コラム

 公開日: 2014-03-19  最終更新日: 2014-07-27

発達障害のお子さんを持つお母さんからのメール

勇気づけセミナーを受講された方から


勇気づけの親子関係実践セミナーを受けられた佐竹さん(仮名)に 感想文をお願いしました。
お子さんが支援学級に通っておられます。
担当の先生、主任の先生とお話をされたとのことで 生の声を寄せて下さいました。コラム欄に載せる許可を頂いています。

支援学級の先生と

余計な話になってしまうのですが、ついこの間支援学級の担当の先生と、主任の先生と沢山お話をして来ました。

以前から「親の会」というもの「セルフ・ヘルプ・グループ」が必要なのではないか?と私はずっと考えていました。立ち上げようと言う話も何度かありましたが、個々の事情でなかなか踏み込めない親御さんも多く、ずっとストップしたままでした。

しかし先日、上記の先生とお話をしている中で、本来ならば学校サイドからのお願いは出来ない事なのだけれども、出来ればその様な横の繋がりを作って行ってほしい。
その理由の一つに、やはり、職員と言う立場からの意見は受け入れる事が出来ない親御さんは多く、その結果虐待につながっているケースもある。など深い部分でのお話がありました。

数年後には、通級と言うシステムは無くなり、公立の各学校に「支援学級」という物を作り、そこに先生が通うシステムになるようです(東京都のHP3章)
これに関しても、支援にかかわる先生方は不安に感じているようです。プライバシーの問題、横の繋がりなど…。
同じ意見を持つ親御さん、そうでは無い方も勿論いらっしゃいますが、やはり、私は必要性を強く感じているので、たった一人でもアクションを起こして行こうと決めました。それがいつ結びついてゆくかは分かりませんが横の繋がりと学校との関わりはとても大事な事だと感じています。

保護者と学校の関係を勇気づけで築く


支援学級の先生からのお話を聞いていて感じたのですが、正に「勇気づけ」の気持ちで学校との関係も築き上げて行く事が大事なんじゃないかな?と思いました。

その為には、お母さんが知り、実践され変化を実感する。
親の対応が変われば子供も変わる、子供が変われば、学校との関係も変わる、
本当にそうなんだと思いました。

と言うのも、色々な方とお話をして行く中で、母親の苛立ちの矛先を、学校や担任、支援級のせいと怒りでいっぱいな方が多いのです。

確かに、現状として担任や学校の対応の問題も多くあるとは私も思います。感情的になる気持ちもわかります。でも、その感情をそのままぶつけるだけでは、何の解決にもならないと思いますし、状況を更に悪化させてしまうのではないか?と感じたりしていました。実際、支援級の先生はその辺の事でも悩まれている様でした。

その様なお話を聞きながら、支援級の先生が提案して来て下さったのは、「親の会」を作り、アットホームな雰囲気で 経験された方の話を学年の下のお母さん達に話してほしいとの事でした。その為には、学校のランチルームを貸す事も可能、そして、その場に職員も参加させてほしいとの話だったのです。

私の横の繋がりで、実現しようと思っていましたが、0からのスタートに対して抵抗がある方や、
考え方の違いも勿論あり、色々な方の意見をまとめてスタートするよりは 私個人で先ずは第一歩を踏み出す事に決めました。たった数名の横の繋がりでも、一緒にスタートする事は難しいですね。

当初、何をするにあたっても「肩書き」が無いと出来ないと思っていました。
でも、無くても出来る事はあるんじゃないかな?と思ったんです。
その為には、やはり私自身がもっと学ぶべき、実践し続けるべきだと思いました。
私に欠けている「勇気」を持つ事、行動する事で自分の為にもなる事なんじゃないかな?と。

ブログ:http://kosodatecafe-blog.blogspot.jp/

この記事を書いたプロ

松戸こころの相談室 [ホームページ]

心理カウンセラー シェシャドゥリ(福田)育子

千葉県松戸市新作 [地図]
TEL:047-701-7668

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セラピー

PCAGIP・・・Iがないのに愛がある事例検討法PCAGIPは①批判しない②記録を取らないというグランドルールのもと、守られた空間が事例提供者を温かく支え、気づきや成...

ご相談の流れ

ご相談は 予約して頂くことになります。1.メール又は電話で ご予約頂きます。    メールの場合は 1週間以内にご連絡させて頂きます。    電話...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
トラウマケアと心づくりセミナーを実践する心理セラピスト 福田育子さん

勇気づけセミナーとEMDR治療で、不登校・うつ症状・トラウマなどを改善へと導く(1/3)

 ストレスの多い現代。いつ誰に起きてもおかしくない心の問題をあたたかくサポートをしているのが、福田育子さんです。小学校教師、家庭教師などを経て、本場アメリカのアドラー心理大学院で心理学を修得。心理セラピスト・心理カウンセラーとして、カナダと...

シェシャドゥリ(福田)育子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

EMDR心理療法と勇気づけセミナー

屋号 : 松戸こころの相談室
住所 : 千葉県松戸市新作 [地図]
TEL : 047-701-7668

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-701-7668

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

シェシャドゥリ(福田)育子(しぇしゃどぅり ふくたいくこ)

松戸こころの相談室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

見守る

今月の講座には 1才10ヶ月の子のお母さんから 中学生の子を...

お母
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
来春新入学のお子さんをお持ちのママさん

 個人面談 「このままだと学校へ行ったら本人が困りますよ!!!って個人面談で言われたんです。なんだか落...

[ 学校 ]

担任の先生にお願いしました

 勇気づけ実践歴4年目のママ 現在小3のなおき君のママは なおき君が幼稚園年長の頃から勇気づけを実践されて...

[ 勇気づけ ]

ブレインスポッティング

 ブレインスポッティング 2003年に開発されたブレインスポッティングという心理療法があります。ブレイン...

[ ブレインスポッティング ]

諦めなければ、必ず幸せな道は切り開かれる

 クライエントさんからのメール こんばんは。ご無沙汰しておりますm(_ _)mお元気ですか!?実は私、先...

[ EMDR ]

死にたいほどわかっている!

 気づき 橋本さんからメールを頂きました。トンネルを抜け出しましたのメールの方です。息子さんは その...

[ 勇気づけ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ