コラム

 公開日: 2012-10-24 

不動産の地質・地盤・空洞調査|千葉県習志野市

私たち「ジオメンテナンス」は、構造物調査のプロフェッショナル・パートナーです。
お客様がお持ちの不動産物件について、敷地内の埋設物・支障物、空洞などを調査いたします。

多様な調査ソリューションを駆使した多角的な調査で様々なニーズに対応いたします。

私たちの調査ソリューションをご活用いただくことで、お客様の不動産の
売買契約をより「円滑」に進めることが可能となると考えております。

お客様が保有されている不動産物件に「安心」という価値を加えてみませんか?
ぜひお気軽にお問い合わせください。

■調査によるメリット
•「調査済物件」を訴求することによる物件価値の向上
•「調査済物件」という「安心」が物件の付加価値となり、販売をより容易に

■こんなときは、まずは私たちにご相談ください。
•保有物件の構造物調査、地質調査、埋設物調査、埋設管調査
•新規購入物件の構造物調査、地質の事前調査・評価

■調査対象
•新規建設予定地における地中支障物調査(埋設管、埋設物、残置基礎、残置杭)
•既存敷地内の空洞・埋設物・埋設管調査
•コンクリート構造物における老朽化調査
•液状化に関わる空洞調査
•宅地造成地等の盛土に関わる調査
•基礎杭に関わる調査(根入れ調査・杭配列調査) など

空洞・地盤・地質調査で、危険を察知する

ジオメンテナンス株式会社
http://www.geo-m.co.jp

この記事を書いたプロ

ジオメンテナンス株式会社 [ホームページ]

測量士 山田拓也

千葉県習志野市谷津1-23-27 [地図]
TEL:047-470-8550

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
調査実績

◆ 空洞調査 <北海道> 橋台踏掛版背面空洞調査(地中レーダ探査)・漁港空洞調査(地中レーダ探査) <青森県> 港湾空洞調査(地中レーダ探査) <岩手県> 高速道路...

よくある質問

北海道から四国・九州まで喜んでお伺いさせて頂きます。

 
このプロの紹介記事
地質・構造物調査の専門家 山田拓也さん

安心安全を陰から支える、地質調査のプロ集団(1/3)

 大天災を幾度も経験し、安全の大切さを再認識する昨今。道路や建造物の安心安全を影から支えてくれる、地質調査のプロ集団が習志野市にいます。山田拓也さんが代表を務めるジオメンテナンス株式会社です。 「地面の下には、空洞や埋設物など、さまざま...

山田拓也プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

高い技術力をもった専門家集団と、多彩なソリューション

会社名 : ジオメンテナンス株式会社
住所 : 千葉県習志野市谷津1-23-27 [地図]
TEL : 047-470-8550

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-470-8550

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山田拓也(やまだたくや)

ジオメンテナンス株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
港湾の空洞調査
港湾の空洞調査

北海道道央圏漁港のコンクリート構造物の空洞の有無を地中レーダ探査を用いて調査を実施しました。漁港ではコン...

[ 地質・地盤・空洞調査 ]

神奈川県の導水路トンネル探査事例
イメージ

導水路トンネルの覆工背面調査を実施した事例をご紹介します。老朽化したトンネル、特に40~50年前の高度成長...

[ 地質・地盤・空洞調査 ]

調査実績|空洞調査

•北海道  橋台踏掛版背面空洞調査(地中レーダ探査) •北海道  漁港空洞調査(地中レーダ探査) •青森県  港湾...

東日本大震災・被災地の空洞・地盤調査
東日本大震災・被災地の空洞調査

今回の調査は、2011年3月11日に発生した未曾有の大地震「東日本大震災」によって被災を受けた地域での調査です...

[ 地質・地盤・空洞調査 ]

NHK「首都圏ネットワーク」出演のお知らせ|「街路樹に潜む意外な危険」
「街路樹に潜む意外な危険」

7月10日放送のNHKのニュース番組「首都圏ネットワーク」の「街路樹に潜む意外な危険」のコーナーで、弊社の空...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ