コラム

 公開日: 2017-06-16 

ソマティック・エクスペリエンス セラピー

トレーニング

 ソマティック・エクスペリエンスセラピーのトレーニングは 2014年8月から受け始めました。トレーニングは3年間にわたり、年に2回、1週間泊まり込みで行われました。

 セラピストは ソマティック・エクスペリエンス プラクティショナーと呼ばれます。
このタイトルを得たのが 2017年3月でした。
 プラクティショナーになるには 12時間のセラピーを受ける事、18時間のコンサルテーションを受けることが義務づけられています。
 
 トラウマを扱うトレーニングということで3日連続の後、1日休息日、その後3日間続きました。
※トレーニングの場所には ソファや布団が用意され、気分が優れない時には いつでも
休憩できるようになっていました。

どんなことも神経に関係している!

トレーニングを受ける前から 私の解決したい課題は神経から来ていると 何となく思っていました。
そこで気になっていることを書き出してトレーニングに臨みました。

1.甘いものを止められない
2.子どもの頃父親に叱られて失神した記憶
3.スポーツジムからの帰り、いつも同じ場所で 元夫の小言を思い出す
4.離婚のきっかけとなった元夫の事務所のパートさんと元夫の記憶
5.EMDR臨床資格を取るに当たって 手続きを先延ばしにしている

 ソマティック・エクスペリエンスのトレーニングがどのようなものかは 全く知らないで参加したのですが 
直観的にこのセラピーは
「神経からきているこれらの不快な記憶や日々の状態」
を解決することにつながると感じていたのです。

デモセッション

 1日の午前中は講義、デモセッション(受講生の希望者が自分のトラウマを出し、セラピーを受ける)、午後は 質疑応答の後、3人組になって練習という形がほとんどでした。

 私はこの何日目かにデモセッションを希望しました。
 3年目になるとデモセッションの希望者は多くなりましたが 1年目は40名の受講者の中でも希望する人はあまりおられませんでした。

 「子どもの時に父に叱られて失神した記憶」
を伝えると 
「それは重すぎる、もっと軽い内容を」
と言われて 
「甘いものに手を出すのが止められない」
をお願いしました。

 ブラジルから来られた外人講師は
「ケーキなのか?アンパンなのか?」
とご存知の甘いものをあげられました。

「日本には 数えきれないほど多くの甘いお菓子があります。
それを箱で頂いた場合、2~3個は一気に食べてしまうのです。
手が伸びてしまい、止まりません!」
と伝えました。

講師はしばらく考えて リソースになるものを探しておられました。
「一度でも良いから コントロールできた体験はある?」

そしてセラピーに入りました。

「甘いものに手を伸ばした具体的な場面を思い浮かべてみて。
身体で何を感じますか?」

「手が重く感じます。」

セラピーで記憶しているやり取りは ここまでです。

何も話さなくても良い!!!

 ソマティック・エクスペリエンス セラピーは 身体の感覚を追っていきます。
言葉のやり取りは
「解決したいこと」
を伝える位です。

話さなくても 出来ます。
というのも セラピーを受けようとする時には
頭で考えているからです。
頭で考えていれば 身体もそれに従って反応しています。
ですから トラウマ的な記憶を話さなくても
セラピーが可能なのです。

 セラピーの予約日に体調が悪くなる場合があります。
これは 脳と身体が セラピーを受ける準備を始めているからです。

セラピーの効果

 体重は その後 1ヶ月に1kgずつ減って行きました。
宅配の生協で お菓子を1週間に2~3種類注文することが多かったのですが 徐々に減って行き、今では注文するのは 1ヶ月に1回位に激減しました。

これまでの体重減は8kgです。
ここに留まっています。
後2kg減らしたいのですが、スポーツジムから帰った後、何かしら食べてしまうことがネックです。
これについては エリクソニアン催眠、TFHを受けたので コラムに載せます。

セッションを受け続けて 課題としていたことは全部ほぼ解消しました。
一番時間と回数がかかったのは 4番目での元夫関係です。
このトラウマはトラウマ終了!に書いています。

カウンセリングとの違い

 話をするカウンセリング、聴いてもらうことは 大脳新皮質を使います。
ソマティック・エクスペリエンスは 神経です。
「感覚のトラッキングを通して 未完了の防衛反応を完了させる」
ことで 記憶が神経から抜けて行きます。
新たな思考が浮かんだり、
全く違うイメージが出てきたりします。

この記事を書いたプロ

松戸こころの相談室 [ホームページ]

心理カウンセラー シェシャドゥリ(福田)育子

千葉県松戸市新作 [地図]
TEL:047-701-7668

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セラピー

一般的には会話で行うものを カウンセリング、会話を使わないで行うものをセラピーと呼ばれています。カウンセリングは 認知の部分、脳でいうと大脳新皮質を使い...

ご相談の流れ

ご相談は 予約して頂くことになります。1.メール又は電話で ご予約頂きます。    メールの場合は 1週間以内にご連絡させて頂きます。    電話...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
トラウマケアと心づくりセミナーを実践する心理セラピスト 福田育子さん

勇気づけセミナーとEMDR治療で、不登校・うつ症状・トラウマなどを改善へと導く(1/3)

 ストレスの多い現代。いつ誰に起きてもおかしくない心の問題をあたたかくサポートをしているのが、福田育子さんです。小学校教師、家庭教師などを経て、本場アメリカのアドラー心理大学院で心理学を修得。心理セラピスト・心理カウンセラーとして、カナダと...

シェシャドゥリ(福田)育子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

EMDR心理療法と勇気づけセミナー

屋号 : 松戸こころの相談室
住所 : 千葉県松戸市新作 [地図]
TEL : 047-701-7668

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-701-7668

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

シェシャドゥリ(福田)育子(しぇしゃどぅり ふくたいくこ)

松戸こころの相談室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

見守る

今月の講座には 1才10ヶ月の子のお母さんから 中学生の子を...

お母
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
発達支援、生活支援の場での 勇気づけの対応

 発達支援の場での実践 「未就学のお子さんから高校生まで、一人ずつが持つ障がい特性に合わせて、専門的な療...

[ 勇気づけ ]

トラウマ終了!

 1994年:トラウマの始まりの頃 私がトラウマ治療をするようになったのは 私自身がトラウマを経験したことが...

[ トラウマ ]

体重を落としたい!

 明るいデブ宣言 解除! お願いしてあったものを届けに来てくれた友人。リュックを背負い、額からは汗が流...

[ ブレインスポッティング ]

無駄ではなかった!

 トンネルを抜け出しました:その後 2015年の夏、「ひきこもり&家庭内暴力の息子のことで・・・」と電話...

[ 勇気づけ ]

こそだて=子育て & 個育て

 子育てカフェをされているのですか? ある研修会で出会った臨床心理士さんから メールを頂きました。見出...

[ 勇気づけ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ