幸せをつかめる「強い心」と「自発的な学習態度」を育てる教育家

村上浩司

むらかみひろし

学力再生工房AQURAS

[ 船橋市 ]

職種

コラム

 公開日: 2016-08-10 

結果を出せない「ゆるキャラ」化した子どもたちと、それを批判する矛盾した親御さんたち。(再アップ)



船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市で、
小学生・中学生・高校生のお子さんをお持ちの親御さんへ


「お子様の心を書き換え、幸せをつかめる強い子に育てる塾
 学力再生工房AQURAS」


こんにちは!
いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます!

マインドセットを施して、お子様のモチベーションを引き出す塾長の村上です。

…………………………………………………………………………

【2015年7月29日のブログです】


今日はシンクロの話題から、私の思うところを。
新聞でもWebでも取り上げています。


ちゃんと読まれた方は「スパルタ」の意図が分かるのではないでしょうか。

---------------------------------------------

シンクロ銅に導いた井村雅代コーチのスパルタ言葉学

日刊スポーツ 7月28日(火) 配信
<水泳:世界選手権>◇ロシア・カザニ・カザニアリーナスタジアム◇デュエット・テクニカルルーティン(TR)決勝


シンクロナイズドスイミングで11年ぶりの日本代表ヘッドコーチ(HC)に復帰した井村雅代氏(64)が、日本にメダルをもたらした。乾友紀子(24=井村シンクロク)三井梨紗子(21=東京シンクロク)が92・0079点で銅メダルを獲得。日本勢として07年メルボルン以来、4大会8年ぶりの表彰台となった。五輪計14個のメダルへ導いた井村HCは、長く低迷した日本をどう立て直したのか? その極意に迫った。


昨年4月、井村HCは都内の会議室に選手を集めた。「毎回の練習を厳しく、自分を追い詰め、無理をして、120%の力を出して練習してほしい。しんどいとは思うが」。地獄のスパルタ指導の始まりだった。


(1)軍隊式練習 1月から今大会まで約200日の間で合宿は143日。1日の平均練習時間は12時間以上。朝7時30分から午後1時30分、同2時30分から同6時30分、同8時から同10時30分。その後は個別でケアなどを行う。井村HCは「練習以外に自らを支えるものはない。16日間の合宿なら休みは1日」。その休日も休めない。与えられた課題を克服するため午前中は陸トレ、水中での自主練習が続く。


(2)生活指導 ある選手の部屋が整理整頓できていなかった。「シンクロのチームはビシッと並ぶ。部屋がぐちゃぐちゃなのはあり得ないやろ。あんたらは水着もきれいで、きちんと化粧して本番に臨むでしょう」。早朝、睡眠不足と疲労から表情の暗い選手がいた。「シンクロは笑顔でやるもの。空元気で隠せ。弱そうな顔をしたら相手が有利になる。寒くても寒そうな顔をするな」。もちろん涙も禁止。「泣いても疲れるだけで何の解決にもならん。親が死んだとき以外はなし」。


(3)なれ合い排除 今の選手は優しく、調和の取れた選手が多い。だが井村HCには物足りない。「昔の選手は失敗した人がいたら『いいかげんにしてよ』と怒った。今の子は言わない。怒ることで、自分は失敗できないとの、責任が生まれる。失敗しない人間はいない。偉そうに言って失敗できないと思うからこそ、人間は無理して頑張る」。


日本に復帰したとき、選手たちを見て「ゆるキャラの極致。みんなと一緒にいることが大好きで、ちょっと頑張ると、自分は頑張ってるのにと。豊かで平和な日本の若者の象徴だった」という。メダルを奪還するため「精神的に追い込む」と、いつも以上の指導を自らに課してきた。


体作りから始め、平均5%の体脂肪率減に成功。厳しい練習に、3月には12人の中で2人が離脱。それでも手は緩めない。「あなたたちはメダルなしに慣れているかもしれないけど、わたしはプライドに懸けても許せない」と言った。


現代は硬軟織り交ぜた指導が主流で、スパルタ式は時代に逆行している。日本水連内にも批判の声は根強いが、それでも自己流を崩さない。「追い詰める指導者は少なくないが、時には緩ませるでしょう。わたしは行きっぱなしだから、きついとは思う」。選手の足は筋肉質で、鉛筆の芯のように細くなった。ロシアのようなスピードと高さのある足技も可能となった。


お家芸復活の第1歩となるメダルを乾、三井からかけてもらった。「これだけやったもんな。良かった」。鬼の目にも光るものがあった。ただ感慨に浸ることはない。「国、言葉は違っても、自分の教えている選手に、目標のところに連れてってあげる。コーチとしての達成感は一緒」。強烈なプライドがそこにあった。

---------------------------------------------

一部の親御さんからは「スパルタは体罰だ!時代を考えろ!」みたいなことを言うかもしれませんね。


こういった親御さんは、スパルタと体罰を勘違いなされているようです。
「厳しい指導」=「スパルタ&体罰」となるのが、短絡的な考えの証拠ですね。


この両者の違いは、「愛」があるか否かです。


勝たせてあげたい!結果を出して自信をつけさせてあげたい!
でも、結果を出すためには厳しい練習を積ませて、徹底した意識改革と自己管理、そして実戦を多く積ませていかなければならない…そうしなければ、勝たせてあげられない。


だから、鬼と言われようが、厳しく指導する…これが「スパルタ」だと私は思っています。


根底には、相手への溢れるくらいの愛情が詰まっているんです。


これを「スパルタだ!暴力だ!体罰だ!」とまくし立てる親御さんたちの神経が、私には分かりません。


要するに、我が子のことを真剣に考えず、ただ表面的に好かれたいから厳しいことが言えないんですよね?子どもから嫌われたくない、友だち親子でいたい…そんな親のエゴが、お子さんをつけ上がらせ、お子さんの精神的な成長を妨害して、最後はお子さんに見下されて親としての威厳もなくなっていく。そんな親御さんばかり見てきました。大変カッコ悪いです。


お子さんの幸せを一番に考えるなら、まずは精神面を鍛えてあげなきゃダメです。
受験でもスポーツでも、極限の闘いで勝つのは、精神的にタフな子たちです。


子どもの行く道を、親がどんどん先回りして障害物を取り除き、子どもが順調な人生を歩むようにレールを敷いてあげる。気持ちは分かりますが、やってることは失格です。


親が先回りして良いことなど、1つもありません。


むしろ、子どもが自分で考えなくなり、親や周りがやってくれて当たり前…という依存することが当たり前の考えで固まってしまい、いつまでも自立できない人間の完成です。


親が生きている間は親の資産を食いつぶすどーしようもない人間で済みますが、親が逝った後、こういう人はどーなるんですかね?たぶん、周囲に迷惑かけて終了でしょう。


私の中学生時代に所属した硬式野球のクラブチームは、かなり鬼でした。
平日練習の他に、土日の練習は毎回6:00a.m~10:00p.mまで。休憩はお昼ごはんの30分のみ。これだけでも十分「体罰」ものです(苦笑)。


30℃を越える真夏日の練習など、まさに地獄の象徴。
脱水症状寸前で「水が飲みたい」と直訴すると、先輩から殴られる。


あ、これも「体罰」だ(笑)


とどめは、1軍の先輩方が大事な大会で負けたとき、私のいた2軍や、その下の3軍の連中まで巻き添えを食らって、舞浜のディズニーランドから稲毛海岸のグランドまで炎天下走らされました。中学生なのに…とか理屈は、一切通用せず。


まさに、阿鼻叫喚の地獄絵図。
「体罰」のランクの中でも最上級(笑)


でも、脱落者はあんまり出ないんですよね(数人出ましたが…笑)


それは、監督やコーチ陣が、選手たちに勝たせてやりたいという思いが、しっかり伝わっていたからだと思います。その思いをみんな感じるからこそ、文句を言わずに黙々とついていったのかなと思っています。


今はその子のことを思って厳しく叱るだけで「体罰だー!」なんて親御さんもいますが、もはや愚の骨頂。叱る側の人がどれだけの覚悟を決めて叱るか考えたことありますか?


みんな嫌われたくないですよ。
でも、その子のことを思うから、嫌われるしかないんです。


逆に、みんなに良い顔ばかりして綺麗事しか言わない方(そんな塾の先生ばかりですが笑)は、本当に子どものことを思ってないでしょうね。その場だけ取り繕って、自分のそばにいてくれる間だけは関係を崩さなければいい…ぐらいの感覚なんでしょう。


長期的に子どもを育てていくという感覚がなく、短期的な利益だけを求めている典型的なケースです。最近はこういった塾も増えてきていますね、無料無料をやっている塾なんかはまさにそんな感じです(笑)


子どものことを本気で考えるからこそ、身を呈して、子どもの前に立ち塞がるんです。


私も小学校の頃とか悪さして、先生から頭突きを何度も食らいましたが、その度に親から「先生に殴られることをしてるお前が全部悪い!」でしたし(笑)


今は、完全に逆ですよね。


何か先生に叱られることを子どもがしようものなら、親がまくし立てて「教育委員会に訴えてやるっ!」ですもん。これでは教員志望者が減るのも多少納得します。


そして、修羅場を多く経験してない子どもたちだからこそ、大舞台で打たれ弱い。
実力はあっても精神面が未熟だから、ここぞという大一番の勝負で勝てないわけです。


誉めて伸ばすことはある程度有効ですが、ある程度上の世界に入ると、それだけでは勝てません。たくさんのプレッシャーを背負い、修羅場を多く経験して追い詰められることで、本番で結果を出せる強さが身についてくるんです。


ここ最近の誉めて伸ばす路線に対して、なかなか結果がついてこないサッカー日本代表男子には、みんな言いたい放題言ってますよね。


「勝負弱い」「なんで点数取れないんだ」「気持ちが負けてる」「気迫がない」
文句言ってる方々、なんで気づかないんですか?


そういった修羅場にお子さんを放り込まないで追い詰められるシチュエーションを経験させず、若者世代をどんどん「ゆるキャラ」化させてきたのは、あなたたちじゃないですか。


自分たちは我が子から嫌われたくないから子どもにゆるく接して結果を出せない子どもに育ててるのに、こういった実力勝負のときだけ結果を求めるんですか?で、結果が出せなければ、集団で袋叩きするというね。はっきり言って、失笑モノです。


あなたのお子さんが幸せをつかみ取るには、間違いなく「強さ」が不可欠です。


「かわいい子には旅をさせよ」の言葉通り、お子さんのことを真剣に思うなら、ある程度厳しく出ることも、突き放すことも必要です。


上記の記事にあるシンクロ日本代表:井村ヘッドコーチの「スパルタ」は愛情に溢れていますし、その思いすら汲み取れずについてこれないで脱落するのであれば、所詮その程度の人だったということです。


日の丸を背負って、結果を出す。
並大抵のことではないし、ゆるキャラ軍団で勝てるわけありません。


井村ヘッドコーチのやり方を「スパルタだ、あり得ない!」と批判しまくって中国に追放した日本水連の方々は、復帰した彼女によって今回のメダルをもたらされたという結果をどう受け止めているんでしょうね。恐らく今ごろ赤っ恥をかいているのでは。


赤っ恥といえば、途中で脱落した2名の選手も、厳しいのについていけなくなって代表を辞退したのに、その代表が国際舞台で大きな栄冠を手にしてしまった…相当複雑な心境でしょうね。でも、井村ヘッドコーチの指導の裏側にある愛情に気づこうとしなかった、その結果、大きな栄誉を逃してしまった。ある意味、自業自得かもしれません。


井村ヘッドコーチの愛情溢れる指導、表面の「スパルタ」だけ受け取るんじゃなく、その中身をじっくり見れる親御さんは、きっと子育てもうまくいくと思いますよ。


AQURASに興味を持ってくれた方、当塾H.Pはこちらです↓
http://www.aquras.com

…………………………………………………………………………

当塾に興味のある方は、すぐにホームページをご覧下さい。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

県立船橋高・千葉東高・薬園台高・市立千葉高・
明治学院高・市立稲毛高・国府台女子学院高・
幕張総合高・国府台高・津田沼高・市川東高
船橋啓明高

葛飾中・行田中・海神中・湊中・宮本中・若松中・
飯山満中・御滝中・市川第四中・市川第七中
高谷中(市川市)・高津中(八千代市)・
鎌ヶ谷中学校(鎌ケ谷市)

草野中・緑が丘中・小中台中・都賀中・天戸中

に通っている子が通塾しています。


入塾のご相談は、定員が埋まってない限り可能です。
現在の定員状況は、当塾ホームページをご覧下さい。

お電話はこちらに 047-401-2396


〇西船橋工房
船橋市西船4-19-10 田島ビル2F
(JR西船橋駅北口より徒歩4分)


〇稲毛スポーツセンター工房
千葉市稲毛区園生町1306-1 伊原ビル2F
(草野小学校より徒歩1分)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

この記事を書いたプロ

学力再生工房AQURAS [ホームページ]

塾講師 村上浩司

千葉県西船橋工房:千葉県船橋市西船4-19-10 田島ビル2F 稲毛スポーツセンター工房:千葉県千葉市稲毛区園生町1306-1 伊原ビル2F [地図]
TEL:047-401-2396

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドセットの一例

親御さんの声
イメージ

親御さんの声④

 
このプロの紹介記事
村上浩司 むらかみひろし

幸せに生きるための「心の強さ」を育てる教育工房(1/3)

子どもたちに、人生における「学習する意味」を考えさせ、「心の強い子を育てる」ことに主眼を置いている学習塾があります。「学力再生工房AQURAS」はユニークな方針で子どもたちの心に情熱の灯を燈し、自発的に勉強する姿勢を身に付けさせています。塾...

村上浩司プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人生における学習の目的を明確にし、幸せをつかめる強さを育てる

会社名 : 学力再生工房AQURAS
住所 : 千葉県西船橋工房:千葉県船橋市西船4-19-10 田島ビル2F [地図]
稲毛スポーツセンター工房:千葉県千葉市稲毛区園生町1306-1 伊原ビル2F
TEL : 047-401-2396

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-401-2396

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村上浩司(むらかみひろし)

学力再生工房AQURAS

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
それこそが、今、日本の至るところで起きている家庭教育の失敗例です。
イメージ

船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市で、小学生・中学生・高校生のお子さんをお持...

[ 子育て 伸ばし方 ]

厳しさは他人が与えるものではなく、自分が究めようとするモノの中にある。(再アップ)
イメージ

船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市で、小学生・中学生・高校生のお子さんをお持...

[ 子育て 伸ばし方 ]

偏差値15も上の大学に合格した、彼女からの手記。
イメージ

船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市で、小学生・中学生・高校生のお子さんをお持...

[ 子育て 伸ばし方 ]

お子さんの受験の成功を望むなら、その答えは「親次第」なんです。(再アップ)
イメージ

船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市で、小学生・中学生・高校生のお子さんをお持...

[ 子育て 伸ばし方 ]

今度こそ飛んでいこう、1リットル涙した分だけ遠くへ。おめでとう!
イメージ

船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市で、小学生・中学生・高校生のお子さんをお持...

[ 子育て 伸ばし方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ