コラム

 公開日: 2016-02-02 

老後資金どう貯める? 

 みなさんは、老後資金どのように貯めていますか。なかなかたまらないものですね。特にお子様のいる方は教育費など思わぬ出費があり、なかなか計画通りにいかないものです。その上、今の状況では人口が減り、年金があてにできない状況です。自分の身は自分で守らなければなりません。金融機関任せで言われるがままではいけません。ご自身で勉強をして知識をつけていきましょう。そこで今回は老後資金をどう貯めるかについて一緒に考えていきたいと思います。
<20歳代・30歳代>
この世代は、まだ老後資金の準備をする前に住宅購入資金や教育資金の準備をしましょう。老後資金の準備を優先して住宅資金、教育資金などの借金をするのは本末転倒です。余裕のある方は老後資金の準備をしていきましょう。時間を見方にできます。ただし、老後までの期間が長いので今のような低金利時代はインフレリスクに注意しましょう。できれば経済に敏感になり、株式、投資信託、外貨建て商品などの運用も検討すべきです。
<40歳代>
まだまだ教育費や住宅ローンの支払いで精一杯の方が多い世代かと思われます。ただし、このぐらいから老後資金準備について検討することをお勧めいたします。老後に何をやりたいのか、どこに住みたいかなどを考えてどのくらい毎月支出があるのか、受け取れる年金、退職金などはどのくらいなのかを想定して貯蓄目標をたてましょう。時間をなるべく見方につけたいですね。また、まだ老後までに時間があるので低金利の時代はインフレリスクには注意しましょう。
<50歳代>
あとがありません。老後の計画をすぐに立てないとなりません。老後どのように暮らしたいのか。そしていくらぐらいお金が必要なのかを検討し受け取れる年金、退職金などを考慮に入れて貯蓄計画をたてていきましょう。状況により働き続けるかの検討も必要になってきます。60歳近くなると選択肢が少なくなります。少しでも時間を見方につけましょう。また、老後までの時間が短いため価格変動リスクなどは徐々に逓減させたほうがいいです。

時間を見方につける(複利の効果)とは・・・
元本の価値を増加させることです。1年目の元本+利息=2年目の元本、2年目の元本+利息=3年目の元本・・・・・。そうすると毎月1万円を30年間投資した場合には利率0%では360万円、利率3%では約584万円、利率6%では約1010万円になるということです。

インフレリスクとは・・・
物価上昇による貨幣価値の下落リスク。例えば、金利0%で物価上昇2%とすると1000万円の預貯金が10年後は約820万円、20年後は約673万円、30年後には約552万円の価値になるということです。

この記事を書いたプロ

株式会社FPソリューション [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 辻畑憲男

千葉県浦安市北栄1-2-27 東京:東京都中央区八丁堀1-1-3 協栄八重洲ビル5F [地図]
TEL:047-352-7581

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
辻畑憲男 つじはたのりお

人生どう生きますか?そのためのお金の収支設計(1/3)

 「住宅ローン、保険、各種マネープランのご相談をいただくと、お客様はご自分の年齢や収入の『平均的なマネープラン』を尋ねられ、その平均値をご自分のプランの参考にしようとされることが多いのですが、じつは平均値は現実的ではありません。同じ年収でも...

辻畑憲男プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ライフプランに合わせたマネープラン、住宅ローンに強い!

会社名 : 株式会社FPソリューション
住所 : 千葉県浦安市北栄1-2-27 [地図]
東京:東京都中央区八丁堀1-1-3 協栄八重洲ビル5F
TEL : 047-352-7581

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-352-7581

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

辻畑憲男(つじはたのりお)

株式会社FPソリューション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
初めてのマイホーム計画

低金利の今、住宅購入のチャンスです。ただ、無計画な住宅購入は失敗のもとです。まずは資金計画を考え、住宅を購...

持病のある方のための医療保険について

持病のある方は、医療保険への加入が難しい場合が多いのですが、加入できる保険がよく「誰でもはいれる(実際には...

50歳、いまから始める老後資金準備 

50歳、子供の教育費や住宅ローンで貯金がない方が多いのではないでしょうか。ただ、退職まで10年、または15年しか...

20代、30代、初めての住宅購入

低金利時代、住宅購入を検討されている方は多いのではないでしょうか。ただ、大きな買い物失敗しないようにするに...

サラリーマンの不動産投資

 マイナス金利と日本を含めた世界の景気低迷により株式運用、債券運用とパッとしない中、投資用物件の需要が出て...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ