アンガーマネジメントで企業を元気にする研修講師

コラム

 公開日: 2016-02-06 

ホームを安定させると

みなさまこんばんは。

この記事をお読みの男性はきっと、お仕事をばりばりとしていらっしゃり、
なかには、なかなか家庭に割くパワーがない方もいらっしゃるかもしれません。

さて、今年に入ってから子育て中のお母さまにアンガーマネジメントをお伝えする機会が続きました。
するとですね。やはり怒っていらっしゃるわけです。

あくまで傾向ですが
特に1歳未満のお子さまをお持ちのお母さまは、得てして旦那様に怒りを感じる人が多い気がします。
「子どもはいいんです。かわいいから。」なんて。

さあ、そう聞いてお父様方どうお思いですか?
「ちきしょ~こっちだって働いてるんだよ。」
「お前に俺の大変さがわかるか。」
なんて心の中でつぶやいたりしますか?
やってられませんね。こんなに頑張っているのに。

だとしたら、俺の大変さ、妻にわかってもらいたいと思いません?

それは妻の方も同じなんですね。
「子育て大変なのよ。」
「私頑張ってるのに。」
「気づいてよ、わかってよ。」

お互いにわかってほしいのに、相手のことはわかろうとしない。
だとしたら変な話ですね。

「返報性」という言葉があります。
これは
「相手に良いことをすれば、相手も良いことで返そうとするし、相手に怒りを向けたら、相手は怒りで返してくる。」
というものです。

つい、疲れると相手に舌打ちして、イライラをぶつけてしまいませんか?
そして相手からもイライラが返ってきて、ともにイライラを高めてしまう。

この週末は思い切ってその悪循環から、車輪の回る方向を変え、良循環を生みませんか?

HOMEが安定していると、安心して仕事に出かけることができます。
パフォーマンスがあがります。
安定させたければ、まずは自分から行動を起こしましょう。

この週末がみなさまにとって良い週末になりますように。

この記事を書いたプロ

Ange Gardien [ホームページ]

講師 菅野昭子

千葉県千葉市稲毛区 *全国出張承ります [地図]
TEL:090-8115-8465

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菅野昭子 かんのしょうこ

アンガーマネジメントからコミュニケーション術まで幅広くレクチャー!企画のご提案もいたします(1/3)

 アンガーマネジメントが今、企業研修で注目されています。アンガーマネジメントとは1970年代にアメリカで始まったアンガー(イライラ、怒りの感情)と上手に付き合うための心理教育です。NHKの番組で紹介されるなど、マスコミ業界で広くとりあげられ...

菅野昭子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

アンガーマネージメントをベースに研修の企画提案も行います!

会社名 : Ange Gardien
住所 : 千葉県千葉市稲毛区 *全国出張承ります [地図]
TEL : 090-8115-8465

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-8115-8465

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菅野昭子(かんのしょうこ)

Ange Gardien

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
アンガーマネジメントは魔法の研修

みなさまこんにちは。クーリエジャポンホームページをアクセスいただくと 「日本一の証券会社 野村證券の全社...

[ 企業研修 ]

なんだか不安で落ち着かない時は

みなさまおはようございます。雪ですね。今朝も地震がありました。緊急地震速報はいつ聞いてもどっきりします...

[ メンタルヘルス ]

研修講師として古巣に帰る~セルフストーリーはまだまだ続く~

おはようございます。先週、以前勤務していた会社にて登壇いたしました。以前私が所属していた会社は研修会...

[ 企業研修 ]

備えあれば憂いなし

みなさまこんばんは。さて、今日はカフェにて人を待っております。ところで最近やたら携帯の電池が減って...

[ アンガーマネジメント ]

タイムマネジメント

皆様おはようございます。昨日は、地元での飲み会でした。その理由?は地元中学校とそのエリアにある小学校...

[ 企業研修 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ