コラム

 公開日: 2016-07-31 

50歳、いまから始める老後資金準備 

50歳、子供の教育費や住宅ローンで貯金がない方が多いのではないでしょうか。ただ、退職まで10年、または15年しか時間がありません。預金金利も金利がつかないのと同じです。今後どうしたらいいのでしょうか。よく60歳の時に夫婦二人で3000万円ということをよく耳にしますが、もし3000万円を60歳の時までに10年間で貯めるには毎年いくら貯めないとならないのでしょうか。300万円です。月にすると25万円です。まずほとんどの方は難しいのではないでしょうか。金利が1%としたら毎月約24万円、金利2%とすると毎月約23万円、金利3%とすると毎月22万円です。なかなか難しいですね。どうしたらいいのだろうか。株式投資、不動産投資、どれも価格変動リスクなどがあります。どの程度リスクを取るべきなのでしょうか。失敗したときのヘッジはできるのだろうか。積立型投資信託、るいとうなどで毎月購入してドルコスト平均法を使い、はたしてどのくらい貯まるのだろうか。他に貯める方法はないのだろうか。今預貯金がないとかなりピンチです。働き続けられるようにいまから準備をしないとならないのでしょうか。働き続けられる仕事はあるのだろうか。田舎に暮らして自給自足をして生活費を切り詰めないとならないのだろうか。または東南アジアに住んで生活費を抑える準備を今からすべきだろうか。なかなか答えは見つからないですね。銀行の預金金利が7%あったら10年で預けた預金が倍になるのですが。そんな時代はもう来ないのだろうか。いくら考えても答えが出ません。答えが出ないから、あらゆる手段を考えておかなくてはなりません。まずは経済情勢に敏感になりましょう。訪れるチャンスをつかむのです。退職後の仕事も検討しておきましょう。資格取得も一つですね。今の仕事を生かすのも一つです。今も将来も豊かで楽しい生活がしたいものです。一生に一度の人生後悔しないようにしたいですね。

(お金を貯めるワンポイント)
72の法則 :72÷金利=預けたお金が2倍になるまでの必要年数
例えば、72÷7%=約10年

複利のしくみ:預貯金の商品には「単利」と「複利」があります。「単利」とは当初預けた元本に対してのみ利息が付きます。「複利」は当初預けた元本についた利息を元本にどんどん組み入れて新たな元本として、その元本に利息が付きます。

ドルコスト平均法:定期的に一定金額ずつ購入することにより平均購入コストの低下を目指す方法

この記事を書いたプロ

株式会社FPソリューション [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 辻畑憲男

千葉県浦安市北栄1-2-27 東京:東京都中央区八丁堀1-1-3 協栄八重洲ビル5F [地図]
TEL:047-352-7581

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
辻畑憲男 つじはたのりお

人生どう生きますか?そのためのお金の収支設計(1/3)

 「住宅ローン、保険、各種マネープランのご相談をいただくと、お客様はご自分の年齢や収入の『平均的なマネープラン』を尋ねられ、その平均値をご自分のプランの参考にしようとされることが多いのですが、じつは平均値は現実的ではありません。同じ年収でも...

辻畑憲男プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ライフプランに合わせたマネープラン、住宅ローンに強い!

会社名 : 株式会社FPソリューション
住所 : 千葉県浦安市北栄1-2-27 [地図]
東京:東京都中央区八丁堀1-1-3 協栄八重洲ビル5F
TEL : 047-352-7581

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-352-7581

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

辻畑憲男(つじはたのりお)

株式会社FPソリューション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
初めてのマイホーム計画

低金利の今、住宅購入のチャンスです。ただ、無計画な住宅購入は失敗のもとです。まずは資金計画を考え、住宅を購...

持病のある方のための医療保険について

持病のある方は、医療保険への加入が難しい場合が多いのですが、加入できる保険がよく「誰でもはいれる(実際には...

20代、30代、初めての住宅購入

低金利時代、住宅購入を検討されている方は多いのではないでしょうか。ただ、大きな買い物失敗しないようにするに...

サラリーマンの不動産投資

 マイナス金利と日本を含めた世界の景気低迷により株式運用、債券運用とパッとしない中、投資用物件の需要が出て...

入院時にかかる費用

  医療保険を検討するときに悩むのが入院したときにいくらぐらい保険でカバーすべきなのかということです。いく...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ