アンガーマネジメントで企業を元気にする研修講師

コラム

 公開日: 2016-03-22 

私の自動思考

みなさまこんばんは。
さて、昨日は祝日。
車で買い物に行きました。
平日は駐車禁止ですが、土日祝日は駐車してもいい駅から近い道があり。
その場をあてにして路上駐車をしようとしました。

するとみんながあてにしていたんでしょうね。路上駐車スポットにかなりの先客がいました。
パチンコ屋さんの駐車場近くに、ようやく1台入れるような場所が。

駐車場に誘導するおじさんが手を振っていました。

「すわ、あっち行けと言っているのね!そんなこと言ったってほかに停める場所ないし。」
私は一瞬にして臨戦態勢に。

よく見るとその人はあっちいけでなく、手招きしていました。私の縦列駐車を手伝ってくれたのです。
おかげで無事駐車することができました。

車を降りて、会釈をすると、
「いってらっしゃい!」とても朗らかな笑顔で言ってくれました。

そのおじさんを疑ってしまったじぶんに恥ずかしさを覚えました。

自動思考とは自然に頭に浮かぶ考え方の事
私の自動思考は、「この人は私に駐車させないようにしている。(苦しめようとしている。)」

スキーマというのはものすごく簡単に言うと自動思考のもとになる考え方のクセです。
「人は私の邪魔をしようとしている。」

そんなスキーマを持っている私、嫌だなあ。

そしてそのような思考の癖があると。
やたら好戦的になったり、不安が増したりするんですね。

不安で心の中が一杯になると、それはイライラにもつながります。

自動思考はどうにもならないわけではありません。
書き留めることで考え方の癖が見えてきたりもします。
その癖に反論をすることにより、考え方を変えることもできます。

でも今回の私は書き出さなくても大丈夫。
おじさんの笑顔で、書き換え終了です。

「基本人は、人を助けようと、元気づけようとしてくれている。」
この考え方はゆがんでいませんように。

この記事を書いたプロ

Ange Gardien [ホームページ]

講師 菅野昭子

千葉県千葉市稲毛区 *全国出張承ります [地図]
TEL:090-8115-8465

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菅野昭子 かんのしょうこ

アンガーマネジメントからコミュニケーション術まで幅広くレクチャー!企画のご提案もいたします(1/3)

 アンガーマネジメントが今、企業研修で注目されています。アンガーマネジメントとは1970年代にアメリカで始まったアンガー(イライラ、怒りの感情)と上手に付き合うための心理教育です。NHKの番組で紹介されるなど、マスコミ業界で広くとりあげられ...

菅野昭子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

アンガーマネージメントをベースに研修の企画提案も行います!

会社名 : Ange Gardien
住所 : 千葉県千葉市稲毛区 *全国出張承ります [地図]
TEL : 090-8115-8465

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-8115-8465

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菅野昭子(かんのしょうこ)

Ange Gardien

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
アンガーマネジメントは魔法の研修

みなさまこんにちは。クーリエジャポンホームページをアクセスいただくと 「日本一の証券会社 野村證券の全社...

[ 企業研修 ]

なんだか不安で落ち着かない時は

みなさまおはようございます。雪ですね。今朝も地震がありました。緊急地震速報はいつ聞いてもどっきりします...

[ メンタルヘルス ]

研修講師として古巣に帰る~セルフストーリーはまだまだ続く~

おはようございます。先週、以前勤務していた会社にて登壇いたしました。以前私が所属していた会社は研修会...

[ 企業研修 ]

備えあれば憂いなし

みなさまこんばんは。さて、今日はカフェにて人を待っております。ところで最近やたら携帯の電池が減って...

[ アンガーマネジメント ]

タイムマネジメント

皆様おはようございます。昨日は、地元での飲み会でした。その理由?は地元中学校とそのエリアにある小学校...

[ 企業研修 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ