コラム

 公開日: 2014-06-21  最終更新日: 2014-07-27

アドラー心理学

アドラー心理学とは何ですか?

アドラー心理学とは アルフレッド・アドラー博士(1870-1937)が提唱した心理学です。

アドラー心理学は日本では「個人心理学」と訳されてもいます。

これは フロイトが心理を「イド、自我、超自我」と三要素に分けて分析したのに対して アルフレッド・アドラー博士が「人は総合的に見るもので 分割はできない」として ”individual psychology" と呼んだことに起因しています。
individual には 「個人」という意味もありますが 「分割できない」という意味もあるのです。

また認知行動療法、NLP,ロゴセラピー、交流分析、コーチングなど北米から日本に入ってきている心理に関わる分野の多くに影響を与えています。

精神病理は予防できる!

アドラー博士は すべての精神病理は「勇気をくじかれていることに起因する」、「精神病理は予防できる」と考えていました。

そして精神病理を予防するために養育者や教師への「勇気づけの対応」の大切さを説きました。
「問題のある子どもがいたら その子を変えようとするのではなく、親や教師が対応の方法を学ぶべきだ。」
と訴えたのです。

誰もが居場所が欲しい!


最終的な不適切な行動の目的は「居場所を得ること」です。
アルフレッド・アドラー博士の高弟ルドルフ・ドライカース博士は 子どもの不適切な行動の目的を 4つに分類しました。
1.注目・関心
2.権力闘争
3.復讐
4.無気力
そして この子どもの行動の目的は 対する大人の感情から推測できるとしました。

子どもの行動が 1であれば 大人には「イライラする、不安になる、心配するなど」の感情が起きます。
2.では 「腹立ち、怒りなど」
3.では「傷つき」
4.では「絶望」
です。

そして それに対して 効果的な対応の方法を養育者や教師に伝えました。
1:不適切な行動には声をかけない。適切な行動をした時に声をかける。
2:土俵からおりる。適切な場面で声をかける。
3:復讐しようとしない。
4:自分が絶望から抜けるようにカウンセリングを受ける。

具体的な例

例えば あなたが教師で、いじめっ子が自分のクラスに居たとします。
初めてのいじめであれば、あなたは イライラしているかもしれません。何回注意してもいじめをしている場合には 腹を立てているかもしれません。

あなたの感情から 子どもの行動の目的を推測してみます。
イライラであれば、注目・関心。
腹立ちであれば 権力闘争になります。

その子への対応として 叱ったり、罰を与えたりはしないのです。
まずはその子を受け止めます。その子の視点で「見る、聴く、感じる」ことをしてみます。するといじめている子の状況が見えてくるでしょう。
まずは 教師は 援助者としていじめている子の信頼を得る必要があります。
就学前であれば 大人に対する敵意が固まっていないので 比較的短い時間で心を開いてくれるかもしれません。
年齢が増すにつれて時間がかかります。
対応するときには
「優しく、揺るがず、いつも同じ態度」
を崩さないことが大切です。

いじめを行っている子に 担任の先生がこの対応を続けると その子は「居場所がある」と思えるようになります。
すると いじめも減っていくことでしょう。

「叱る、責める」対応が減ることで 先生のストレスも減ります。
叱る場面が無いことで クラスの雰囲気も変わります。

アドラー心理学で変わった人生

私がアドラー心理学に出会ったのは 私自身がかなり重いうつ症状の時でした。
アドラー心理学を実践することで うつ症状は改善し、自分の人生を築きなおすことができました。
(40代半ばで英語を学び始め、50代で アドラー心理大学院で学びました。)

アドラー心理学とは このように具体的で実用的です。
実践すれば必ず成果を得ることが出来る、人生が変わる心理学です。

最近、アドラー心理学が話題になっているようです。
教育の立場にある方々に「病理は防げる」という点にも関心を持って頂きたいと切に思います。

ブログ:http://kosodatecafe-blog.blogspot.jp/

この記事を書いたプロ

松戸こころの相談室 [ホームページ]

心理カウンセラー シェシャドゥリ(福田)育子

千葉県松戸市新作 [地図]
TEL:047-701-7668

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セラピー

PCAGIP・・・Iがないのに愛がある事例検討法PCAGIPは①批判しない②記録を取らないというグランドルールのもと、守られた空間が事例提供者を温かく支え、気づきや成...

ご相談の流れ

ご相談は 予約して頂くことになります。1.メール又は電話で ご予約頂きます。    メールの場合は 1週間以内にご連絡させて頂きます。    電話...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
トラウマケアと心づくりセミナーを実践する心理セラピスト 福田育子さん

勇気づけセミナーとEMDR治療で、不登校・うつ症状・トラウマなどを改善へと導く(1/3)

 ストレスの多い現代。いつ誰に起きてもおかしくない心の問題をあたたかくサポートをしているのが、福田育子さんです。小学校教師、家庭教師などを経て、本場アメリカのアドラー心理大学院で心理学を修得。心理セラピスト・心理カウンセラーとして、カナダと...

シェシャドゥリ(福田)育子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

EMDR心理療法と勇気づけセミナー

屋号 : 松戸こころの相談室
住所 : 千葉県松戸市新作 [地図]
TEL : 047-701-7668

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-701-7668

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

シェシャドゥリ(福田)育子(しぇしゃどぅり ふくたいくこ)

松戸こころの相談室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「勇気づけの親子関係実践セミナー」を実践して

「自然の結末」は この先大きくなっても とても大切だな、...

K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
来春新入学のお子さんをお持ちのママさん

 個人面談 「このままだと学校へ行ったら本人が困りますよ!!!って個人面談で言われたんです。なんだか落...

[ 学校 ]

担任の先生にお願いしました

 勇気づけ実践歴4年目のママ 現在小3のなおき君のママは なおき君が幼稚園年長の頃から勇気づけを実践されて...

[ 勇気づけ ]

ブレインスポッティング

 ブレインスポッティング 2003年に開発されたブレインスポッティングという心理療法があります。ブレイン...

[ ブレインスポッティング ]

諦めなければ、必ず幸せな道は切り開かれる

 クライエントさんからのメール こんばんは。ご無沙汰しておりますm(_ _)mお元気ですか!?実は私、先...

[ EMDR ]

死にたいほどわかっている!

 気づき 橋本さんからメールを頂きました。トンネルを抜け出しましたのメールの方です。息子さんは その...

[ 勇気づけ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ