コラム

 公開日: 2015-03-19  最終更新日: 2015-03-20

アドラー心理学を学ぶ

アドラー心理学を学ぶ

アドラー心理学を学びたい、とおっしゃるクライエントの方々に 次の本を原書で読まれることをお勧めしています。
1回で分からなくても 繰り返し読んでいると 内容が分かってきます。

ADLERIAN THEORY AN INTRODUCTION
BY Eva Dreikurs Ferguson
※これは Adler University の創設者 Rudolf Dreikurs (1897-1972)博士の 娘さんの著作です。

「この本を読んだ後、日本語で書かれたサイトや本を読みました。原書で読んだ方が良いと言われた訳が分かりました。」
と 言われた方がありました。

通訳でも翻訳でも 訳者の主観が入ることがあります。
解釈や言葉の選び方でニュアンスが異なってくることも・・・。

そして伝わる内容も微妙に変わることがあります。

日本で伝わっているアドラー心理学と英語での具体的な違いの例に「ほめる」と「勇気づけ」があります。
英語で解説されるアドラー心理学では この二つは区別されています。
日本では“区別する必要はない”と伝えておられる場合もあるそうです。

英語での解説では“「ほめる」ことは こどもにそれが必要なことか否かを考えない「甘やかし」”に分類されています。

「勇気づける」は
・子どもの個性を受け入れる
・愛情、尊敬、人としての価値は対等であるという感情を伝える
・子どもが自分の間違いを見直すこと、可能性を伸ばすことを勇気づける
・協力することに喜びを見出せるよう導く
ことです。

勇気づけられた子どもは
・愛情や受け入れられていることから 自分は安全だと感じます
・困難を乗り越える自分の強さを経験します
・達成感、協力することへの満足感を持ちます
・試みることや失敗することを恐れなくなります
・周囲を安全でフレンドリーだと信頼します

アルフレッド・アドラー博士は
「どのような精神病理も勇気をくじかれていることに由来する」
と考え、
親や教師、養育者に 勇気づけ対応の大切さを説きました。

精神病理、非行をはじめとする現代日本の課題は 勇気をくじかれていることにきっかけがあります。
家庭で勇気をくじかれたとは限りません。
家庭、友人関係、塾、学校、職場、サークルなどなど
人が関わる場所であれば
勇気をくじかれた人に 勇気くじきの言葉をかけられることは 少なくありません。

大学院

日本では アドラー心理学を教えている大学はあまり聞きません。
アメリカで学位を取れる大学院は 少なくとも二つあります。
①Adler University
 The Adler School of Professional Psychology から 昨年名前が変わりました。
通信教育もあります。
②Adler Graduate School

実践から学ぶ

勇気づけの実践は アドラー心理学の学びです。
「アドラー心理学は実践の心理学」
と言われています。
①課題の分離(他者の課題と自分の課題を分離する)
②感情に気づく(自分の感情の処理は 自分の責任)
関心のある方は この2点を観察することから 始められても良いかも知れません。

その時に 上記の「勇気づけ」を ご自身の態度として持つようにします。
幼い子は 大人のこのような態度を敏感に感じてくれます。

・子どもの個性を受け入れる
・愛情、尊敬、人としての価値は対等であるという感情を伝える
・子どもが自分の間違いを見直すこと、可能性を伸ばすことを勇気づける
・協力することに喜びを見出せるよう導く

※子どもは 上司、部下、生徒、夫、妻、など他の言葉に置き換えることが出来ます。
つまり 他者との関係は「勇気づけ」の態度を持っていることでより良いものになるということなのです。

次のページに実践の参考になるものがあるかも知れません。
  JIJICO

※交流分析、認知行動療法、NLP、傾聴など、アドラー心理学の影響を受けているものは数多くあります。

この記事を書いたプロ

松戸こころの相談室 [ホームページ]

心理カウンセラー シェシャドゥリ(福田)育子

千葉県松戸市新作 [地図]
TEL:047-701-7668

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セラピー

PCAGIP・・・Iがないのに愛がある事例検討法PCAGIPは①批判しない②記録を取らないというグランドルールのもと、守られた空間が事例提供者を温かく支え、気づきや成...

ご相談の流れ

ご相談は 予約して頂くことになります。1.メール又は電話で ご予約頂きます。    メールの場合は 1週間以内にご連絡させて頂きます。    電話...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
トラウマケアと心づくりセミナーを実践する心理セラピスト 福田育子さん

勇気づけセミナーとEMDR治療で、不登校・うつ症状・トラウマなどを改善へと導く(1/3)

 ストレスの多い現代。いつ誰に起きてもおかしくない心の問題をあたたかくサポートをしているのが、福田育子さんです。小学校教師、家庭教師などを経て、本場アメリカのアドラー心理大学院で心理学を修得。心理セラピスト・心理カウンセラーとして、カナダと...

シェシャドゥリ(福田)育子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

EMDR心理療法と勇気づけセミナー

屋号 : 松戸こころの相談室
住所 : 千葉県松戸市新作 [地図]
TEL : 047-701-7668

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-701-7668

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

シェシャドゥリ(福田)育子(しぇしゃどぅり ふくたいくこ)

松戸こころの相談室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

勇気づけの親子関係実践セミナーに参加して

これまで 家族旅行等を決める場合、いつも私が間に入り、娘...

Y
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
来春新入学のお子さんをお持ちのママさん

 個人面談 「このままだと学校へ行ったら本人が困りますよ!!!って個人面談で言われたんです。なんだか落...

[ 学校 ]

担任の先生にお願いしました

 勇気づけ実践歴4年目のママ 現在小3のなおき君のママは なおき君が幼稚園年長の頃から勇気づけを実践されて...

[ 勇気づけ ]

ブレインスポッティング

 ブレインスポッティング 2003年に開発されたブレインスポッティングという心理療法があります。ブレイン...

[ ブレインスポッティング ]

諦めなければ、必ず幸せな道は切り開かれる

 クライエントさんからのメール こんばんは。ご無沙汰しておりますm(_ _)mお元気ですか!?実は私、先...

[ EMDR ]

死にたいほどわかっている!

 気づき 橋本さんからメールを頂きました。トンネルを抜け出しましたのメールの方です。息子さんは その...

[ 勇気づけ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ