コラム

 公開日: 2012-09-22 

ご挨拶|ジオメンテナンス株式会社

はじめまして。
ジオメンテナンス株式会社の山田拓也と申します。

日本は地震大国と呼ばれ、世界各国の中でも地震が非常に多く発生する国といわれています。大きな被害を受けた阪神淡路大震災をきっかけに、国や建設事業者の間では地盤や構造物に対する安全への意識が高まり、建築基準の見直しや事前調査の義務化などの整備が図られてきました。

そして2011年3月11日の東日本大震災により、世の中の既存構造物の調査や工事着手前の地質調査などのニーズはさらに高まってきています。

わたしたちジオメンテナンスでは、高度な技術と蓄積したノウハウで地盤や構造物の調査に真摯に取り組み、より安全で安心できる社会基盤づくりをサポートすることを使命に日々活動しています。

これまで官公庁や大手建設会社様、土地オーナー様などから、数多くの調査のご依頼をいただき、多種多様なニーズに柔軟にお応えしてきました。

調査が必要になったとき、どのようにすれば調査できるのかがわからないとき...
迅速かつ精度の高い調査ソリューションを、お客様のニーズに即した形で提供いたします。

まずは「ジオメンテナンス」にご相談ください。
よろしくお願い致します。

ジオメンテナンス株式会社
http://www.geo-m.co.jp

この記事を書いたプロ

ジオメンテナンス株式会社 [ホームページ]

測量士 山田拓也

千葉県習志野市谷津1-23-27 [地図]
TEL:047-470-8550

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
調査実績

◆ 空洞調査 <北海道> 橋台踏掛版背面空洞調査(地中レーダ探査)・漁港空洞調査(地中レーダ探査) <青森県> 港湾空洞調査(地中レーダ探査) <岩手県> 高速道路...

よくある質問

ケースバイケースになるため、まずは現在の状況含めご相談ください。ジオメンテナンス株式会社 山田までTEL:047-470-8550FAX:047-470-8560https://www.geo-m....

 
このプロの紹介記事
地質・構造物調査の専門家 山田拓也さん

安心安全を陰から支える、地質調査のプロ集団(1/3)

 大天災を幾度も経験し、安全の大切さを再認識する昨今。道路や建造物の安心安全を影から支えてくれる、地質調査のプロ集団が習志野市にいます。山田拓也さんが代表を務めるジオメンテナンス株式会社です。 「地面の下には、空洞や埋設物など、さまざま...

山田拓也プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

高い技術力をもった専門家集団と、多彩なソリューション

会社名 : ジオメンテナンス株式会社
住所 : 千葉県習志野市谷津1-23-27 [地図]
TEL : 047-470-8550

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-470-8550

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山田拓也(やまだたくや)

ジオメンテナンス株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ボアホールレーダー探査事例(その5)
イメージ

 今回は橋台の基礎杭の配列を確認した記録のご紹介です。橋を支える橋台の基礎杭、その杭の配列を確認する調査...

[ 地質・地盤・空洞調査 ]

残置杭の杭長調査
イメージ

基礎杭が地面内に残置された杭の長さ確認をした記録のご紹介です。解体された建屋に使われていた基礎杭の長さの...

[ 地質・地盤・空洞調査 ]

埋設管調査事例その6
イメージ

 今回は鉄筋コンクリートが敷設されている場所で、その下の埋設管を検出した事例です。地中レーダー探査にとっ...

[ 地質・地盤・空洞調査 ]

ボアホールレーダー探査事例(その4)
イメージ

 今回も引き続きボアホールレーダー探査事例です。  (砂層と礫層の違いにも注目)鋼矢板の下端深度を把握...

[ 地質・地盤・空洞調査 ]

埋設物の調査事例(その5)
イメージ

 今回も埋設物調査で深度約3mの深い埋設管を検出した事例です。今回は深度約3mの深い埋設管を調査した時の事例...

[ 地質・地盤・空洞調査 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ