コラム

 公開日: 2015-01-27  最終更新日: 2015-01-28

まず住宅ローン審査で見られるあなたの〇〇



住宅ローンを借りるなら知っておきたい


「家を建てたいな」「マンション買いたいな」と思い始めたら、ちょっとこれまでの生活を振り返ってみましょう。

あなたがもし自己資金のみで物件を購入するならこのコラムは参考になりません。

少しでも住宅ローンを借りなければいけないなら、是非参考にしてください。

まだ、家の購入も考え始めたばかりの頃は分からないことだらけなので、住宅ローンも「家賃と同じくらいの返済額」なんて表現が分かり易やすくて飛びついてしまいそうになるかもしれません。
でも飛びつく前に確認しておきたいことがあります。

もし、過去になにかしらの借入をしてたことがある。もしくは現在返済中であるならこんなことをチェックしてみましょう。

1 借入の内容 (自動車ローン? 教育ローン? カードローン?クレジットカードの利用状況等)

2 1の借入の返済状況(口座残高が足りなくて、引き落とし出来なかったことはないか?延滞はないか?)

3 今も返済中のものがあるのならば、住宅ローンを借りるまでに完済できるか?

特に2は重要です。
どんなに収入が高くても延滞をしていると審査は厳しくなります。

そしてこれらの情報は個人信用情報機関に登録されている内容です。
銀行はみなさんの同意を得たうえで、この情報機関から情報を取得できるので隠していても分かってしまいます。

もちろん自分自身の情報は個人信用情報機関(CIC JICC 全銀協)に申請をすると確認ができます。
ちょっと心配だという方は申請してみることをオススメします。
(申請の仕方は各機関のサイトに出ていますので、ここでは割愛させていただきます)

身に覚えがないローンはないかチェック


もしこの情報を自身で取得したら、身に覚えのないカードや借入がないかという点もチェックが必要です。
家族が自分名義のカードを勝手に作っていて、突然、カードの請求がきたなんて方も現実にいました。

住宅ローン審査をする側からすると30年もの長い期間、きちんと返済していくことができるのかはとても重要なポイントです。

過去の借入の状況はそれを推し量る情報としても重要になってきます。

住宅ローンの審査はもちろんそれだけが判断材料ではありません。
でもここでつまづくと借りることはかなり難しくなります。

家を買おうと思うとそれまでのお金に関する姿勢が住宅ローンの審査の過程で問われると言っても過言ではありません。

最近はカードローンや消費者金融も盛んに宣伝をして、借りやすさをアピールしてきます。

収入が少ない方がこういったローンを利用しているというよりも収入が高い、お勤め先が安定しているなど、
一見するとカードローンなどを利用する必要もないように見える方が利用しているケースが多いようです。

過去の出来事は消すことはできません。
家を買おうと思ったら、数年単位でお金、特に借金との付き合い方を見直していく必要がありそうです。

まず住宅ローン審査で見られるのはあなたの「過去」です。

この記事を書いたプロ

FPオフィスケルン [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤陽

千葉県船橋市上山町1-236-1-538 [地図]
TEL:047-315-1239

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
FPオフィスケルン代表「佐藤陽」さん

住宅ローンの不安から家づくりの疑問まで解消します!個人事業主のローン審査もお任せください!(1/3)

 「住宅の購入は、家族の夢であるとともに、人生のターニングポイントにもなり得る大きな買い物です。家づくりを長い目線で捉えて、家族にとってどんな意味を持つか、将来どんな暮らしをしたいのか…などを考え、理解し進めるべきでしょう」と、ていねいに話...

佐藤陽プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

個人事業主の住宅ローン審査に強い!さらに家づくりの疑問も解決

会社名 : FPオフィスケルン
住所 : 千葉県船橋市上山町1-236-1-538 [地図]
TEL : 047-315-1239

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-315-1239

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤陽(さとうよう)

FPオフィスケルン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金利の上昇局面に金利を低く抑える方法
イメージ

家づくりプランナーのさとう ようです。 9月に住宅ローン金利は5か月ぶりに上昇しました。この約半...

[ 住宅ローンを借りる ]

注文建築ならここは忘れずにチェック!住宅ローンの忘れがちなポイント
イメージ

 住宅ローン 気になるのはやはり金利 住宅ローンを借りなければならないとき、やはり気になるのは金利です...

[ 住宅ローンを借りる ]

年収が下がっても借換えができるチャンス到来
イメージ

平成28年3月の住宅ローン金利は日銀のマイナス金利政策による影響で軒並み低金利を更新しています。ニュー...

[ 住宅ローン借換 ]

中古マンション購入+リフォームを考えるなら資金繰りに気を付けよう
イメージ

日本の住宅は「スクラップ アンド ビルド」を繰り返していると言われます。要は長く使わないで建て替えを繰...

[ リノベーション ]

低い金利に飛びつく前に確認した方が良い住宅ローンの落とし穴
イメージ

春から夏にかけて、住宅ローン金利も上昇傾向にありましたが、9月は一旦落ち着いた感じになっています。住宅ロ...

[ 住宅ローンを借りる ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ