コラム

 公開日: 2017-04-27 

直下率が構造計画の新指標




直下率が構造計画の新指標に成りそうだ!

最近テレビで熊本地震での被害状況と直下率を紐付け取り上げた事が話題となっている。


在来工法の自由設計は直下率の低い建物になり構造的に不安定になり易く、

柱位置、壁位置など位置関係重視での構造の考え方が重要となる。


簡単に言うと「2階の柱の下に1階の柱」となる事が理想となるが・・・

なかなか施主様の要望を考えると状況は難しい。

例えば2階の角柱の下に1階の柱が無く2方向ともセットバックし、ずれて配置。

という場合は地震時に特に問題が生じやすい。


そうです・・・良く見かける昔ながらの下が大きく上が小さい家。

こういう水平構面の剛性が小さい旧来の家は特に不安が残ります。


それではどういう家が理想か?

一番の理想形は総二階の建物。

何の変哲もない総二階で欲を言えば南側に大きな窓がない家。

更に今流行の横長窓は最小限に・・・「外部の耐力壁が減少」


いずれにしても「直下率が構造計画の新指標」となりサイコロの様な家ばかりになると

面白い?建物がだんだん減ってきそうだ!


これからは意匠・設備・構造を併せもった「面白いサイコロ」も念頭に設計!

この記事を書いたプロ

有限会社カイハタ建設/カイハタ建設一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 貝畑勝則

千葉県千葉市中央区星久喜町774-1 竹柏貝畑ビル202号 [地図]
TEL:043-300-7488

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

カイハタ建設は地域に密着した会社です。先代の代より(2008年現在)お陰様で42年目に入りました。規模は小さいですが1件1件を大切に建てています。よく展示会など開催...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
エアブレス工法でつくる健康住宅/カイハタ建設・一級建築士貝畑勝則

木の家に、永く、快適に、健康に暮らす。(1/3)

「わが家の建築を任せられるのはこの人しかいない」。建築のプロにそう言わしめる人物が、千葉市でカイハタ建設を営む一級建築士の貝畑勝則さんです。約20年前から健康住宅づくりに心血を注いでいます。 「健康住宅は“人にやさしい” がもっぱらのキ...

貝畑勝則プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

エアブレス工法で、永く健康に暮らせる木の家づくり

会社名 : 有限会社カイハタ建設/カイハタ建設一級建築士事務所
住所 : 千葉県千葉市中央区星久喜町774-1 竹柏貝畑ビル202号 [地図]
TEL : 043-300-7488

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

043-300-7488

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

貝畑勝則(かいはたかつのり)

有限会社カイハタ建設/カイハタ建設一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

大手のハウスメーカーは考えていませんでした

お世話になっております。  2月に我が家が完成し、約1...

HY
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
性能(実質住まい満足度)を求め

今日は冬将軍が弱まりましたが・・・最近は夜間は特に寒く、我が家に帰ると、改めて、あ~やっぱり我が家...

[ 健康住宅 ]

耐震CM
イメージ

よく震度7に○○回耐えた家とCMなどで流れています。確かに大手ハウスメーカーさんは実験設備を整え検査しデー...

[ 耐震基準 ]

全館暖房・全館空気清浄の健康リフォーム
イメージ

クリスマスに最適な暖か健康リフォーム完成のご報告!先日エアブレス工法にて築19年のお客様宅リフォーム工...

[ 健康住宅 ]

幸せの黄色い折込チラシ
イメージ

明日から来月三日まで緑区で完成見学会を行います。その準備が先程、ようやく終わりました。今回の...

[ 見学会 ]

既存住宅状況調査技術者
イメージ

既存住宅状況調査技術者資格証ひと月ぶりの更新となります。先日、ようやく既存住宅状況調査技術者の資格...

[ 既存住宅状況調査技術者 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ