子どもの才能を引き出し、自信と豊かな心を育むピアノ講師

コラム

 公開日: 2016-07-01 

読譜でお悩みの、ピアノ初歩・幼児のお母様へ

ピアノのワークでは完璧に読み書きできたのに・・・

カラフルな挿し絵の中に、大きな音符。
ピアノを始めたばかりの幼児さんの楽譜は、
小さい子ばかりか、大人の興味さえ引くページがたくさんあります。
そして、
音符は、1音ずつ「ド」から登場してきます。
お子さんは「あ、これがドだ〜^^」とあっという間にわかってくれます。
レも、ミの時も、すぐ覚えて、
ワークでもキレイに書いてきてくれます。

さて、完璧に理解できたから、
次の段階に進みましょう!
音符が幾つも並んでいる楽譜を見せて、
「さあ、読んで弾いてみようね!」と、させてみると、
なんと。
いきなり無言になってストップしてしまったり、
デタラメを言いだしたり、ということもあります。
これは、困った、どういうこと・・?




単音なら読めるけれど連続すると・・幼児にとって読譜は大変


楽譜を読む、ということは
音符を続けざまに読む、
リズムも分かっている、に加えて、
音符と鍵盤の把握ができていなければ弾けません。
つまり、一気に情報量が増えてくるので、
幼児にとってはかなり大変な事と言えるのです。

もちろんお子さんによって個人差はありますが、
弾く事に関しては、
指がまだ小さいし、運動の機能の発達も、これから。
音一つの間違いを直すのも大変なこともあります。
でも、
小学生になったお子さんなら、
指は、幼児期に比べるとかなり動くようになり、
さらに小学校3年くらいになっていれば、
楽譜を読むことは比較的苦労なくできてしまいます。
ですから、
今、読譜しながら完璧に弾かせる事に多くの時間を割くより、
少し時期を待ってからにする、という選択もあります。
そのようにしても、必ずできるようになるからです。

継続して取り組んでいく

でも、だからと言って
何もしないのではなく、
単音読みや、簡単な部分は読譜に挑戦してみる、
といったアプローチは続けていきたいです。
継続していると、時期が来た時に
スムーズにできるようになりやすいですよ。

ただ、お母さんが夢中になってしまい、
完璧を求めるあまり怒ったり、
すぐにできないからといって嘆いたり
しないようにしてくださいね。
お子さんが幼児の今は、種を蒔いている時期。
頑張りを褒めてあげる方がずっと効果的ですし、
親子の関係もますます良くなります。

ピアノ初歩の幼児さんの読譜を少しずつ続ける、とどうなるか、
こちらに詳しく書いています。
参考になさってくださいね。
http://bravi-piano.com/ピアノの楽譜は大変でも5線読みを続けていくと/

この記事を書いたプロ

ぶらあびピアノ教室 [ホームページ]

ピアノ講師 大西聡子

千葉県市原市八幡238-3 (市原教室) 千葉市中央区(新宿教室) [地図]
TEL:090-6170-7258

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
大西聡子 おおにしさとこ

ピアノレッスンは生徒との人間関係が大事。生徒の自信と豊かな心を育む(1/3)

 お母さんが、一度は子どもに習わせたいと考えるピアノ。何を基準にして選びますか。レッスン料、講師の経歴、場所、さまざまかもしれません。子どもの良さ、その子らしさを引き出しながらレッスンをしているピアノ講師をご紹介します。「ぶらあびピアノ教室...

大西聡子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ポジティブな言葉がけで無理なくその子の才能と可能性を引き出す

会社名 : ぶらあびピアノ教室
住所 : 千葉県市原市八幡238-3 (市原教室) [地図]
千葉市中央区(新宿教室)
TEL : 090-6170-7258

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-6170-7258

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大西聡子(おおにしさとこ)

ぶらあびピアノ教室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
なかなか大変な「ピアノ練習の習慣づけ」を順調に行うには
イメージ

 お子さんにピアノを習わせる「きっかけ」と「願い」は? この春からお子さんがピアノを習い始めた、または...

習い始めたピアノが長続きする、お母さんの関わり方
イメージ

 練習を強制されていない いきなりですが、東大生のインタビューで、「親に1度も勉強のことで叱られたこ...

ピアノ(鍵盤楽器)を習うのは、何歳からがいいの?
イメージ

 年齢ごとの「今」に合わせた学習を せっかくピアノを始めるなら、ぜひ長く続けて上手になって欲しいで...

ピアノ教室の選び方に迷ったら

はじめまして。「マイベストプロ」に参加させていただいて、2ヶ月が経ちました。私は千葉市中央区と市原市で...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ