コラム

 公開日: 2017-08-21  最終更新日: 2017-08-23

英検1級道場-お盆にまつわる英文です





昨年11月に末期膵臓癌で亡くなった妻の初盆で、妻の実家の長崎県島原に行ってきました
ここは、お墓と仏壇の傍に家紋入りの大きな提灯をぶら下げます
https://blogs.yahoo.co.jp/recoveryfromcancer2014/57698791.html

飾る花はほおづきが中心です
15日の送り火は、最後に爆竹を鳴らします

広島の私の実家では、竹で作った灯篭を立てる風習があります
日本人は、霊魂を信じている民族であり、とてもすばらしいと思います

トラッドジャパンに「お盆」があり、受講生と私が作ったテキストがあるのでシェアします
美しい英語表現を味わいましょう!

The ritual which Awa-odori is based on is still practiced in a fishing community in Tokushima.
Those who have lost a family member within the past year gather at a port.

This straw doll is said to act as a magnet for the souls of the departed.
People believe that facing the sea and calling out the names of the dead will bring their souls back to this world.

Then lively festival music is played. The participants form a circle and start dancing.
This dance expresses the joy of having the ancestral spirits back for a brief while.
In many parts of Japan, Obon takes place around the fifteenth of August over a period of several days.

There are various regional customs associated with it.
On the first day of Obon, small fires are lit at the entrances to homes.
This is done to help the ancestral spirits find their way home.

During the Obon period, there is a tradition to make cucumber horses and aubergine oxen.
This is based on the desire for the ancestors to come to visit as fast as possible riding on horses but to leave as slowly as possible riding on oxen.

A special table is set up for the spirits and offerings of the food and drink are placed on it.
It’s customary to treat the spirits as if they were still alive.
On the last day of Obon, August the sixteenth, fires are lit to send the spirits back to the world of the dead.

One of the grandest send-off displays is Kyoto’s ‘Gozan no Okuribi.’
The sticks of firewood used for the Bon fires are offerings on which people have written messages to their ancestors.
Torchbearers climb up the hillsides carrying torches blessed by Buddhist priests and light one pile of firewood after another.

Here, we see an ideogram on the hillside, bright and magnificent.
These Bon fires are thought to help guide the spirits back to their world.

These events and practices related to Obon provide a glimpse into the Japanese outlook on life and death, which is based on the notion that people should always give a warm welcome to the spirits of the deceased.

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

英検一級道場 [ホームページ]

英会話講師 山中昇

千葉県船橋市本町5-15-19 コスモリード船橋イースト502号 [地図]
TEL:090-7801-8405

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
英検1級道場詳細情報
イメージ

山中です英検1級道場での受講に興味を持ってくださり、ありがとうございます 下記の内容がご期待に沿うようであればお引き受けします鍛えますよ! まず、...

リスニング道場
何でも聞こえる耳をつくりましょう

ようこそ、リスニング道場へ!これは、88個のトラッドジャパンの3分間音声をディクテーションする中で、英語が、まるで別人のように聞こえるようになることを目指...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
自ら英検1級合格を続ける英語指導者

英検一級に合格し続けている講師が、あなたに手作りのレッスンを提供(1/3)

 昔から英語に興味を持ち、外語学校や専門学校を卒業しながら、日々の仕事や家事に忙殺され「勉強したくてもする時間がなかった」と心にわだかまりを抱える人は多いのではないでしょうか。「英検一級道場」を主宰する山中昇さんは、そんな人を対象に、無料の...

山中昇プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

英検1級に29回合格という実績を基に最短距離で合格に導く

屋号 : 英検一級道場
住所 : 千葉県船橋市本町5-15-19 コスモリード船橋イースト502号 [地図]
TEL : 090-7801-8405

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-7801-8405

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山中昇(やまなかのぼる)

英検一級道場

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

合格できたのは山中先生のおかげです、本当にありがとうございました

最短のレッスンで合格、喜びの声 2003年6月23日に、英検1級2...

H.K.
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
英検1級道場-英語で活躍する、輝く女性たちを紹介します 今日は京都の村西さんです
イメージ

英語で活躍している女性を紹介します今日は、ヨガのインストラクターと日本語教師をしておられる村西俊子...

[ その他、番外 ]

英検1級道場-Cream Tea の思い出
イメージ

 Cream Tea の思い出 アジアンクルーズでシンガポールに立ち寄った時、カフェのメニューで Cream...

[ 英語の豆知識 ]

英検1級道場-淵上理音さんが英検から特別表彰されました(小学4年生で1級合格)
イメージ

 淵上理音さんが英検協会から特別賞受賞 以前、このコラムで紹介した淵上 理音さんが英検協会から表彰さ...

[ 受講生の奮闘と悩み ]

英検1級道場-White Coffee の思い出
イメージ

 ワイトオアブラ? 何のことかわかりますか? 今から40年前、ロンドンに初めて旅行した時、ウインザーの喫...

[ 海外旅行 ]

英検1級道場-日本の伝統芸能 歌舞伎を学びに行きませんか
イメージ

日本の伝統芸能 歌舞伎に行きませんか英語を学ぶ日本人は、母国日本の伝統、歴史、文化を深く理解せねば...

[ 日本を学ぶ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ