コラム

 公開日: 2015-09-07 

白蟻駆除費用も建替の為の取り壊し費用も雑損控除OK!   <浦安市川の中小企業支援コラム>

9月5日の土曜日、某ハウスメーカーの住宅お引き渡し説明会において、約1時間、「住宅取得と税金」についてお話をさせて頂きましたが、その後の個別相談会において、「白蟻の被害で、結局、建替ざるを得なくなった。これらの費用<損失>ついて、何か救済措置はありますか?」との質問を受けました。同じような悩みを抱える方も多いかと思い、その回答内容を以下紹介させて頂きます。

白蟻駆除費用等も雑損控除の対象

災害又は盗難若しくは横領によって、資産について損害を受けた場合等には、一定の金額の所得控除を受けることができますが、これを雑損控除といいます。損害の原因は 次のいずれかの場合に限られます。

(1) 震災、風水害、冷害、雪害、落雷など自然現象の異変による災害
(2) 火災、火薬類の爆発など人為による異常な災害
(3) 害虫などの生物による異常な災害
(4) 盗難
(5) 横領

白蟻駆除費用等は上記(3)に該当します。

雑損控除として控除できる金額

次の二つのうちいずれか多い方の金額となります。

(1) (損失額)-(総所得金額等)×10%
(2) (損失額のうち災害関連支出の金額)-5万円

(注1) 損失額が大きくてその年の所得金額から控除しきれない場合には、翌年以後(3年間が限度)に繰り越して、各年の所得金額から控除することができます。なお、雑損控除は他の所得控除に先だって控除することとなっています。
(注2)「損失額」とは、損害を受けた時の直前におけるその資産の時価を基にして計算した損害の額です。  なお、平成26年分の所得税からは、損害を受けた資産が減価償却資産である場合には、その資産の取得価額から減価償却費累積額相当額を控除した金額を基にして損失額を計算することができます。
(注3)「災害関連支出の金額」とは、災害により滅失した住宅、家財などを取壊し又は除去するために支出した金額です。
(注4)災害などに関して受け取った保険金や損害賠償金があれば、損失額から控除します。

留意事項

上記の(注3)の如く、建物の取り壊し費用は災害関連支出となり、その分損失額が増え、然も、3年間繰り越して控除できるのですが、一方、(注1)の如く、雑損控除は他の所得控除(社会保険料控除、扶養控除、医療費控除等)に先だって控除することとされていますから、多額の場合、損失の発生年においては、他の所得控除を使わずに申告することにもなりかねませんん。

この点、資産の損失という異常事態に対応する税制としては「、厳しすぎる」、「他の所得控除の後に控除し、且つ、3年間の繰り越しとすべき」として、税理士会は税制改正を求めています。そうなれば、他の所得控除を無駄にすることはありません。


ご相談、お問い合わせ・取材はお気軽に
↓↓↓
市川市南行徳1-11-2-101
(東西線南行徳駅から徒歩3分)
TEL 047-300-4536
メール s.izumi@tkcnf.or.jp
http://shunro-izumi.tkcnf.com/pc/



この記事を書いたプロ

和泉税理士事務所 [ホームページ]

税理士 和泉俊郎

千葉県市川市南行徳1-11-2 クラスター秋101号室 [地図]
TEL:047-300-4536

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
知恵袋ベストアンサー

知恵袋でベストアンサーを獲得した回答一覧は下記の知恵袋HPに掲載の通りです。http://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_ansdetail.php?writer=yc_ydvrj&flg=...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
和泉税理士事務所 和泉俊郎氏

地元に密着し、黒字化支援から相続まで親身になってサポート!(1/3)

 「8割の中小企業が赤字経営だといわれる今、私たち税理士には、その8割の経営者と不安や悩みを共有し、黒字化していかなければならない義務があります」。そう力強く語るのは、和泉税理士事務所所長の和泉俊郎氏。とても穏やかな人柄でありながら、税理士...

和泉俊郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

中小企業の黒字化支援に強い!英文会計にも対応!

事務所名 : 和泉税理士事務所
住所 : 千葉県市川市南行徳1-11-2 クラスター秋101号室 [地図]
TEL : 047-300-4536

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-300-4536

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

和泉俊郎(いずみしゅんろう)

和泉税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

経営支援セミナーに参加して

昨日はありがとうございました。 とても有意義なセミナーでし...

IS
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
平成29年から予防・健康管理費用も医療費控除の対象!  <浦安・市川の中小企業支援コラム>
イメージ

平成28年度税制改正で、これまでは病気や怪我の治療費のみ(お産関係費用は例外的に対象)に限定されていた医療費...

対応力と人間力を磨け!   <浦安・市川の中小企業支援コラム>
イメージ

将棋電王戦は3年目にしてやっとプロ棋士団が将棋ソフト団に勝ったと報道されています。将棋ソフトは事前にプ...

マイナンバー制度の大きなインパクト!  <浦安・市川の中小企業支援コラム>
イメージ

本年10月から番号が通知され、来年1月から社会保障や税の分野で施行されるマイナンバー制度は中小企業にも大きなイ...

築後20年超で耐震基準を満たさない住宅のローン控除  <浦安・市川の中小企業支援コラム>

平成26年度税制改正で、これまでローン控除の対象外とされていた築後20年超で耐震基準を満たさない住宅につい...

相続税 27年度も税務調査の8割超で申告漏れ   <浦安・市川の中小企業支援コラム>
イメージ

国税庁は、11月10日、平成27年事務年度における相続税・贈与税の実地調査の結果を公表しました。概要は下記の通り...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ