幸せをつかめる「強い心」と「自発的な学習態度」を育てる教育家

村上浩司

むらかみひろし

学力再生工房AQURAS

[ 船橋市 ]

職種

コラム

 公開日: 2016-11-23 

「おもてなし」をはき違え、自ら神様と勘違いする「お客様」が後を絶たないサービス業。



船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市で、
小学生・中学生・高校生のお子さんをお持ちの親御さんへ

「お子様の心を書き換え、幸せをつかめる強い子に育てる塾
  学力再生工房AQURAS」

こんにちは!
いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます!
マインドセットを施して、お子様のモチベーションを引き出す塾長の村上です。
…………………………………………………………………………
 
このところ東洋経済オンラインに私が論じたいネタがゴロゴロしてるので、今日も使わせてもらいます。この話題もまた、時代の流れ故のことなんでしょう。
 
 
そして、学習塾業界においても御多分に漏れず、まさに負の恩恵を受けている塾がたくさんなるのが事実です。私の前職の校舎長を務めていた大手の塾もそんな感じでした。
 
----------------------------------------------------------------
 
過剰なサービスを要求する「お客様」
 
 
あなたも、理不尽な要求をする客にうんざりしたことはないだろうか? 私は以前、家具の販売員として働いていたが、過剰なサービスを要求する客は必ずいた。
 
 
「雪が降っている影響で、家具の配送に時間がかかる」と言えば、「値引きしろ!」。「もう閉店時間だから」と言えば、「少しくらいかまわないだろう!」。
 
 
日本ではいつだって、カネをもらっている側の人間は、圧倒的に立場が弱い。
なぜ、このような客の振る舞いが許されてしまうのだろうか。
 
 
日本のサービスは、「おもてなし」という言葉で表される。大辞泉によれば、「もて成す」とは、「心をこめて客の世話をする」ことを意味する。しかし、心を込めて客の世話をするという意味を、現在は一方的な奉仕をすると理解され、「お客様は神様」の状況になっている。客の立場が異常に高く、サービス提供者がへりくだるという、歪んだ関係だ。
 
 
客が傍若無人な振る舞いをしても、決して反論したり、拒否しない。そして客側もそれに慣れてしまったため、「思うままに振る舞ってよい」と勘違いしてしまったのではないだろうか。そう考えると、日本の「お客様」は確かに「神様」のように扱われており、対等な関係とは程遠い。
 
 
客に茶を振る舞う、もてなしの作法の中から
 
 
「おもてなし」とは、まず客を思いやる気持ちがあり、客もその厚意を感じて感謝する、「互いに心地よくなるための心遣い」であったということだ。「おもてなし」が「互いが心地よくなるための心遣い」であったことを考えると、現在の不平等な客とサービス提供者の関係は、その精神とは真逆に位置している。
 
 
なぜこんなにも客の立場が上になってしまったのだろう。さまざまな要因があるだろうが、他社に負けないように、「サービス」という付加価値で勝負しすぎる傾向が強いことが原因ではないだろうか。値下げや品ぞろえでの差別化には限界がある。そこで、精神論でどうにかなる「サービス」で競争を勝ち抜こうという発想になるわけだ。空気を読むことに長けている日本人にとって、サービス精神を持つこと自体は難しいことではない。だが問題は、この状況を当然だと思ってしまった「お客様」の意識だ。
 
 
「過剰サービスを当然だと思う発想」を助長するものとしては、どこにでもあって、24時間営業が当たり前になっているコンビニがいい例だろう。30年ほど前は、お盆や年末年始は営業していない百貨店が多かったが、数十年で「年中無休が当たり前」になった。
 
 
かつては商店街でしか食材が手に入らず、夜は店が閉まっていたが、その不便こそが「普通」だった。「労働環境の改善により不便になる」という指摘も一理あるが、この感覚こそ、客が当然だと思って要求する過剰サービスの厄介さだ。それが過剰なサービスであっても、もう「当然」になっているため、当たり前のように要求する。店が閉まっていれば「不便だ」と言うくせに、店が開いていることに感謝しない。いくら企業が労働環境を改善しようとしても、過剰なサービスを求める客がいれば、労働者は仕事を終わらせることができない。悪意のない「ブラック客」の意識改革が必要だ。
「ブラック客」の目を覚まさせるためのいちばん有効な手は、サービス提供者がノーをたたきつけることだろう。欧米では、過剰なサービスを要求する客を、「客ではない」と店が拒否する。
 
----------------------------------------------------------------
 
先日のブログで、私は「表面的な授業料ばかりに固執するなら、ぜひ他の塾に行って下さい」と書いたばかりでした。
 
 
サービスの価値である中身を吟味する前からお金の話ばかりされても、指導する側からしたら、何とかお子さんの成長速度を高めるための手助けをしたいと願っていても、それを施す塾やスタッフたちの価値はその程度でしかないんだな…と幻滅させられるからです。
 
 
そんな状態で、こちらも誠意を持って気持ちよく仕事させてもらうのは難しいんです。
それなら、指導内容はともかく、親御さんの要望を全部聞き入れてくれる塾は世の中に腐るほどあるので、そういった塾に行けばいいじゃないですか?と私なら答えます。
 
 
塾を「サービス業」としてだけ見るか、「教育サービス」として見るかの違いですかね。
AQURASは後者ですので、サービスを提供するものの、お客さんに迎合はしないんです。
 
 
AQURASでは「勉強を通じて、人を育てる」のが信条です。
ですので、学力の再生や志望校合格の前に、どこに出しても恥ずかしくない人格教育を塾生たちに施しています。一般的な塾は、生徒の成績が上がればそれでいいというところもあるでしょうが、AQURASにはそんな考えで入ってきたら、相当痛い目を見ますよ。
 
 
前職の校舎長をしていた大手の塾では、保護者や生徒の要求には絶対服従、すべて希望を通し、とにかく退塾をさせないという方針でした。1人退塾を出したら、3人入塾させないと悪評が消えない…それは大変だから、最初から退塾者を出すな!と散々幹部から命令されていたものです。
 
 
なので、宿題を忘れても叱るな、必ず君やさん付で呼べ、遅刻しても多めに見ろ、保護者が文句を言ってきたらとにかく謝れ、気分を良くさせてたくさんコマ数を取らせろ…などなど、配当金を株主に必ず出すために、上場企業の利益至上主義の塾がこれだけまかり通っているのが現実です。
 
 
私はそういうのが大嫌いだし、そんな場所で過保護に育った子どもたちを見てゾッとさせられることに嫌気が刺して、結局独立してAQURASを創ったんですが、色々前勤務先から脅しも受けましたが、結局それで正解だったと思っています。
 
 
今は、私自身の理想を追求できる指導をやれてますし、その方針に賛同するご家庭が少なからずいてくれたことは、本当に心強いことでした。
 
 
ウチは成績が良い悪いで、入塾を断ることなど絶対にありません。
5科470点でも素行に問題のある子はお断りしましたし、5科100点の子も律儀であれば入塾させました。要は、私の指導方針に賛同してもらえれば、大抵はお受けしています。
 
 
「塾ごときが、何を客選んでるんだ?生意気だろ!!!」と言われますが、私はこう答えます。でないと、いっしょにAQURASで真摯に成長しようと頑張る子に失礼だからです。
 
 
「塾だからこそ、客を選ぶんですよ!!!」
 
 
読者の皆さんは、どうお考えでしょうか?
私は、そういう点では、サービス業で働く人間ではないかもしれませんね。
 
 
AQURASに興味を持ってくれた方、当塾H.Pはこちらです↓
http://www.aquras.com
 
…………………………………………………………………………
11月より、外部の方にはとってもお得なイベント:【船橋市・市川市・千葉市の小学生対象】スーパー飛び級・秋の大体験学習会を実施します!

詳細は、最新・更新ページをご覧下さい!
10月中に申し込まれた方には、超巨大特典をおつけしますよ(笑)
 
低学年から始める 『高校まで一貫した英才教育』 による圧倒的なアドバンテージで、タフな人間力をもつ 「一流の自学アスリート」 を創り、文武両道で “国立大学現役合格” 、そして医学部や難関大学進学を確約するのが 『 スーパー飛び級 』 です。
 
詳細は、こちらに↓
http://www.aquras.com/最新-更新/
 
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
県立船橋高・千葉東高・薬園台高・市立千葉高・
明治学院高・市立稲毛高・国府台女子学院高・
幕張総合高・国府台高・津田沼高・市川東高
船橋啓明高
葛飾中・行田中・海神中・湊中・宮本中・若松中・
飯山満中・御滝中・市川第四中・市川第七中
高谷中(市川市)・高津中(八千代市)・
鎌ヶ谷中学校(鎌ケ谷市)
草野中・緑が丘中・小中台中・都賀中・天戸中
に通っている子が通塾しています。

入塾のご相談は、定員が埋まってない限り可能です。
現在の定員状況は、当塾ホームページをご覧下さい。
お電話はこちらに 047-401-2396

 〇西船橋工房
 船橋市西船4-19-10 田島ビル2F
(JR西船橋駅北口より徒歩4分)

 〇稲毛スポーツセンター工房
 千葉市稲毛区園生町1306-1 伊原ビル2F
(草野小学校より徒歩1分)
 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

この記事を書いたプロ

学力再生工房AQURAS [ホームページ]

塾講師 村上浩司

千葉県西船橋工房:千葉県船橋市西船4-19-10 田島ビル2F 稲毛スポーツセンター工房:千葉県千葉市稲毛区園生町1306-1 伊原ビル2F [地図]
TEL:047-401-2396

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドセットの一例

親御さんの声
イメージ

親御さんの声⑤

 
このプロの紹介記事
村上浩司 むらかみひろし

幸せに生きるための「心の強さ」を育てる教育工房(1/3)

子どもたちに、人生における「学習する意味」を考えさせ、「心の強い子を育てる」ことに主眼を置いている学習塾があります。「学力再生工房AQURAS」はユニークな方針で子どもたちの心に情熱の灯を燈し、自発的に勉強する姿勢を身に付けさせています。塾...

村上浩司プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人生における学習の目的を明確にし、幸せをつかめる強さを育てる

会社名 : 学力再生工房AQURAS
住所 : 千葉県西船橋工房:千葉県船橋市西船4-19-10 田島ビル2F [地図]
稲毛スポーツセンター工房:千葉県千葉市稲毛区園生町1306-1 伊原ビル2F
TEL : 047-401-2396

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-401-2396

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村上浩司(むらかみひろし)

学力再生工房AQURAS

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
21年のときを経て、12年間歩んだ幼馴染と院長・塾長として再び会うとは…。運命とは、おもしろい。
イメージ

船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市で、小学生・中学生・高校生のお子さんをお持...

[ 子育て 社会問題 ]

子どもをほめるのも、実は「支配する」ことになっているんです。(再アップ)
イメージ

船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市で、小学生・中学生・高校生のお子さんをお持...

[ 子育て 伸ばし方 ]

あなたの魅力って一体...?あなたに人を惹きつけるものありますか。
イメージ

船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市で、小学生・中学生・高校生のお子さんをお持...

[ 子育て 伸ばし方 ]

「あなた、塾をしてるんですよね?どんなお子さんでも受け入れるのが筋ってものじゃないんですか?」
イメージ

船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市で、小学生・中学生・高校生のお子さんをお持...

[ 子育て 社会問題 ]

シングルマザーだからといって、お子さんの前で無理に強がるのは愚策です。
イメージ

船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市で、小学生・中学生・高校生のお子さんをお持...

[ 子育て 悩み ストレス イライラ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ