コラム

 公開日: 2015-03-24 

変動金利か固定金利か迷ったら、〇〇で決める


もし銀行で住宅ローン審査の「承認」が得られたら、次に気になるのが変動金利か?固定金利か?といった借り方になるのではないでしょうか?

固定金利のメリットは変動金利のデメリット


それぞれのメリット、デメリットを考えれば当然ながら、お互いのメリットがデメリットになります。

金利がずっと変わらない安心感   固定金利のメリット ⇔ 変動金利のデメリット  金利が変わる不安定感

低い金利で融資残高が早く減ります  変動金利のメリット ⇔ 固定金利のデメリット 残高の減りは遅くなります

金利が下がると返済額が下がります 変動金利のメリット ⇔ 固定金利のデメリット  返済額は下がりません

一体自分たちはどちらを選べばいいのか?となるのも当たり前かもしれません。
どちらが経済的なメリットがあるかどうかは将来の金利を誰も正確予測できない以上、借りる前に判断はできません。

損得で考えず、性格で考えてみる


結果的に返済が終わるまでに大きな金利変動がなければ、変動金利で借りていた方が有利だったということになります。
大きな金利変動があり、変動金利で返済中の人が返済額の上昇に苦しむ状況があった時に固定金利で借りていたら
安心です。

あなたがもし住宅ローンを借りた後、定期的に住宅ローンの金利をチェックし、自分の住宅ローンをメンテナンスできそうであれば、変動金利もありだと思います。

基本的にそんな面倒なことはやりたくないという場合は固定金利が良いかもしれません。

家計の余裕金額で考える


極端ですが、もし3000万円の収入がある方が1000万円の住宅ローンを借りて、変動金利を選択しても、金利変動リスクはないに等しいです。

600万円の収入の方が3000万円の住宅ローンを変動金利で借りる場合、金利変動リスクはゼロではありません。
でも全員の600万円の方のリスクが大きいわけでもありません。

毎月の家計の中での余裕がどの程度持てそうか?
変動金利の方が返済額は少なくなりますが、固定金利で借りた場合の返済額でも家計に余裕があるのかどうか?
これはそれぞれのご家庭で判断は分かれます。

余裕が持てる金額 = 金利変動リスクを許容できる範囲 になります。

余裕が持てる金額での返済額とは何%の金利なのか。
もちろん残高がどのくらいで試算するかによっても金額は変わってきますが、目安を持っておきましょう。
金融電卓や金融系のサイトでも住宅ローンの返済額計算はできますので参考になると思います。

より具体的に試算をしたいときにはキャッシュフロー表を作成してみて、将来の家計を試算してみることをお勧めします。

この記事を書いたプロ

FPオフィスケルン [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤陽

千葉県船橋市上山町1-236-1-538 [地図]
TEL:047-315-1239

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
FPオフィスケルン代表「佐藤陽」さん

住宅ローンの不安から家づくりの疑問まで解消します!個人事業主のローン審査もお任せください!(1/3)

 「住宅の購入は、家族の夢であるとともに、人生のターニングポイントにもなり得る大きな買い物です。家づくりを長い目線で捉えて、家族にとってどんな意味を持つか、将来どんな暮らしをしたいのか…などを考え、理解し進めるべきでしょう」と、ていねいに話...

佐藤陽プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

個人事業主の住宅ローン審査に強い!さらに家づくりの疑問も解決

会社名 : FPオフィスケルン
住所 : 千葉県船橋市上山町1-236-1-538 [地図]
TEL : 047-315-1239

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-315-1239

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤陽(さとうよう)

FPオフィスケルン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金利の上昇局面に金利を低く抑える方法
イメージ

家づくりプランナーのさとう ようです。 9月に住宅ローン金利は5か月ぶりに上昇しました。この約半...

[ 住宅ローンを借りる ]

注文建築ならここは忘れずにチェック!住宅ローンの忘れがちなポイント
イメージ

 住宅ローン 気になるのはやはり金利 住宅ローンを借りなければならないとき、やはり気になるのは金利です...

[ 住宅ローンを借りる ]

年収が下がっても借換えができるチャンス到来
イメージ

平成28年3月の住宅ローン金利は日銀のマイナス金利政策による影響で軒並み低金利を更新しています。ニュー...

[ 住宅ローン借換 ]

中古マンション購入+リフォームを考えるなら資金繰りに気を付けよう
イメージ

日本の住宅は「スクラップ アンド ビルド」を繰り返していると言われます。要は長く使わないで建て替えを繰...

[ リノベーション ]

低い金利に飛びつく前に確認した方が良い住宅ローンの落とし穴
イメージ

春から夏にかけて、住宅ローン金利も上昇傾向にありましたが、9月は一旦落ち着いた感じになっています。住宅ロ...

[ 住宅ローンを借りる ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ