コラム一覧

1件~15件(19件)

過去の15件

金利の上昇局面に金利を低く抑える方法

イメージ

家づくりプランナーのさとう ようです。 9月に住宅ローン金利は5か月ぶりに上昇しました。この約半年間は下がり続けてきたので、久しぶりの上昇です。フラット35で9割以下の融資枠の金利は1.02%ですので、上昇したといってもまだまだ低金利です。 今後、住宅ローンの金... 続きを読む

住宅ローンを借りる

2016-09-19

注文建築ならここは忘れずにチェック!住宅ローンの忘れがちなポイント

イメージ

 住宅ローン 気になるのはやはり金利 住宅ローンを借りなければならないとき、やはり気になるのは金利です。当然のことです。これから最長で35年間の返済をするために付きまとうコストです。少しでも安いに越したことはありません。タイミングによってはキャンペーンなどで条件の... 続きを読む

住宅ローンを借りる

2016-03-27

年収が下がっても借換えができるチャンス到来

イメージ

平成28年3月の住宅ローン金利は日銀のマイナス金利政策による影響で軒並み低金利を更新しています。ニュースでも住宅ローン金利が話題になっています。そんなニュースを見て、「我が家は借換えをした方が良いのかしら?」と気になる方も多くいるのではないでしょうか?通常の借換え... 続きを読む

住宅ローン借換

2016-03-17

中古マンション購入+リフォームを考えるなら資金繰りに気を付けよう

イメージ

日本の住宅は「スクラップ アンド ビルド」を繰り返していると言われます。要は長く使わないで建て替えを繰り返すということです。その一因に建物の評価の仕方に問題があるともいわれます。欧米では古い建物ほど価値があります。中古で購入したら、自分達らしく手を加えて、価値を高... 続きを読む

リノベーション

2015-09-21

低い金利に飛びつく前に確認した方が良い住宅ローンの落とし穴

イメージ

春から夏にかけて、住宅ローン金利も上昇傾向にありましたが、9月は一旦落ち着いた感じになっています。住宅ローンは長期に渡る借金ですから、金利も低いに越したことはありません。やはり金利の安い銀行が気になるのは当然の心理です。でもちょっと気を付けた方が良いポイントがあります。... 続きを読む

住宅ローンを借りる

2015-09-02

家が本当に欲しいですか?

イメージ

 切羽詰まった相談 いつかはマイホームをと考える方からのご相談を中心にお受けしています。そんな中で「今週末までに契約をするかしないか返事をしなければいけないけど、予算オーバーしていて判断に迷っている」というような切羽詰まった状況でいらっしゃる方がいます。「住宅ロー... 続きを読む

家を建てるということ

2015-07-21

土地や建売を買うなら「衝動買い」をしなさい

イメージ

 慎重さだけでは不動産は買えない 不動産の購入は人生で一番大きな買い物と言われるので慎重に検討した方が良いでしょう。でも、土地を買う時は是非、「衝動買い」してください。衝動買いとは?ググルと「必要かどうか良く考えずに購入してしまうこと」と出てきました。不動産... 続きを読む

家を建てるということ

2015-07-19

個人事業主が住宅ローンを借りるポイント

イメージ

個人事業主が住宅ローンを借りるのは会社員ほど簡単ではありません。でも不可能ではありません。もちろん申告内容が少なくとも3期通して良い内容なら苦労せずに借りられるでしょう。なかなかそうでもないんだといういう場合はどうするのか?もちろん粉飾した申告なんてする必要はあり... 続きを読む

個人事業主 会社経営者

2015-06-12

個人事業主でも住宅ロ―ンは借りられる

イメージ

最近、個人事業主の方からご相談をよく頂きます。僕としても特にサポートしたいと思う方たちですので、喜んでお受けしています。皆さんとお会いしてお話をしていると「ある」共通点に気づきます。「自分は住宅ロ―ンは借りづらい」と考えていたり、「銀行に断られた」経験をお持ちという... 続きを読む

個人事業主 会社経営者

2015-06-10

土地を探すなら不動産仲介会社ではなく〇〇〇へ行く

イメージ

マイホームを持ちたいと思った。そしてマンションではなく、一戸建てが良いなと思っている。可能ならば注文建築。なら、まずは不動産の情報収集をするのが自然な発想です。 不動産会社へ行く前に行った方が良いのは 「まずは真っ先に私たちファイナンシャルプランナーへ相談にきてく... 続きを読む

家を建てるということ

2015-04-06

住宅ローン審査に落ちたら 断りの回答までの日数をチェック

イメージ

住宅ローンの審査を出したらお断りの連絡がきた。だとしても家の計画をあきらめるのはまだ早いです。審査に落ちてもその原因が予測できれば、別の銀行で住宅ローンを借りられるかもしれません。 申込みから断りの回答までの日数が短い場合 もし審査の申込をしてから、断りの回答... 続きを読む

住宅ローンを借りる

2015-03-29

変動金利か固定金利か迷ったら、〇〇で決める

イメージ

もし銀行で住宅ローン審査の「承認」が得られたら、次に気になるのが変動金利か?固定金利か?といった借り方になるのではないでしょうか? 固定金利のメリットは変動金利のデメリット それぞれのメリット、デメリットを考えれば当然ながら、お互いのメリットがデメリットになります。... 続きを読む

住宅ローンを借りる

2015-03-24

適正な借入金額はいくら?

イメージ

マイホーム購入に必要な自己資金ってどれくらいでしょうか?かつて住宅金融公庫が住宅ローンの主流だったころ、自己資金は2割必要と言われました。なぜなら住宅金融公庫の融資では8割までしか貸してもらえなかったから。今、公庫の後釜のフラット35は原則9割までです。(一応10割も扱うこ... 続きを読む

住宅ローンを借りる

2015-03-09

住宅ローン審査に落ちる前にチェックしたいこと

イメージ

マイホーム購入に向けての関門に住宅ローンの審査があります。住宅ローンの申込をお手伝いしているとお客様から「こんなにたくさんの書類が必要なの?」と驚かれることがあります。収入を確認する書類に始まり、不動産の書類等々、更に申込書関係の書類もいろいろあります。驚かれるのも... 続きを読む

住宅ローンを借りる

2015-03-07

住宅ローンは35年で借りるのが当たり前?

イメージ

ハウスメーカーや不動産会社の営業マンが住宅ローンや資金計画の話をする時に当たり前のように35年返済で計算します。なぜならその方が毎月の返済額が少なく見えるから。3000万円を20年で返すのと35年で返すなら、35年の方が毎月の返済額は少なくなります。同じ金利(1.6%)だったとし... 続きを読む

住宅ローンを借りる

2015-03-06

1件~15件(19件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
FPオフィスケルン代表「佐藤陽」さん

住宅ローンの不安から家づくりの疑問まで解消します!個人事業主のローン審査もお任せください!(1/3)

 「住宅の購入は、家族の夢であるとともに、人生のターニングポイントにもなり得る大きな買い物です。家づくりを長い目線で捉えて、家族にとってどんな意味を持つか、将来どんな暮らしをしたいのか…などを考え、理解し進めるべきでしょう」と、ていねいに話...

佐藤陽プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

個人事業主の住宅ローン審査に強い!さらに家づくりの疑問も解決

会社名 : FPオフィスケルン
住所 : 千葉県船橋市上山町1-236-1-538 [地図]
TEL : 047-315-1239

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-315-1239

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤陽(さとうよう)

FPオフィスケルン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金利の上昇局面に金利を低く抑える方法
イメージ

家づくりプランナーのさとう ようです。 9月に住宅ローン金利は5か月ぶりに上昇しました。この約半...

[ 住宅ローンを借りる ]

注文建築ならここは忘れずにチェック!住宅ローンの忘れがちなポイント
イメージ

 住宅ローン 気になるのはやはり金利 住宅ローンを借りなければならないとき、やはり気になるのは金利です...

[ 住宅ローンを借りる ]

年収が下がっても借換えができるチャンス到来
イメージ

平成28年3月の住宅ローン金利は日銀のマイナス金利政策による影響で軒並み低金利を更新しています。ニュー...

[ 住宅ローン借換 ]

中古マンション購入+リフォームを考えるなら資金繰りに気を付けよう
イメージ

日本の住宅は「スクラップ アンド ビルド」を繰り返していると言われます。要は長く使わないで建て替えを繰...

[ リノベーション ]

低い金利に飛びつく前に確認した方が良い住宅ローンの落とし穴
イメージ

春から夏にかけて、住宅ローン金利も上昇傾向にありましたが、9月は一旦落ち着いた感じになっています。住宅ロ...

[ 住宅ローンを借りる ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ