続きました。
 
「この大人は 絶対に感情的にならない、怒らない」
 と S君が確信できるまで続いたのだと
後になって理解できました。

2回目まで提案された課題をこなすのは
「僕はこれくらいのことは 難なくできます!
能力はあるのです。」
とでも主張しているかのようでした。

「2回目までは 受け入れる」
他の場面でも出会ったことがあります。
例えば 親の意図でセラピーを受けに来られる場合。

小4の時 思い出したように 試したことがありました。

「S君、私を怒らせようと思ってるでしょう。
 私、おばあちゃんだから 怒るエネルギー無いのよ!
 怒らせようとしても むだよ!」
笑いながら言う私の言葉に S君はニヤニヤしていました。
その後は まったく試すことはしませんでした。

ユーモア


「ひといちばい敏感な子」
エレイン N. アーロン著 明橋大二訳
に 敏感な子は「直観力とユーモアがある」とあります。

S君が小2の時 おじいちゃんに初めてお会いする機会がありました。
「ステキなご主人ですね。」
とおばあちゃんに言ったのを聞いたS君は
「いいえ、それほどでも~」
と笑顔で言ったのです。

小2のS君から瞬時にその言葉が出たことに驚くと同時に 
S君の可能性を実感しました。

信じて 任せて 待つ!

小2、小3の頃は一進一退でした。
ポリヴェーガル理論を学んだ今は
それまで傷ついていた神経が 落ち着く時間が必要だったのだと
思います。

S君のおじいちゃん、おばあちゃんが忍耐強く成長を見守り、待って頂いたこと
S君への対応を私とおばあちゃんに任せてくださったご両親に
とても感謝しています。

本当に多くのことを学ばせて頂きました。

「勇気づけを実践しながら 子どもの力を信じて 任せて 待つ」

結果は必ずついてくる!
のですね。

勇気づけ実践セミナー
身体に働きかけるセラピー

この記事を書いたプロ

松戸こころの相談室 [ホームページ]

心理カウンセラー 福田 シェシャドゥリ 育子

千葉県松戸市新作 [地図]
TEL:047-701-7668

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セラピー

一般的には会話で行うものを カウンセリング、会話を使わないで行うものをセラピーと呼ばれています。カウンセリングは 認知の部分、脳でいうと大脳新皮質を使い...

ご相談の流れ

ご相談は 予約して頂くことになります。1.メール又は電話で ご予約頂きます。    メールの場合は 1週間以内にご連絡させて頂きます。    電話...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
トラウマケアと心づくりセミナーを実践する心理セラピスト 福田育子さん

勇気づけセミナーとEMDR治療で、不登校・うつ症状・トラウマなどを改善へと導く(1/3)

 ストレスの多い現代。いつ誰に起きてもおかしくない心の問題をあたたかくサポートをしているのが、福田育子さんです。小学校教師、家庭教師などを経て、本場アメリカのアドラー心理大学院で心理学を修得。心理セラピスト・心理カウンセラーとして、カナダと...

福田 シェシャドゥリ 育子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

EMDR心理療法と勇気づけセミナー

屋号 : 松戸こころの相談室
住所 : 千葉県松戸市新作 [地図]
TEL : 047-701-7668

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-701-7668

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田 シェシャドゥリ 育子(ふくた しぇしゃどぅり いくこ)

松戸こころの相談室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「勇気づけの親子関係実践セミナー」を実践して

「自然の結末」は この先大きくなっても とても大切だな、...

K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過呼吸回復から 家族関係まで

 過呼吸 里美さんは 30才代半ばのころ 「高校生の頃から過呼吸に苦しんでいる」と セラピーに来られる...

[ トラウマからの回復 ]

勇気づけママの交流ランチ会

 勇気づけママの会が誕生しました! 勇気づけ実践セミナーに 4年以上参加されている方を中心に「勇気づけマ...

[ 勇気づけ ]

初めてのセラピー

 初めて来られた方からのメールへの返信 光さん、おはようございます。「少し希望や具体的な光が見えてく...

[ ソマティック・エクスペリエンス ]

自律神経の調整

 自律神経の調整方法 生活の中で出来る 自律神経の調整のご紹介です。・外部からの調整・自己調整が...

[ トラウマ ]

発達支援、生活支援の場での 勇気づけの対応

 発達支援の場での実践 「未就学のお子さんから高校生まで、一人ずつが持つ障がい特性に合わせて、専門的な療...

[ 勇気づけ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ