コラム

 公開日: 2012-09-30 

EMDRセラピー

日本ではまだあまり知られていない心理セラピー:EMDRセラピーについてご紹介したいと思います。

EMDRは Eye Movement Desensitization and Reprocessing の略です。 日本語では「眼球運動による脱感作と再処理」と訳されています。

1989年にアメリカの心理学者フランシーン・シャピロが発表しました。以来 世界各国で4万人以上の専門家(精神科医・心理セラピストなど)がこのトレーニングを受け治療にあたっています。

これはアメリカ精神医学会、FBI、軍隊を始めとする様々な機関で効果的な治療として認められています。

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder:外傷後ストレス障害)に対して最も効果的 と言われていますが PTSDばかりでなく うつ病、パニック障害、虐待、不安障害、摂食障害、嗜癖、乖離障害、恐怖症、ストレス軽減、パフォーマンス不安など 心理が関係する様々な症状に効果があります。

下記は[[日本EMDR学会 http://www.emdr.jp/about.htm」]]のサイトで説明されている一部です。

「EMDRは、外傷的なできごとを考えてもらいながら、治療者が患者さんの眼の前で指を一定の速度で動かし、それを眼で追いかけてもらうといった比較的単純な手続きを中心とした治療技法です。眼球運動は脳を直接的に刺激し、脳が本来もっている情報処理のプロセスを活性化できるのです。ですから、5年、10年かけて、心のどこかに落ち着いていくプロセスを非常に短時間に進めることができます。そして、その過程は患者さんの脳の本来の力を引き出すので、マインドコントロールのように洗脳される、治療者に操られるというような心配は全くありません。また、止めたいときにはいつの時点でも止めることができます。また、これまでの治療方法では、起こったできごとのすべてをこと細かく語ることが必要とされることが多かったのに比べ て、大変ストレスの少ない技法と認められています。」

治療の内容は クライエント(治療を受ける人)に外傷的なイメージを持ってもらい 眼球運動を1セット(24回前後)行います。1セット後 クライエントは 初めのイメージと異なる記憶や思いが脳裏に浮かんだことをセラピストに伝えます。次の眼球運動は その新たに出てきた記憶や思いをクライエントに気付いてもらいながら行います。

EMDRの治療の間は 話をするのはクライエントであることがほとんどです。治療者が話をリードするのではなく 治療者はクライエントの脳裏から自然に出てきたものを書きとめるだけです。

またどの心理セラピーでもそうですが 一番大切なのはクライエントの安全性です。クライエントが 「治療を中断したい。」と思えば いつでも中断出来る、つまりクライエントが主導権を持っていることも 治療の始めに伝えます。

日本行動療法学会サイトにシンポ印象記(兵庫教育大学大学院 吉川 久史氏)が載っていました。これにシンポで 「不登校の生徒にEMDRが有効であり 再登校までが飛躍的に短縮できる。」との発表があったことが報告されていました。

アメリカのニュースで紹介されたEMDR治療の様子を見ることが出来ます。

またトラウマばかりでなく 私たちが思い込んだり、こだわりがあったりして生き難さにつながっているイメージにEMDRを行うと 思い込みやこだわりとなっている源の記憶が再処理され解放されます。どなたに聞いても「楽になった。」「しあわせ感が増した。」など肯定的な感想を聞きます。

うつ病から来る休職中の方、ストレスを感じておられる方、部下、同僚、上司ともっと楽に付き合っていきたいと思っておられる方。楽にはなりたいけれど多くは話したくない方などにお勧めです。うつ病の根本的な原因である性格傾向は薬では治療できませんが 性格の基を築いている思い込みの記憶はEMDRで再処理できるからです。

いま日本社会で問題になっている「いじめの記憶」「不登校」等の早期解決のためにも有効です。

次のコラムに 長年摂食障害を始めとするトラウマ的な記憶からEMDRセラピーで「本来の健康なこころ」を取り戻された方の手記をご紹介します。
お子さんとの関係をより良いものにするために「勇気づけの親子関係実践セミナー」の受講もお勧めしました。2012年9月で5章まで学ばれたところですが 既に効果を実感されているそうです。






 

この記事を書いたプロ

松戸こころの相談室 [ホームページ]

心理カウンセラー シェシャドゥリ(福田)育子

千葉県松戸市新作 [地図]
TEL:047-701-7668

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セラピー

PCAGIP・・・Iがないのに愛がある事例検討法PCAGIPは①批判しない②記録を取らないというグランドルールのもと、守られた空間が事例提供者を温かく支え、気づきや成...

ご相談の流れ

ご相談は 予約して頂くことになります。1.メール又は電話で ご予約頂きます。    メールの場合は 1週間以内にご連絡させて頂きます。    電話...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
トラウマケアと心づくりセミナーを実践する心理セラピスト 福田育子さん

勇気づけセミナーとEMDR治療で、不登校・うつ症状・トラウマなどを改善へと導く(1/3)

 ストレスの多い現代。いつ誰に起きてもおかしくない心の問題をあたたかくサポートをしているのが、福田育子さんです。小学校教師、家庭教師などを経て、本場アメリカのアドラー心理大学院で心理学を修得。心理セラピスト・心理カウンセラーとして、カナダと...

シェシャドゥリ(福田)育子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

EMDR心理療法と勇気づけセミナー

屋号 : 松戸こころの相談室
住所 : 千葉県松戸市新作 [地図]
TEL : 047-701-7668

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-701-7668

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

シェシャドゥリ(福田)育子(しぇしゃどぅり ふくたいくこ)

松戸こころの相談室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「勇気づけの親子関係実践セミナー」を実践して

「自然の結末」は この先大きくなっても とても大切だな、...

K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
来春新入学のお子さんをお持ちのママさん

 個人面談 「このままだと学校へ行ったら本人が困りますよ!!!って個人面談で言われたんです。なんだか落...

[ 学校 ]

担任の先生にお願いしました

 勇気づけ実践歴4年目のママ 現在小3のなおき君のママは なおき君が幼稚園年長の頃から勇気づけを実践されて...

[ 勇気づけ ]

ブレインスポッティング

 ブレインスポッティング 2003年に開発されたブレインスポッティングという心理療法があります。ブレイン...

[ ブレインスポッティング ]

諦めなければ、必ず幸せな道は切り開かれる

 クライエントさんからのメール こんばんは。ご無沙汰しておりますm(_ _)mお元気ですか!?実は私、先...

[ EMDR ]

死にたいほどわかっている!

 気づき 橋本さんからメールを頂きました。トンネルを抜け出しましたのメールの方です。息子さんは その...

[ 勇気づけ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ