プロTOP:山田拓也プロのご紹介

安心安全を陰から支える、地質調査のプロ集団(1/3)

地質・構造物調査の専門家 山田拓也さん

空洞調査・埋設物調査で、危険を察知する

 大天災を幾度も経験し、安全の大切さを再認識する昨今。道路や建造物の安心安全を影から支えてくれる、地質調査のプロ集団が習志野市にいます。山田拓也さんが代表を務めるジオメンテナンス株式会社です。

 「地面の下には、空洞や埋設物など、さまざまな現象や危険が存在しますが、当然目に見えません。それらを見るのが、私たちの仕事です」と山田さん。「〝地中のレントゲンを撮って分析する〟といえば想像しやすいでしょうか。レーダーや赤外線をはじめ、特殊な機械を駆使して地中の異物や不具合を検知。データを読み解いて、位置や大きさ、地中の状態を正確に掴みます」

 一体、どのような場面で調査されているのでしょうか。「例えば地中やトンネルの背面には経年変化や地震などが要因で、空洞や地盤のゆるみが発生することがあるんです。大きくなれば、道路の陥没、トンネルの崩壊につながる。人や車が通っている時だと大事故ですよね。実際、数年前にはゴルフ場の地面が突然陥没して、人が亡くなった事例もありました」。ほかにも、波止場内部に波の浸食で空洞が発生し崩れる、道路が陥没し車が落ちる…。事故は沢山起こるそうです。

 「国や自治体も手をこまねいているだけではありません。厳しい基準を設けて修復に取り組んでいますが、やみくもに手をつけても時間と費用がかかるばかり。そこで、工事が必要かどうか、修繕する場合はどこを直すのか。適切な判断をするために、まず私たちが、不具合箇所の位置、大きさを調査します」

 工事の方向性を決める大事な第一歩が、山田さんたちの調査なのです。被害が甚大で広範囲に及んだ東日本大震災でも、復旧プロジェクトに参加。道路や建築物の構造内部を調査して修繕必要箇所を探るなど、復興に大事な役割を担っています。

<次ページへ続く>

【次ページ】 日本屈指の技術力と現場力が導きだす、多彩なソリューション

最近投稿されたコラムを読む
調査実績

◆ 空洞調査 <北海道> 橋台踏掛版背面空洞調査(地中レーダ探査)・漁港空洞調査(地中レーダ探査) <青森県> 港湾空洞調査(地中レーダ探査) <岩手県> 高速道路...

よくある質問

ケースバイケースになるため、まずは現在の状況含めご相談ください。ジオメンテナンス株式会社 山田までTEL:047-470-8550FAX:047-470-8560https://www.geo-m....

山田拓也プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

高い技術力をもった専門家集団と、多彩なソリューション

会社名 : ジオメンテナンス株式会社
住所 : 千葉県習志野市谷津1-23-27 [地図]
TEL : 047-470-8550

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-470-8550

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山田拓也(やまだたくや)

ジオメンテナンス株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ボアホールレーダー探査事例(その5)
イメージ

 今回は橋台の基礎杭の配列を確認した記録のご紹介です。橋を支える橋台の基礎杭、その杭の配列を確認する調査...

[ 地質・地盤・空洞調査 ]

残置杭の杭長調査
イメージ

基礎杭が地面内に残置された杭の長さ確認をした記録のご紹介です。解体された建屋に使われていた基礎杭の長さの...

[ 地質・地盤・空洞調査 ]

埋設管調査事例その6
イメージ

 今回は鉄筋コンクリートが敷設されている場所で、その下の埋設管を検出した事例です。地中レーダー探査にとっ...

[ 地質・地盤・空洞調査 ]

ボアホールレーダー探査事例(その4)
イメージ

 今回も引き続きボアホールレーダー探査事例です。  (砂層と礫層の違いにも注目)鋼矢板の下端深度を把握...

[ 地質・地盤・空洞調査 ]

埋設物の調査事例(その5)
イメージ

 今回も埋設物調査で深度約3mの深い埋設管を検出した事例です。今回は深度約3mの深い埋設管を調査した時の事例...

[ 地質・地盤・空洞調査 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ