コラム

 公開日: 2018-06-22 

子ども達から学ぶ 「自己承認は根っこにある」 ということ

昨年の春より、
発達障害や学習障害と言われている子ども達と
関わる機会を頂いています。


幼児のお子さんから、小学生、中学生、高校生、
そして、社会人になった方まで、
幅広く学習を見させて頂いているのですが、

個性がキラッキラしている子ども達 を間近で見ていると、
こちらが 色々と気づかされたり、学ばせてもらうことも 多いものです。


個性がキラッキラ だからこそ、
子どもらしさも目いっぱい! というお子さんも多く、


ああ、そうだよね、

子どもって多かれ少なかれ、
小さい時には

こんな風に 自然に、
自分は自分らしく 肯定的に生きようとし、

こんな風に、
他者にも 臆することなく
自然に思いをぶつけていくんだよな と。


これは、
発達障害と言われている子ども達だけでなく、
それ以外の子ども達も もちろん同じですね!


   



そして、それは、

自分への承認と
他者への信頼 が

もともと 根底にあるからこそ なのではないか と
私は感じるのです。





・・・あ、ちなみに、

発達障害と言われている子ども達の中には、

他者の気持ちを読み取ることは、とっても難しくて出来ない・・・
と いう お子さんも いらっしゃったり、

あいつ とか そいつ のやることなんて、基本 腹が立つ!
と 過激に表現するお子さんも いらっしゃいます。


それでも、
自然な反応をぶつけることで、

何かしら、
お互いの存在を意識し合って、
存在を認め合っているところがあるのではないかと思います。


または、
すこーし、自己承認が足りてない場合もありますね・・・



皆さんは、 
例えば、こんな風に感じたことはありませんか?


小さい頃は 自己を充分承認し、
自分を好きと感じられていたのに、

周りの方の反応や
世の中で出会う 色んな経験を重ねていく時に

少しずつ 自分を肯定してばかりではいられなくなり、
少しずつ、他者への攻撃で身を守るしかなくなったりして、

自分への承認も
他者への承認も
まっすぐに出来なくなってきていた・・・と。









大人になって それが 「苦しい」 と 感じた時に、

意識して
自分を承認しようとし、好きになろうとし、
他者を承認しようとし、信頼して、共に歩もうとするのかもしれません。


その時は

小さい子ども達のように
自分をめいっぱい自然に受け入れ
自分を好きになっていいんです!

それこそが、自然なことなんですから!


・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに、余談ですが、

後者の「過激発言多め」のお子さんの場合、

ギラギラと
「おれ、危険だろ」的な内容を話すこともありますが ^-^;

「ふ~ん、なるほどね、それはどういう気持ちから そうするの?」 とか

「へぇ~! その発想はなかったな。 何から気づいて、そう考えたの?」 とか って、

そのギラギラの内容を否定せずに、
それなりに 会話を拾って 弾ませると、

だんだんギラギラした内容の話は 尻つぼみになり、、
穏やかに時間が過ぎる・・・  なーんてことも あるんです。


結局、「受けとめて貰えている」「認めて貰えている」という感覚が、
大事だという証なのではないかな と 思います。


子どもの話は、何かの気持ちの表現なので、

まずは、
目くじら立てたり、 慌てたり、 嫌悪したりせずに、

その裏にある気持ちを汲もうとしていることを、相手にわかるように表現し、

「私はあなたを否定なんてしませんよ~ あなたのことも好きだよ~」という気持ちで
コミュニケーションするといいのではないかなと思っています。



基本として
健全な自己承認を。

それをベースに、
他者のことを承認し、信頼を。


子どもにも 大人にも
あなたにも 私にも

そんな経験を 増やしていきたいですね!




             信頼しているからこそ、渡してくれるんです♪

※※※※※※※
もやもやと悩んで辛い方、 先行きに不安を感じる方、 悩んでいる家族をサポートしたい方、
今よりもっと充実した日々を送りたい方、 自分らしい人生を送る為の指針を見つけたい方、など

メンタルカウンセリングここ和では、カウンセリングとコーチングを使って、皆様をサポートしています。
詳しくは、メンタルカウンセリングここ和HPをご覧下さい。

この記事を書いたプロ

メンタルカウンセリングここ和 [ホームページ]

心理カウンセラー 西真理子

千葉県千葉市中央区富士見1-14-13 千葉大栄ビル8階 [地図]
TEL:043-382-9650

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
西様プロフィール写真

様々な心理療法の中からクライアントに必要なものを選び、カウンセリングを実施(1/3)

 常に優しく寄り添いながら、時には力強く励ましてくれて、悩みのすべてを受けとめる、そんな存在感が評判の心理カウンセラーが西真理子さんです。西さんのカウンセリングを受けたクライアントの大多数が「まるで母のような安心感の中で本心を話せた」とアン...

西真理子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

能動的なカウンセリングで生きづらさを克服

屋号 : メンタルカウンセリングここ和
住所 : 千葉県千葉市中央区富士見1-14-13 千葉大栄ビル8階 [地図]
TEL : 043-382-9650

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

043-382-9650

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西真理子(にしまりこ)

メンタルカウンセリングここ和

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

共感的理解の深さが魅力

うつ病の最終的な脱出段階で、なかなか前進せず困っていまし...

S
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「当たり前」から外れた、という不安を手放そう
イメージ

この社会では、「みんな大抵はこう進むだろう」というような“基本の道筋”のようなもの=いわゆる「当たり...

[ 自分らしく生きるヒント ]

疲れてイライラ…子どもを優先しがちなママへ
イメージ

皆さんは、飛行機の説明ビデオなどで、天井から降りてくる酸素マスクを付けるシーンを見たことがありますか...

[ 子育て ]

部活動と親の関係~子どもの自立を阻まない為に~
イメージ

昨今では、親御さんが、部活の送迎をするのが当たり前のようになっていますね。 それに加え...

[ 子育て ]

カウンセラーに相談することと友人に相談することの、重要な違い
イメージ

カウンセラーという仕事をしていますと、たびたび「重い悩みに寄り添って聞いていると、自分も悩んでしまわな...

[ カウンセリングについて ]

やる気を引き出す方法③ 親は“やきもき”を制御しよう!
イメージ

物事を継続していると、時によって、本人のやる気のテンションが上がったり下がったりするのはごく...

[ 子育て ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ