コラム

 公開日: 2014-01-25  最終更新日: 2014-07-03

消費税率引上げに伴う資産の譲渡等の適用税率に関するQ&A

1月20日 、国税庁は「消費税率引上げに伴う資産の譲渡等の適用税率に関するQ&A」を公表しました。取り扱いが難しい10項目について、明確な回答をしています。

その中から、施行日をまたぐ資産の譲渡等に関する三つの事例を紹介いたします。

(事業者間で収益・費用の計上基準が異なる場合の取扱い)

当社(A社)では、検収基準により仕入れを計上しています。ところで、当社と取引先(B社)の収益、費用の計上基準の違いにより、当社が、4月初旬に検収基準により仕入れを計上したものであっても、取引先が出荷基準によっている場合、施行日(平成26年4月1日)前に出荷された商品は旧税率(5%)が適用されるので、取引先(B社)から、旧税率(5%)に基づく消費税額等が記載された請求書が送付されてくるものと考えられます。このような場合、当社の仕入税額控除の計算はどのように行えばよいですか。
【答】
新消費税法は、経過措置が適用される場合を除き、施行日以後に行われる資産の譲渡等及び課税仕入れ等について適用されます(改正法附則2)。照会の事例は、B社がA社に対して、施行日前に行った課税資産の譲渡等ですので、A社においても、旧消費税法の規定に基づき仕入税額控除の計算を行うこととなります。

(月ごとに役務提供が完了する保守サービスの適用税率)

当社は、事務機器の保守サービスを行っており、保守サービスの年間契約(月額○○円)を締結しています。この保守サービスについては、月ごと(20日締め)の作業報告書を作成し、保守料金を請求しています。この場合、施行日(平成26年4月1日)をまたぐ3月21日から4月20日までの期間に対応する保守サービスについては、新税率(8%)が適用されますか。
【答】
照会の役務提供契約は、月ごとに役務提供が完了するものと考えられます。
したがって、平成26年3月21日から同年4月20日までの役務提供については、その役務提供の完了した日である4月20日における税率(8%)が適用されることとなります。
(注)1か月分の料金を日割り計算する等により、3月21日~3月31日の期間に相当する金額を算出することも可能ですが、照会のような取引は、毎月20日締めとしている1か月分の計算期間が一の取引単位であると認められることから、その取引単位ごとに同一の税率が適用されます。

(保守料金を前受けする保守サービスの適用税率)

当社は、事務機器の保守サービスを行っており、保守サービスの契約期間を平成26年4月以後1年間とする保守契約を平成26年3月31日までに締結するとともに、同日までに一括して1年間の保守料金を前受けしています。なお、この保守契約は、月額○○円として保守料金を定めており、中途解約があった場合には、未経過期間分の保守料金を返還することとしています。この保守契約に係る取引について、1年間分を一括収受し、前受金として計上したものを毎月の役務提供の完了の都度、収益に計上することとしていますが、この場合において、施行日(平成26年4月1日)以後、毎月の役務提供の完了の都度、収益に計上する際の適用税率はどのようになりますか。
【答】
役務の提供による資産の譲渡等の時期は、物の引渡しを要するものにあっては、その目的物の全部を完成して引き渡した日、物の引渡しを要しないものにあっては、その約した役務の全部を完了した日とされています(基通9-1―5)。また、前受金に係る資産の譲渡等の時期は、現実に資産の譲渡等を行った時とされています(基通9-1―27)。照会の保守契約は、契約期間は1年間であるものの、保守料金が月額で定められており、その役務提供が月々完了するものですので、この保守契約に基づき計上した前受金に係る資産の譲渡等の時期は、現実に毎月の役務提供が完了する時であり、その時の消費税率が適用されます。したがって、施行日以後、役務提供が完了するものについては、新税率(8%)が適用されることとなります。

その他7つの事例に関しても、原則通り、実際の取引が4月1日前か後かで判断するとの考え方が明確にされています。

ご相談、お問い合わせ・取材はお気軽に
↓↓↓
市川市南行徳1-11-2-101
(東西線南行徳駅から徒歩3分)
TEL 047-300-4536
メール s.izumi@tkcnf.or.jp
http://shunro-izumi.tkcnf.com/pc/




この記事を書いたプロ

和泉税理士事務所 [ホームページ]

税理士 和泉俊郎

千葉県市川市南行徳1-11-2 クラスター秋101号室 [地図]
TEL:047-300-4536

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
知恵袋ベストアンサー

知恵袋でベストアンサーを獲得した回答一覧は下記の知恵袋HPに掲載の通りです。http://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_ansdetail.php?writer=yc_ydvrj&flg=...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
和泉税理士事務所 和泉俊郎氏

地元に密着し、黒字化支援から相続まで親身になってサポート!(1/3)

 「8割の中小企業が赤字経営だといわれる今、私たち税理士には、その8割の経営者と不安や悩みを共有し、黒字化していかなければならない義務があります」。そう力強く語るのは、和泉税理士事務所所長の和泉俊郎氏。とても穏やかな人柄でありながら、税理士...

和泉俊郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

中小企業の黒字化支援に強い!英文会計にも対応!

事務所名 : 和泉税理士事務所
住所 : 千葉県市川市南行徳1-11-2 クラスター秋101号室 [地図]
TEL : 047-300-4536

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-300-4536

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

和泉俊郎(いずみしゅんろう)

和泉税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

経営支援セミナーに参加して

昨日はありがとうございました。 とても有意義なセミナーでし...

IS
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
平成29年から予防・健康管理費用も医療費控除の対象!  <浦安・市川の中小企業支援コラム>
イメージ

平成28年度税制改正で、これまでは病気や怪我の治療費のみ(お産関係費用は例外的に対象)に限定されていた医療費...

対応力と人間力を磨け!   <浦安・市川の中小企業支援コラム>
イメージ

将棋電王戦は3年目にしてやっとプロ棋士団が将棋ソフト団に勝ったと報道されています。将棋ソフトは事前にプ...

マイナンバー制度の大きなインパクト!  <浦安・市川の中小企業支援コラム>
イメージ

本年10月から番号が通知され、来年1月から社会保障や税の分野で施行されるマイナンバー制度は中小企業にも大きなイ...

築後20年超で耐震基準を満たさない住宅のローン控除  <浦安・市川の中小企業支援コラム>

平成26年度税制改正で、これまでローン控除の対象外とされていた築後20年超で耐震基準を満たさない住宅につい...

相続税 27年度も税務調査の8割超で申告漏れ   <浦安・市川の中小企業支援コラム>
イメージ

国税庁は、11月10日、平成27年事務年度における相続税・贈与税の実地調査の結果を公表しました。概要は下記の通り...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ