大串一稔

おおくしかずとし

漢方療法 元気堂薬局

[ 船橋市 ]

職種

コラム

 公開日: 2015-03-13 

ニキビ

 ニキビは、皮膚科学では「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」、漢方では「粉刺(ふんし)」と称します。ニキビの発症のしくみを漢方的に考えてみると、まず、「脾は肌肉を主る」といい、臓腑の中では脾胃(消化機能)の不調が中心になることが多く、そこに皮脂の分泌を調節する肝の疏泄(自律神経)、腎の虚火(ホルモンの失調)などが深く関係しています。また、皮膚疾患といえども、長期にわたるものは、正気の虚(気・血・津液・精などの不足)を考慮することも重要です。
 Aさんは36才の女性。「以前より少しニキビができていたが、職場の部署が変わり、ストレスにより顕著に悪化。顔の両側面から顎にかけて、暗紅色或いは淡紅色の小丘疹が多発。ストレスを受けた時と月経前に悪化しやすい。安定していた月経が不順。月経前に頭痛が多い。疲れやすく、手足が冷え、寒がり。肩こり、腰痛。ストレスのせいか時に胃痛、やや便秘傾向。」といった症状でした。「肝気犯胃証」に、「寒湿証」も兼ねていると判断し、柴胡疏肝散と当帰芍薬散を服用していただくことにして、スキンケアの指導もさせていただきました。1ヶ月ほどでニキビが減少し、3ヶ月ほどで、ほとんどわからない程度になりました。
 漢方では、ニキビの色、形、好発部位、悪化条件、随伴症状などから、そのパターンを鑑別し、「風熱」「脾胃湿熱」「肝胆湿熱」「実寒」「肝気鬱結」「痰凝」「瘀血」「脾気虚」「陽虚」「陰虚」「陰虚火旺」「気血両虚」等々に分類し、更に症状、体質を分析して、治療方法や漢方処方を決定します。当薬局では、約八十種類ほどの処方を使い分けていきます。複数のパターンが混在している事もあります。 皮膚疾患全般に言えることですが、患部症状をよく観察して漢方薬を決定することが治療の早道となります。

~日本人に合った身体にやさしい漢方薬~             
元気堂薬局            

日本薬局製剤研究会講師 五臓漢方研究会会長 薬剤師・国際中医師 大串一稔  
〒273-0002 千葉県船橋市東船橋1-38-3
TEL 047-426-2076
FAX 047-426-0382

http://www.kanpo-genkido.co.jp/

この記事を書いたプロ

漢方療法 元気堂薬局 [ホームページ]

薬剤師 大串一稔

千葉県船橋市東船橋1-38-3 [地図]
TEL:047-426-2076

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
漢方療法 元気堂薬局」大串一稔先生

アトピー、更年期、花粉症…改善の早道は日本人に適した優しい漢方!(1/3)

 開業から22年に渡り、アトピーやニキビなどの皮膚疾患や婦人科疾患、喘息や花粉症などで悩む多くの患者さんを〝元気〟にしてきた「漢方療法 元気堂薬局」。店内には多くの漢方薬の標本、調剤室の壁一面を覆う生薬の引き出し…日々、熱心に患者さんと接し...

大串一稔プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

アトピー、更年期に強い!日本人にあった体に優しい漢方薬を処方

店名 : 漢方療法 元気堂薬局
住所 : 千葉県船橋市東船橋1-38-3 [地図]
TEL : 047-426-2076

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-426-2076

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大串一稔(おおくしかずとし)

漢方療法 元気堂薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
真寒仮熱によるアトピー性皮膚炎

 アトピー性皮膚炎の漢方治療において、寒証と熱証の鑑別は、最も重要なことの一つです。皮膚が赤くなっているか...

[ アトピー性皮膚炎 ]

段階的治療が奏効したアトピー性皮膚炎

 アトピー性皮膚炎は、当薬局で最もご相談が多い疾患です。漢方的にみるとその発症の根幹は、気・血・津液・精な...

[ アトピー性皮膚炎 ]

胃腸虚弱と疲労により悪化するアトピー性皮膚炎

 「27才男性、幼少期からアトピー性皮膚炎。しばらく症状は落ち着いていたが、数ヶ月前から仕事が忙しくなり、...

[ アトピー性皮膚炎 ]

標治、本治によるアトピー性皮膚炎の漢方治療

 漢方では、「標」と「本」という考え方があります。「標」とは、外に現れている症状を指し、「本」とは、疾病の...

[ アトピー性皮膚炎 ]

アトピー性皮膚炎 5

 漢方治療において、「五臓六腑」という概念は大変重要です。「五臓」には、肝・心・脾・肺・腎があり、相生・相...

[ アトピー性皮膚炎 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ